空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年10月20日  授業風景

【空間演出基礎Ⅱ】わがまちおみやげプロジェクト

前期に開講していました空間演出基礎Ⅱの授業で

学生がデザインしたパッケージが商品になりました!

 

 

2回生の空間演出基礎Ⅱは2コース合同で行う授業で

ソーシャルデザインの基礎を学びます。

 

授業のテーマは「わがまちおみやげプロジェクト」。

2回生全員を18チームに分け近隣の地域を一カ所選び

その地の歴史や地政などを調べ産業や地域が抱える問題点にアプローチし

その地でのインタビューや得られる素材から小さなおみやげを制作します。

 

今回、紹介したいのは大阪府唯一の村である千早赤阪村をわがまちに選んだチームです。

 

まず千早赤阪村に実際に訪れ村の市役所へ行き観光課の方にお話を聞きました。

既存のお土産の質がとても良いのにパッケージなどがデザインされていない。というところに着目し

実際に販売されている「棚田米プリン」のパッケージデザインの提案をすることに!

 

スライド2

デザイン案

 

 

いくつかデザイン案を出したなかで一つを選びブラッシュアップし

最終的にこちらのデザインを採用することに!

 

4 2

 

そして実際にこちらのパッケージで販売されることになりました。

お店に置くPOPも制作しました。

スライド1

POP

詳しい情報は千早赤阪村のfacebookページにも記載されています!

ぜひご覧下さい。

https://www.facebook.com/chihayaakasaka

↑千早赤阪村

https://www.facebook.com/chihayaakasaka/posts/966992409995235

↑パッケージについての記事

関連記事

<201202203204205>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。