こども芸術大学

授業風景

  • LINEで送る

2016年5月18日  授業風景

5/17 創作の時間「緑画-植物で絵を描く-」1日目

今年度最初の創作の時間の先生はこども芸術学科の村山修二郎先生です。

今回は村山先生がご自身の作品でも行っている「緑画」に親子で取り組みました。

 

こども芸大を出発し芝生広場に着くと、村山先生が子どもたちを待ってくれていました。

 

「今日は葉っぱで絵を描いてみましょう」と言うと、

村山先生は八手の葉っぱを丸めて画用紙に向かいました。

IMG_7760

描きだしてみると、きれいな緑色がしっかりと画用紙についていました。

IMG_7767

さっそく子どもたちもまわりにある植物を使って描き出します。

IMG_7788

「あっ!お花でも絵が描けたよ」

ツツジやハルジオンの花びらは花がそのまま絵の具になったような優しくきれいな色が出ました。

IMG_7808

「こっちの柔らかいのは描けるけど、固い葉っぱは描けへんわぁ」

葉っぱの種類や硬さで色が違ったり、色の出ないものがあることも

描きながら子どもたちは発見していきます。

IMG_7784

どの絵からも、新緑の瑞々しい今の季節の気配が感じられました。

きっと植物そのもので描いているからそう感じるのでしょうね。

IMG_7946IMG_7951IMG_7948

お昼ごはんのあとは大きな1枚の紙にみんなで絵を描きました。

描き始めると、ほわっと植物のいい香りが教室内に広がりました。

IMG_7849

年長の女の子二人は、隣同士で女の子の絵を描いていました。

IMG_7855

IMG_7854

IMG_7856

さぁ、完成したらみんなの描いた絵を観てみよう。

IMG_7865

IMG_7861

IMG_7860

IMG_7869

描画に使用した植物は最後に全て瓜生山の土に還しました。

生きている命を少し分けていただき、感謝して絵を描くということも村山先生が大切にしていることです。

 

いつも瓜生山の中で遊んでいる子どもたちが、「植物で絵を描く」という新たな自然との関わり方と出会えた創作の時間でした。

 

(村井)

 

 

 

 

 

関連記事

<3940414243>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。