美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2020年7月28日  ニュース

【写真・映像】卒業生&在学生受賞情報

写真・映像コース(旧称「現代美術・写真コース」)の

17年度卒業生 片山達貴さん、3年生 神谷拓範さんの受賞情報のお知らせです。

 

ディオールによる若手フォトグラフィー・アワード(2020 Dior Photography and Visual Arts Award for Young Talents)のファイナリストに、写真・映像コース(旧称「現代美術・写真コース」)卒業生の片山達貴さんと、3年生の神谷拓範さんが選ばれました!神谷さんは審査員特別賞(Jury Mention)を受賞。
ファイナリストとしてフランスのアルル写真祭に招待され、作品を展示する予定でしたが、コロナのため写真祭自体が中止に。

 

現在、アワード公式ページに出品作品(一部)とステートメントが掲載されています。

———————————————-

●アワード公式ページ

https://www.luma-arles.org/dior/2020/

 (12)Takunori Kamiyaさん、(13)Tatsuki Katayamaさん

———————————————-

リンク先ページの最下部よりオンラインカタログも閲覧することが出来ます。

こちらには出品の全作品掲載されていますので、ぜひお見逃しのないようご覧ください。

また、下記URL先に審査員特別賞を受賞された神谷拓範さんの動画インタビューもアップロードされていますので、ぜひご覧ください。

https://youtu.be/72ZWbmftotc

 

 

関連記事

<910111213>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。