大学院

イベント

  • LINEで送る

2013年6月26日  イベント

SPURT2013開催に向けて

ギャルリ・オーブで開催する修士課程二回生・芸術表現専攻展覧会 SPURT2013に向けて、

大学院の各領域代表が参集し、準備が始まりました。

 

様々が領域が一堂に集まり、院生たちが主体となって展覧会をつくっていきます。

(総合造形、ペインティング、ビジュアルクリエーション、デザイン、建築ランドスケープデザイン、映画、芸術教育領域など)

DSC04899

芸術表現専攻長の中村勇大先生から、

展覧会に対する意気込みの熱いお言葉も・・

DSC05025

模型でシュミレーションしながら、それぞれの展示プランに沿ったゾーニングを考えていきます。

DSC_0666

 

DMは答島くん(M2/ビジュアルクリエーション)が担当してくれました。

足の裏に絵具を付けて走り、その足跡をトリミングしてデザインしたそうです。

 

SPURT_2013_DM_01SPURT_2013_DM_02

京都造形芸術大学大学院 芸術表現専攻 修士2回生作品展 SPURT2013

・会期 :7月5日(金)~19日(金)会期中無休
・場所 :瓜生山ギャルリ・オーブ
・出展者:芸術表現専攻修士2回生(61名)
・講評会:7月8・9日(月・火)ともに16:30~19:00(二日開催)

 

関連記事

<122123124125126>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。