キャラクターデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年11月26日  授業風景

学生ブログより:「後期も折り返し~古賀先生ゼミ~」

紅葉シーズン真っ盛りですね。
北白川通りの銀杏並木も一面黄色に色づいていてすごく綺麗です!

 

こんにちは!副手の齊藤です。
今回も学科公式サイトから、学生ブログでのゼミ紹介シリーズをお送りします。
URL: http://cdkouhou.blog.fc2.com/
——————————————————–——————————————————–

 

 

こんにちは、3年生、就活間近の松原です。
後期の授業も半分を切りました。
ゼミの方もしっかり計画を立てて進めていきたいと思います。

古賀ゼミはかなり自由度の高いゼミです。
僕の他にどのような人がどのような目的で受講しているかを紹介したいと思います。

01_20131118115835ac1.jpg
イサンソプくんを紹介したいと思います。

松原(以下、松):なぜ古賀ゼミを選びましたか?
イ:これから自分が本当にやりたい作品制作が古賀先生のゼミなら出来ると思ったので選びました。
松:広告デザインの制作を考えているイくん。
  さまざまなデザインコンペに積極的に参加してます。
  確かに、他のゼミの分野とは少し変わっていますね。

松:実際に作品制作を通じて感じたことはありますか?
イ:色々な作品や企画を作ってみて、自分がやりたい分野を再確認しました。
松:作品を作る前と作った後に感じることは変わりますね。
  その中で自分の制作の方向性に気づくことは大切ですね・・

松:最後に、将来はどんな作品を作っていきたいと考えていますか?
  考えている進路などでもいいですよ。
イ:広告会社のartチームで色々なデザインや映像を作りたいです。
松:将来や作品制作に積極的なイサンソプくん。
  彼の姿勢を見習いたいと思います!

02_2013111811583776e.jpg

対して、僕の作品制作は構想中・・・
煮詰まってきていてこれから徐々に形にしていけるのでは・・・という感じです。

イくんも言っていましたが、作品は作ってみないとわからないことが多いです。
なので、迷っていても前に進んでいく。ということも大切だと、最近思いました。

次のステップにすすめるように、今できることをやろうと思います!

それでは次回もよろしくお願いします!

関連記事

<309310311312313>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。