マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年5月10日  授業風景

【授業紹介】表現技法基礎I

 

今日は1回生向けに開かれている『表現技法基礎I』の授業紹介をします!

3

この授業、

『マンガ・イラスト制作に必要な作画テクニック、知識、技法を学ぶ。』をテーマに

水曜日の4,5講時に開かれています。

毎回よしかわ哲郎先生自身が作られ教材をもとにコピー用紙にひたすらキャラクターを描くという授業。

これだけを聞くと単なる画力アップの授業に感じるかもしれませんがそうではありません!

第4回目の今日は『押すを考える』とう授業でどう描けば押しているように見えるかはもちろんの事、人体の構造から分かりやすく丁寧に学生たちに教えてくれていました。

 

胸とおしりの関係から背骨の入り方、中心線の入れ方までじっくり教えていたので上回生にとっても素晴らしくためになる授業でした。

写真を撮りに行っていた私も思わず手を止めてしばらく授業を聞いてしまいました。

2

普段自分流でなんとなく描いていた1回生は今後絵を描く時、

今までよりも何倍も頭を使うことができるようになる、そんな授業です!   1

関連記事

<132133134135136>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。