映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年11月1日  ニュース

卒制プロジェクトが産経ニュースに掲載

4回生の城間典子と岩佐悠毅の卒業制作である映画上映プロジェクトがウェブ版「産経ニュース」に『映画を生きる』と言う連載の中で紹介されました。

 

1101-2

 

彼らの映画上映プロジェクトは京都府綾部市志賀郷(しがさと)町という里山の村で「タガヤシネマ」と言う名で実践されていて以前にも「京都新聞」に掲載されました。

今回は10月21日に催された森田惠子監督のドキュメンタリー作品『旅する映写機』上映についてのニュースです。

 

1101-4

 

映画業界の衰退、映画館の閉鎖など考えなければならない問題が多くありますが、小さなプロジェクトでしか成し得ない突破口を模索しています。

映画製作ではなく、論文でもない新しい形の卒業制作に映画の未来が託されています。

 

 

関連記事

<838839840841842>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。