キャラクターデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2013年12月3日  イベント

ディーキン大学とのWS

 

こんにちは!副手のノブモトです。

 

すっかり寒くなりましたね。

 

 

最近静電気が酷いです・・・。

 

 

 

 

 

さて少し前の話になりますが、

 

オーストラリアのディーキン大学とキャラクターデザイン学科での

 

合同ワークショップがありました!

 

 

IMG_5996のコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日に分けて開催し、

 

 

1日目は村上先生栗田先生

 

 

2日目は栗田先生に担当していただきました。

 

 

 

ワークショップのテーマは「光と影」
IMG_5918のコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず一人一人が「自分が考えるとは?とは何か?」を書きだしていきました。

 

 

 

 

 

IMG_5921のコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それをグループ内で発表し合い、

グループごとに「光と影」の定義を組み立てていきました。

 

 

 

IMG_5937のコピー

 

IMG_5944のコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのグループにも大体ディーキンの学生とキャラデの学生が3:2ぐらいの割合だったので

 

 

 言葉の壁でなかなか具体的に話し合いを進められなかったりと苦労していましたが、

 

通じたのがわかった時の喜びは格別ですね。

 

 

 

 

 

 

そして、ワークショップ2日目

 

 

光と影を生かしたコントラストのある作品づくり。

 

IMG_5968のコピー IMG_5977のコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白と黒の紙と組み合わせてポップアップのようにして、

 

 

光と影を象徴するような形を作りました。

 

 

 

 

 

 

こちらのディーキン学生の作品

 

IMG_5987のコピーのコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

闇の中ではに見えているけど・・・

 

 

 

 

 

 

IMG_5985のコピーのコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開けてみるとその正体はくつした!というユニークな作品。

 

 

染みが虫に見えたり、暗い部屋で転がっている無機物が一瞬生き物に見えたりした経験がある人多いのではないで しょうか?

 

 

果たして自分に見えているものが本物なのかどうかを考えさせられます。

 

 

自分の作品でも「何がであって何がなのか」を考えてみると面白いかもしれませんね!

 

 

 

 

そしてワークショップ終了後はみんな、オーストラリアと日本のお菓子を持ち寄って交換していました。

 

 

私もいただきましたが、

 

DSC_0076

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリアのお菓子はものすごい濃密な甘さ・・・!
(チョコの中にたっぷりキャラメルが入ってます)

 

 

 

覚悟していたものの 歯が溶けそうでした・・・!

関連記事

<311312313314315>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。