美術工芸学科

イベント

  • LINEで送る

2017年4月20日  イベント

【写真・映像コース】展示とシンポジウム開催のお知らせ

こんにちは。

写真・映像コースです。

4/29(土・祝)に開催されるオープンキャンパスと同時開催のイベント情報をお知らせします。

☆newシンポジウムフライヤー20170406

 

写真・映像コースによる展示とシンポジウム

「ひとりで歴史と未来を見つけること。 – 4人の卒業生のファインダーから

 

写真・映像コースでは、ドキュメンタリーの作品をめぐるシンポジウムを開催します。会場では、当コース(旧 現代美術・写真コース)の卒業生4名による作品も展示します。ファインダーを通して世界をつぶさに見つめ考え続けた彼らが自分の作品について語り、人権活動家の渡辺毅氏、映像人類学者の川瀬慈氏という気鋭のゲストを迎えて、現実をどう見つめるか、そして「社会と個人」や「ドキュメンタリーとアート」をめぐる終わらない関係について語り合います。

 

登壇作家

早瀬道生、南竜司、陳宥柔、森田具海

特別ゲスト

渡辺毅、川瀬慈

司会

やなぎみわ

 

日時:2017429日(土・祝)1400開始 展示は終日観覧可能(10001600

会場:京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 未来館2階 F201

606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116

TEL:075-791-9122(代表)

URL:http://www/kyoto-art.ac.jp

 

入場無料

 

主催:美術工芸学科 写真・映像コース「ドキュメンタリーとアート」実行委員会

指導教員:椿昇、竹内万里子、やなぎみわ、小野規(2016年度まで)

 

☆newシンポジウムフライヤー20170406

 

 

また、現在京都市内で開催中のKyotographie 京都国際写真祭2017のサテライトイベントKG+2017

にて、登壇作家の森田 具海さん、陳 宥柔さんの個展も開催中です。

こちらも合わせてご覧ください!

 

 

関連記事

<121122123124125>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。