情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年12月26日  ニュース

【受賞情報】ゴミ減量コンテストに3名が入賞!

こんにちは!もう今年も残り僅かですね。

2014年最後の情Dブログでは、嬉しいニュースをご紹介します。

 

京都市が主催した「ゴミ減量アイデアコンテスト2014」において、

情報デザイン学科から3名が受賞しました。

このコンテストは、家庭ごみで一番多い生ごみを減らすために、

生活の中で行っている3キリ(使いキリ・食べキリ・水キリ)の

実践方法やアイデアを広く募集したものです。

詳細はこちら→

 

受賞者はこの3名です!!!おめでとう!

・ソフト部門最優秀賞 小川洋子さん(3年生)

・ハード部門最優秀賞 木村茉琴さん(1年生)

・ハード部門優秀賞  橡谷枝利香さん(3年生)

IMG_4447

(他の受賞者も一緒に☆) 

 

ソフト、ハードそれぞれの部門で最優秀を受賞した、

小川さんと木村さんのコメントをご紹介します。

 

【ソフト部門最優秀賞 小川洋子さん】

○受賞アイデア

「投稿サイトを活用した市民のレシピリレー」「LINE新アプリ いただき!となりの晩ご飯」

「”ひとり暮らしの生ゴミを減らす”野菜のおすそ分けシステム」

○コメント

エコを楽しく取り組めるものにしたい”と思い、コミュニケーションの場を生むアイデアを考えました。

今では、私自身も野菜が余っていると友人と鍋をするなど工夫をしています。

本コンテストは、生活について考えるとても良い機会になりました。

 

【ハード部門最優秀賞 木村茉琴さん】

○受賞アイデア

「楽しい水キリグッズの提案」

○コメント

一人暮らしで毎日自炊をしている人は少ないだろうと思いました。

なので家庭で使える子どもも大人も楽しく水切りができる実用的なものをデザインしました。

子どもたちに水切りの習慣がつけばいいなあと思います。

IMG_4446

 

自分の好きな物だけを勝手気ままに作るのではなく、

「社会の問題に答えていくデザイン」を考える良い機会になったようです。

この調子で2015年も頑張りましょう!

 

ではでは、皆さんも良い年末をお過ごし下さい。

 

スタッフ:モリカワ

 

 

 

 

 

 

関連記事

<390391392393394>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。