映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年12月24日  ニュース

3回生ゼミ合評

2回生ゼミに続き昨日12月23日Aスタジオで3回生合評が行われました。

 

1224-3

 

上映された作品は以下の8本です。

 

芝裕起監督『晩夏の花』  (高橋・小川ゼミ)

尾崎健監督『かげろう』  (伊藤・倉田ゼミ)

永井友弥監督『タコのパッチと火星人』  (伊藤・倉田ゼミ)

西井千裕監督『Three Cigarettes』  (伊藤・倉田ゼミ)

早野慧監督『黒い匣』  (伊藤・倉田ゼミ)

キロプル・エブドクシア監督『あきこ』 (伊藤・倉田ゼミ)

柘植勇人・馬渕修・仙臺和也監督『革命の歌』  (福岡・卓爾ゼミ)

佐久間光監督『清夏』  (山本・藤田ゼミ)

 

他に執筆系で論文が発表されました。

 

田口右京『「劇場版ポケットモンスター」に見る、「自己と他人の関係性」、「自己存在」、「共存」について』  (北小路ゼミ)

 

1224-4

 

先日の2回生ゼミ合評同様学生間の意見、先生から批評など実り豊かな合評になりました。

これより3回生は来期の卒制に向けて動き始めます。

 

尚3回生以外の学生は横のBスタジオで同時上映されている映像を観ていますが、今年はBスタジオの他回生からの意見も聞くと言う試みがなされました。

 

1224-5

 

これで年内の合評は終わり、来月の卒制合評を残すのみとなりました。

どんな作品に巡り会えるか今から楽しみです。

関連記事

<647648649650651>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。