美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年6月27日  ニュース

【油画】川村悦子教授個展  蓮×聯

こんにちは。油画コースです。

今日は現在開催中、川村悦子教授の個展情報をお届けします!

是非、ご覧下さい。

 

蓮×聯

ぎゃらりぃ思文閣にて

6/21(土)~7/6(日) 10:00-18:00  ※会期中無休

*HPはこちら >> http://www.shibunkaku.co.jp/gallery/

 

 

東京・福岡にも巡回展示あります!

【東京】
思文閣銀座にて
7/10(木) ~7/ 20(日) 10:00-18:00  ※会期中無休

地図:http://www.shibunkaku.co.jp/shop/map_shiten.html

【福岡】
思文閣福岡にて
7/26(土) ~7/ 30(水) 10:00-18:00  ※会期中無休

地図:http://www.shibunkaku.co.jp/shop/map_shiten.html

 

(以下、ぎゃらりぃ思文閣HPより)

あらゆる先入観を取り払って、もういちど掛け軸と向き合ってもらいたい――
そんな思いから今回ご提案するのは、川村悦子氏による「聯」に描かれた「蓮」です。
「聯(れん)」とは、書き初めなどに使われる半切という紙を、さらに縦半分にした大きさを言います。巾が狭いため扱いやすく収納もコンパクトで、身近にお楽しみいただけます。
今回、ぜひ「聯」に作品を描いていただきたいとお願いしたのは、情緒あふれる写実画を油彩で描く川村悦子氏でした。大きなキャンバスに油彩画を描くことが多い川村氏に、極端に細長い、しかも和紙に絵を描くという、今までにないお願いをいたしましたが、作品の出来上がりは想像を遥かに超えた素晴らしいものとなりました。蓮池や草の茂みなどの大きな空間がごく細長い聯の形に切り取られることで、描かれていない部分への想像が広がり、植物の息遣いが画面を超えて空間を満たします。
一幅でも独立する聯は、二幅、三幅と連ねればまた違った空間を展開し、その魅力は無限です。

現代建築では和室が減り、洋間には額装作品を飾ることが常識的になってしまっていますが、欧米ではリビングや玄関で掛け軸を楽しまれるなど、掛け軸の新しい魅力が見直されています。
掛け軸は扱いが難しい、床の間でないと合わないという気持ちからぜひこの機会に自由になっていただき、新しい美術品の形をご覧いただければと存じます。

関連記事

<430431432433434>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。