映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2016年12月20日  ニュース

2回生ゼミ合評

先週12月18日(日)に高原校舎Aスタジオにおいて「2回生ゼミ合評」が行なわれました。

 

IMG_3606 のコピー

 

今期2回生ゼミで制作された作品は以下の5本です。

 

神野組『to be』(福岡・鈴木歓・銅金ゼミ)

大西組『外/に夢見て』(青山・北小路ゼミ)

丸山組『ぱずる。』(山本・鈴木卓爾ゼミ)

清田組『いち いち』(高橋・水上ゼミ)

志村組『ひかり、踊る』(青山・北小路ゼミ)

 

IMG_3412 のコピー

 

一組ずつの上映後には先生方の講評及び批評が行なわれましたが、作品内容や撮影、録音等の技術についてかなり突っ込んだ意見がなされました。

 

IMG_3377 のコピー

 

また学生の間からも活発な質疑応答も行なわれました。

 

IMG_3550 のコピー

 

今回も例年通りAスタジオでの模様をBスタジオに中継し、他回生も大勢参加して観ました。

 

IMG_3783 のコピー

 

2回生たちはいろいろな講評、意見を神妙な面持ちで聞いていましたが、来期3回生ゼミではどんな作品に結実して行くのでしょうか。

とても楽しみです。

 

IMG_3593 のコピー

 

 さて今週23日(金)には3回生ゼミの合評が行なわれます。

こちらもとても楽しみです。

関連記事

<438439440441442>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。