空間演出デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2020年2月27日  ニュース

2019年度卒業展ふりかえり【奨励賞紹介】

 

 

こんにちは、空デ研究室です。

 

コロナウイルスに対する警戒心が高まり、大学としても対応に追われています。

来月には卒業式を予定中ですが、無事に卒業生をお祝いできるといいなと思うばかりです。

 

健康第一に、社会への一歩を踏み出しもらいたいですね。

 

 

 

 

さて、少しご無沙汰になりましたが、卒業展の受賞者作品を紹介します。

 

今日からは、2回に分けて【奨励賞】作品を紹介します◯

まずは空間デザインコースの受賞者です!

 

 

 

 

 

 空間演出デザイン学科 『 奨励賞 』 ●  空間デザインコース 3名

 

 

空間デザインコース  坂口 綾菜(さかぐち あやな) / 佐土原高等学校

 

作品名『 TRASH ROPES 』

 

海洋プラスチック問題の被害を受けている漁師だが、漁師たちの仕事の過程で出る廃棄漁具もまた、海洋プラスチック問題の一因となっている。

海を漂流していたロープを用いてジュエリーを制作した。

 

 

_DSC0121_DSC0067_DSC0066 _DSC0071

 

 

 

 

 

 

 

 

空間デザインコース 野口 結加 (のぐち ゆいか) / 京都芸術高等学校

 

作品名『 COLOR 』

 

今では絵の具で色を作らなくても、液晶画面上やコピー機などで簡単に色を作り出せる。

そこで、さまざまな方法で色彩のアプローチを行った。

それは、虹をみて歓喜する。雪の白さに見とれる。といった現象に対する人の感覚を解き明かしているようだった。

 

 

_DSC0119_DSC0311

_DSC0314 _DSC0305

 

 

 

 

 

 

 

空間デザインコース 人見 詩央里 (ひとみ しおり) / 亀岡高等学校

 

作品名『 ある風景 』

 

私の原風景は、故郷の京都府亀岡市で日常的に行われる野焼きの光景だ。

法律で規制されながらも残り続ける野焼きを記録し、野焼きを行う人々から火を借り土器を制作した。

亀岡の日常の中で生まれる用途も不確かな形たちはこの先にあるべき風景と共に作られた。

 

 

_DSC0131_DSC0336

_DSC0337_DSC0054

 

 

 

 

 

もうとても昔のように感じられる卒業展。

写真を見返すたびに、悩みながら搬入作業を進めるみんなのことを思い出します。

 

 

次回はファッションコース4名の作品を紹介します〜〜〜

 

 

 

関連記事

<1314151617>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。