空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2020年8月21日  授業風景

授業紹介「ファッションデザイン演習Ⅲ」

こんにちは、空デ研究室です。

今回は、先日行われたファッションデザインコース3回生の授業「ファッションデザイン演習Ⅲ」の風景をご紹介いたします。

 

この授業では各学生が架空の「ブランド制作」に取り組みます。

単に服やファッションアイテムを作るだけでなく、ブランド名からロゴ、その根底にある「ブランドが目指す理念」や広告展開まで、ブランディングを含めた全ての要素を考えていくのが「ブランド制作」なのです。

 

キャプチャ1

今週の授業ではzoomを介してそれぞれの自宅等からプレゼン(合評)が行われました。

 

 

 

 

キャプチャ7

こちらは大量に廃棄され問題となっている、衣服に使われる布の「切れ端」を再利用したブランド。

透ける素材と組み合わせることにより、独特の模様を表現しています。

 

キャプチャ4

こちらのアイテムには空き缶の「プルタブ」が使われています。

元がアルミ缶だったとは思えないほどオシャレなデザインで、教員からも高評価でした。

 

キャプチャ6

こちらはブランドが広告展開の中で使うDM(ダイレクトメール)。

害獣として駆除された熊の毛皮を使ったブランドということで、ハガキに空いた穴が熊の駆除に使われる「銃弾」を彷彿とさせるデザインとなっています。

 

 

 

 

いよいよ前期も終わりに差し掛かっています。学生の皆さんにとっても大変な数か月間だったかと思いますが、今回紹介できなかった作品も含めて、課題制作に対する熱意は全く失われていないことを感じることができました。

これからも機会があれば授業紹介の記事をアップしていきたいと思います。

 

それでは、暑い日が続いておりますので体調にはくれぐれもお気をつけてお過ごしください!

 

関連記事

<34567>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。