環境デザイン学科

4/29(月)まで、大阪工業大学梅田キャンパス1階にて、荒川修作+マドリン・ギンズに関係した展示開催中!!

環境デザイン学科の小野暁彦先生が、4/29(月)まで、大阪工業大学梅田キャンパス1階にて、荒川修作+マドリン・ギンズに関係した展示を行なっています。

以下、小野先生からの説明です。

 

これは、関西大学を中心とする荒川修作研究(身体論研究班)の一員として、ある種の実験装置として制作したものです。「天命反転畳」(と、勝手に呼んでいるもの)が置かれた身体軸を揺さぶるフロア、高周波知覚を担う(記号的で意味的な)エンクロージャー、低周波知覚(周辺視や雰囲気、揺らぎ)を担うルーフ、という、あえて分節的なダイアグラムとして(分けた上でつなげる)構成した上で、その重層的な経験の可能性を検証するための装置です。

とまあ、難しく言ってますが、これが何なのかわかりません笑。研究班やみなさんの前向きな検証に期待します。意外とくつろげてしまう天命反転畳の経験も含め梅田近辺にお越しの際はお立ち寄りください。

2022年3月のAGxKansaiで、荒川修作のボトムレスI再制作を施工いただいたHOTMETALSOUPの西川恭史さん(およびスタッフのみなさま)に今回も大変精度の高い製作をしていただきました。また伊勢建築事務所さん、西脇畳敷物店さんにご尽力いただきました。ありがとうございます!また京都芸術大学4回生の坂本珠梨さんと森田可友葉さんにもAGxに引き続き大変な作業を引き受けていただきました。ありがとう!

直前ではありますが、ワークショップもありますので、足を運ばれましたらお気づきの点をお知らせください。

環境デザイン学科

学科長 小野暁彦

 

■環境デザイン学科の出来事

日々更新しているのでフォローお待ちしています!

 

■環デひろば

次回は5/12(日)に「コケニワにはなにがある?」が開催されます!

手の上にのる小さなニワを作ります!今回はコケを用いたテラリウムをつくり、その小さなコケの世界に広がる自然の大きな不思議を覗いてみましょう。

心よりお待ちしています☺

ココをクリック!すると予約画面へ飛びます

 

 

■全体OC

環境デザイン学科では「ミニマルカフェ」を行います。

以下内容になります。

青空の下、腰を下ろすとそこにはあなただけの居場所ができるように、心地よい場所を作ることは環境デザインにおいて大切な基礎です。今回はオリジナルのピクニックシートを作り小さな(ミニマル)カフェを開きます。 芸術やデザインの歴史にもふれながら、デザインのコツを掴んでいきましょう。

ココをクリックすると案内画面へ飛びます

 

<12345>