空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年10月10日  授業風景

ファッションコース夏期集中授業

 

 

遅れましたが夏期休暇中に行われた2回生、夏期集中授業を振り返ってみます。

講師はベルリンから毎年お越し頂いている近藤保先生。

 

テーマは『Softbox- 中近東をデザインする』です。

紙上に描いたデザイン画を平面作図や立体裁断で形にしていくのが

通常のルートをたどったファッションデザインプロセスですがこの授業では平面的な作業を省き、

頭の中のイメージを直接布を操作しながら立体的に造形していきます。

そして共通した出発点を設定し個人がどんなデザインをしていくか

ドレーピングの基礎を学び、デザイン応用の方法を学びながら制作して行きます。

ドレーピング練習の様子

制作の様子

 

そして一週間の制作を終えて大学内の@カフェのラウンジにて展示をしました。

展示設営の様子

講評会

講評会の様子

DSC_0066

 

個性溢れる作品ができました。一週間でここまで作れる集中力がすばらしいですね。

みんなよく頑張りました!

近藤先生ありがとうございました!

 

記念撮影

最後はみんなで記念撮影です!

 

関連記事

<204205206207208>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。