映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2020年1月17日  ニュース

『嵐電』が「第34回高崎映画祭」で最優秀作品賞受賞!!

【北白川派】第6弾=鈴木卓爾監督『嵐電』「第34回高崎映画祭」で最優秀作品賞を受賞しました!!

 

『嵐電』メイン画像

 

「高崎映画祭」は毎年群馬県高崎市で開催される映画祭で、今回の最優秀作品賞の受賞者は鈴木卓爾監督とスタッフ・キャスト一同となっています。

 

「第34回高崎映画祭」は3月20日(金)から4月5日(日)まで開催されますので、詳しいスケジュール等は後日お知らせします。

 

IMG_4766

 

                   (写真は去年の「第14回大阪アジアン映画祭」での舞台挨拶です)

 

『嵐電』の最優秀作品賞の受賞は、去年の「第29回映画祭TAMA CINEMA FORUM」の受賞に続く快挙となりました。

 

見ていただいた皆様に感謝いたします。

 

 

そして『嵐電』の上映は今も全国各地で続いていますので、これからもよろしくお願いします。

 

鈴木卓爾監督、スタッフ・キャストのみなさん、おめでとうございました!!

 

関連記事

<5859606162>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。