大学院

授業風景

  • LINEで送る

2014年11月21日  授業風景

芸術表現特論IX KUAD Graduate School Mid-Term English Presentations

英語によるプレゼンテーション力向上を目指した科目「芸術表現特論IX Mid-Term English Presentations」

の発表会が先日、人間館@カフェにて行われました。

 

DSC05733

それぞれの制作・研究テーマなどを一人10分程度でプレゼンしていきます。

会場からも英語での質問です。

 

DSC05739 DSC05780 DSC05802

 

DSC05824

アーティストはもちろん研究職もそうですが、世界で活躍していくために英語力は必須条件です。

アジア圏の留学生たちの発表を聞いているとつくづくそう感じます。

(日本人はシャイな人が多いので…)

 

日本語で考えていたことをシンプルな英語に変換することによって、新たに見えてくるものや整理されて人に伝えやすくなると思います。

まずは恥ずかしがらずに慣れることが大事ですね。

 

 

後期末の最終発表会も頑張ってください。

 

Good Luck!!

 

 

 

 

関連記事

<8889909192>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。