空間演出デザイン学科

学生紹介

  • LINEで送る

2019年12月4日  学生紹介

学生の活動を紹介します!

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

今年も残すところ1ヶ月。

 

このごろぐっと寒くなりましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回は学生の活動を紹介したいと思います!

 

 

 

 

紹介する学生は、ファッションコース3回生の松崎 雛乃さんです。

 

授業で制作した作品を現在もプロジェクトとして活動を続けています。

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

「外に出ることを助ける服」

 

外に出ることを助ける服というのは

見た目はただのグレーのスウェット。

 

ポケットの中に着脱式のぬいぐるみが付いており、

外でポケットに手を入れるフリをして

ぬいぐるみをぎゅっとできるというものだ。

 

また取り外したぬいぐるみは

別のアタッチメントをつけるとキーケースにもなる。

 

 

 

 

 

 

 

「まわりまわるプロジェクト」

 

この「外に出ることを助ける服」のぬいぐるみ部分を

滋賀県のひきこもり支援センターに通う人たちと一緒に作り、販売する。

 

出た利益は全て滋賀県が毎年開催している

ひきこもりの人のためのサミット「若者サミット」の運営資金として寄付する予定だ。

 

 

 

 

 

ぬいぐるみを作る人は、自分も誰かの支えになるのだということに気づき、

買う人は、自分を想ってくれる人が沢山いるということに気づいてほしいと思っている。

 

 

 

 

IMG_4324 2

 

IMG_4259 2IMG_4260

 

 

—————————————————–

興味のある方はぜひ

 

松崎さんのnote

https://note.com/hinachouchou_

 

—————————————————–

 

 

今後もぜひ活動の輪が広がっていってほしいです!

関連記事

123>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。