映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年12月22日  ニュース

2回生ゼミ合評

昨日12月21日にAスタジオで2回生ゼミ合評が行われました。

 

1222-2

 

上映された作品は以下の9本でした。

 

  和田昴士監督『泣きたい女』 (高橋・藤田ゼミ)
  松尾渉平監督『落花生』   (福岡・青山ゼミ)
  稲川悟史監督『僕は太陽と壁に焼かれる』  (福岡・青山ゼミ)
  雨森みすず監督『風の神祓い』 (井上・倉田ゼミ)
  米倉伸監督『或いは点線になって』 (伊藤・鈴木ゼミ)
  吉川鮎太監督『in G』 (伊藤・鈴木ゼミ)
  宝来麻耶監督『あの時、百足を殺したのは私だよ』(伊藤・鈴木ゼミ)
  金山豊大監督『狂気の沙汰 Day Night』 (伊藤・鈴木ゼミ)
  谷垣里都希監督『待合所』 (伊藤・鈴木ゼミ)

 

1222-4

 

各作品上映後に学生間の質疑応答、先生たちからの批評が行われました。
また担当教員への批評もあり熱気に包まれた合評となりました。

 

1222-3

 

先生たちからの総評では、今年の2回生ゼミは去年と比べて作品のレベルが高いと言うことでした。
この言葉を励みに来期3回生ゼミではよりおもしろい作品を作ってくれることと思います。
最後に、司会、裏方などを行った学生委員、実行委員のみなさん、ご苦労様でした。

 

1222-5

関連記事

<696697698699700>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。