空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年10月30日  授業風景

【空間デザインⅢA】あいだのレッスン

 

今回紹介する授業は空間デザインコース3回生の空間デザインⅢAです。

後期を通しての授業テーマは「あいだのレッスン」。

空「間」演出デザイン学科の「間(あいだ)」について考えよう。とゆう内容で

一週間にあいだについての小さな課題が1〜2つ出され、毎週合評を行います。

 

今回の課題は「あいだ」についての言葉をリサーチし選び、辞書にするというもの。

例えば、

人と人とのあいだ

建物と建物とのあいだ

何かと何かのあいだ

などなど、それらを繋ぐものは何かを考えて辞書にします。

 

みんな一週間でしっかり製本して作ってきました。

すばらしいです!

来週もあいだのレッスンは続きます〜。

DSC_0019

みんなが作ったあいだの辞書

DSC_0024

作品1

DSC_0021

作品2

DSC_0018

合評の様子

DSC_0015

合評の様子

 

関連記事

<199200201202203>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。