空間演出デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年7月11日  ニュース

7/9(日)開催◎1日体験授業レポート◎

 

 

こんにちは!

 

雨が降ったり…やんだり…むしむしジメジメ…

そんな昨日までとはうって変わって、今日はピーカン。

夏の日差しが眩しいですね!

 

夏なの?梅雨なの?どっちなの…?

早くそんな日々から解放されたいです!

 

 

さて、今日は先週末に開催された体験型オープンキャンパスの

1日体験授業についてレポートしたいと思います◎

 

天候が良くない中、全国からたくさんの方にご参加いただき

本当にありがとうございました!!!^^

 

 

 

 

空間演出デザイン学科では、空間デザインコースとファッションデザインコースに

分かれて、より各コースの専門性に特化した内容の授業を行っています!

 

 

まずは、

空間デザインコースからレポートしたいと思います!

 

 

『コミュニケーションとしてのディスプレイをつくろう』

 

社会の課題解決のためのデザインでは、コミュニケーションしながら人や社会と関わっていくことが重要です。

今回はコミュニケーションするためのツールとして、小さな本のようなデイスプレイ空間を制作しました。

あなたの暮らすまちをよく思い出して、誰かに伝えたい”まちの良さ”のメモリアルディ(記念日)にして、

みんなにあなたの暮らすちの良さを”ディスプレイ”にして、伝えてみましょう!

 

DSC_0037

 

 

 

まずは参加者のみんなで「わがまちコミュニケーション」!

自分の名前・出身地・記念日にしたいまちの良さ を、一人ひとり発表してもらいます。

 

そのあとは、まずは今日のディスプレイとなる”本”を作っていきます。

 

 

▼スチレンボードを上手に切るコツを先生から教えてもらいながら、慎重に作業を進めます。

DSC_0029

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼切ったパーツはスチのりで丁寧に組み立てていきます!

DSC_0032

 

DSC_0036

箱が完成!

 

DSC_0019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は”エスキス”をはじめます。

 

”エスキス”とは、制作の前の準備として、実際に何をどんな風に作るのかを紙等に書き出して

アイデアや構図を考えてみること。デザインをする上でとっても重要です!

 

FullSizeRender

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何をつくるか決められない!」

 

「つくるものは決まったけど、どうやってつくればいいの?」

 

そんな時、先生や先輩にアドバイスをもらい、

面白いアイデアがたくさん湧いてくるとつくるのも楽しくなりますね◎

 

 

 

▼建築のお仕事をしている家成先生

DSC_0043

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼3回生の学生スタッフ 吉田さん

DSC_0006

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼3回生の学生スタッフ 川上さん

DSC_0013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生や先輩たちと話しができるのも、この1日体験授業の魅力です!

 

先生からは、より上手に人に伝わるもののつくり方を教えてもらったり、

先輩たちには、普段の学生生活や高校生の頃の話等も聞くことができます◎

 

 

さて、つくるものが決まったら、どんどん制作!

みんなかなり真剣!

 

DSC_0017 DSC_0022 DSC_0025

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんすごい集中力で制作していたのが印象的でした!

 

 

 

作業時間は短かったですが、皆さん本当によく頑張ってつくっていました◎

制作の途中段階のものですが、いくつか作品を紹介させてもらいます*

 

 

▼広がる海と灯台を、”真上から見た角度”で制作していたのが素敵です!

DSC_0050

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼かき氷を可愛く上手に抽象化していてすごい!

DSC_0057

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼風に揺れている稲穂。カッターで細かい作業を頑張っていたのが印象的でした^^

DSC_0060

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも紹介したい作品がたくさんあったので、

すべて紹介できなくて残念です。。。><

 

 

制作時間が終わるとその後はいくつかのグループに分かれて、

グループ内でお互いの作品を見せ合いっこします。

 

 

▼グループのメンバーや先生(こちらは八木先生)に作品を紹介する様子

DSC_0026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0066

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の作品を周りの人に伝えることや、他の人の作品を見ることで、

たくさん刺激を受けて、より今後の自分の学びに活かしていってもらえるといいなと思います◎

 

 

 

 

 

 

 

お次はファッションデザインコースの体験授業のようすです

 

ファッションデザインコースの授業内容は

 

”バッグの新しい可能性の実験”

 

ということで

普段どこにでもあるようなトートバッグを

デザインし直すことでこれまでになかったバッグの可能性を

自由に引き出す試みをしていく、というものです。

 

かばんはものの運ぶための道具でもありますが

おしゃれのアイテムとしても重要視するものですね。

 

機能性に加えてどんな価値を足していくのか考えながら

さまざまな素材を使ってトートバッグを制作していきます

 

 

 

 

 

 

授業の最初は百々先生のミニレクチャーから!

話はそれますがシャツの柄がすてきです。

 

百々(もも)先生は以前神戸のファッション美術館で学芸員をされていて、

学科ではファッションの歴史や服飾史の授業を担当されています。

DSC_0070

 

 

レクチャーが終わり、いざ制作開始です!

 

ここからは制作の様子をご紹介していきたいと思います*

 

 

▼こちらは手際よくリボンで鞄の側面をあみあみ、、、

DSC_0075     

 

▼イラストに刺繍やボタンをとりつけています◎にっこりパンダがかわいい、、

DSC_0030

 

▼ボタンをちりばめて、、色のまとまりが考えられていますね*

DSC_0029

▼もともとの素材を解体してテクスチャをつくっています。

DSC_0078

▼何色かのリボンを並べて丁寧に作業をこなしてるようす、、、

DSC_0037

▼リボンをクシュっとさせてボリュームをだして、、

DSC_0055

 

▼たくさんのリボンを綺麗に整列させることで一体感がでています◎

DSC_0088

▼髪の毛?!と思いきや茶色いリボンを裂いていました。芸が細かい!

DSC_0095

▼完成!

DSC_0111

短い時間でしたがわきあいあいとした雰囲気で授業が進んでいきました*

体験授業を通じて空間演出デザイン学科の

雰囲気を感じ取っていただけましたでしょうか?

空間演出デザイン学科では

現代のデザインのあり方をとらえ、

空間とファッションという人と中心としたふたつの領域を通じて

新しい可能性を探求しながら実践的なデザインを多角的に学びます。

参加していただいたみなさん、ありがとうございました!

また、再来週7/22(土).23(日)はオープンキャンパスを開催いたします。

オープンキャンパスでは、

実際に学生が作った作品を展示したり、

学科の先生のお話を聞くことができます◎

 

 

 

また今回のオープンキャンパスでは

AO入試のエントリー予約が可能です!

 

エントリー受付は8/1の1日しかないため、

エントリー予約をすることで

受付当日ソワソワせずにいられるので安心です!

 

 

 

 

ぜひお越しください*

空Dブースは人間館オーブの入り口部分です!

 

DSC_0001 DSC_0017

 

 

お待ちしておりま~~す!

くわしくはこちら!

関連記事

<8889909192>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。