空間演出デザイン学科

インタビュー

  • LINEで送る

2020年2月13日  インタビュー

【受賞作品紹介】学長賞

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

本日は見事「学長賞」を受賞した齋藤慧山くんの作品を紹介します◯

 

 

空間演出デザイン学科 『 学長賞 』

 

空間デザインコース 齋藤 慧山(さいとう けいざん)

 

作品名『 Middle Tech Furniture 』

 

作るとはなにか。良いとはなにか。世界を覆うネットを介してどこでも誰でも物を作れる時代に、

作ることの悦び、モノの良さを再認識する。

 

展示場所:興心館4階 K41/人間館3階 NA309

 

 

 

 

 

 

こちらの作品は、どこでも手に入ることのできる「ラワン合板」を用いての家具作品になります。

 

ラワン合板とは、昔から「ベニヤ」と呼ばれる合板のことです。断面が何層かになっている板を見たことがあるかと思います。

表面が粗くちょっとザラザラ感があり、サンダーをかけないと塗装の仕上がりがあまりよくなかったり、裏面はパテ補修や多少の汚れや虫食いの跡がある場合があります。

 

そんな少し厄介さのある板を素材にしながらも、素材を見つめ、研究し、相欠き(あいがき)などの手法や、

斬新な継ぎ方を用いながら、オリジナルなプロダクトを展開させています。

 

 

 

 

▼NA309での展示風景

 

_DSC0005_DSC0037

 

 

 

空デの先生に伺ったところ、齋藤くんは2回生から学内のウルトラファクトリーでの什器制作チームに携わり、

それをきっかけに、こういった制作を本格的にスタートさせたそうです。

 

 

▼展示作品を紹介

_DSC0016_DSC0027_DSC0029_DSC0030

▼講評会の際にも、岡田先生が継ぎ方に注目しコメントくださってました

_DSC0035_DSC0033

 

 

一見綺麗な家具ですが、細部まで着目するとデザインの面白さや、

職人業のようなフォルムの美しさに、ついじっと見てしまう魅力を感じます。

 

ぜひ会場にて、じっくりと見ていただきたいです。

 

 

 

 

 

 

齋藤くんにも受賞を受けてのコメントをもらいました!

 

 —————————————————————————————————————————————–

 

 1年間ほとんど止まることなく取り組んだ制作が、このような形で評価していただけたことに感謝しています。

 本制作に関わってくださった全ての人に御礼を申し上げます。今後とも続けたいので仕事募集してます。

 

 —————————————————————————————————————————————–

 齋藤 慧山(さいとう けいざん) | 富士北陵高等学校 | 空間デザインコース

 

 

 

 

 

スツールは販売しているそうですが、ラックなどモノによって受注も受けるそうです。

 

ぜひ、彼の魅力ある作品をご自宅にいかがでしょうか ^^

 

 

 

 

 

 

〜〜〜

 

 

次回、優秀賞作品を紹介します!

 

 

 

 

関連記事

<1234>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。