マンガ学科

日常風景

  • LINEで送る

2011年6月27日  日常風景

休み時間の過ごし方

今回から、ブログに加わりましたガッカ・ジム(=学科事務)です。

名前をどうしようか悩んだ結果、外国人男性のような名になりましたが日本人です。

京都造形芸術大学のマンガ学科を事務的な面でサポートする役割です。

学生の頼れるお姉さん(そう、あくまでも「お姉さん」)を目指しています!

 

 

さて、これまでマンガ学科での授業内容が紹介されてきたので、
私からは休み時間の過ごし方を紹介します。

マンガ学科の休憩スペースにはこんな本棚が並んでいます(写真参照)。

並んでいるのは先生方の著書(もちろんマンガ)やおすすめマンガの数々。

古いマンガが多く、書店やマンガ喫茶では出会えないものも多そうです。

7月10日の授業公開オープンキャンパスに来る方はチェックしてみてくださいね!

関連記事

<499500501502503>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。