映画学科

村瀬大智監督『霧の淵』、2024年4月に公開決定!

村瀬大智さんの監督最新作『霧の淵』が2024年4月に公開されることが発表されました。『霧の淵』は、村瀬大智監督の劇場用長編映画デビュー作品となります。

 

 

映画ナタリーニュース「三宅朱莉と水川あさみが親子演じた「霧の淵」4月に公開、コメントも到着」

https://natalie.mu/eiga/news/553182

 

村瀬監督らが卒業制作として2019年に製作した長編作品『ROLL』が、なら国際映画祭2020NARAWAVE部門に選出され学生部門観客賞を受賞し、企画案提出の権利を得て『霧の淵』は製作されました。『霧の淵』は、村瀬さん達が奈良県吉野にある川上村に長期滞在しながら、この村で老舗旅館を営む家族の物語を丁寧に描き出しました。

 

 

『霧の淵』には、三宅朱莉さん、三浦誠己さん、水川あさみさんらが出演されています。

 

 

村瀬さんと同期の映画学科10期生(2020年卒業)から多くのキャスト&スタッフも参加しています。杉原亜実さん(ヒラタオフィス所属)、中山慎悟さん(松竹エンタテインメント所属)、宮本伊織さんが出演しています。更にスタッフには、音楽に梅村和史さん、編集に唯野浩平さん、応援に関 大輔さんが、9期生の岡本まりのさんは美術助手として参加しています。

 

 

2024年4月は劇場に『霧の淵』を観に駆けつけましょう!今後も映画学科卒業生の活躍にご注目下さい!

 

 

『霧の淵』ツィッターアカウントはこちらです。

<4142434445>