映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年11月20日  ニュース

新「北白川派」映画、鈴木卓爾組ロケハン始まる!

映画学科の学生と教員、映画のプロのタッグで劇場公開映画をつくる、新「北白川派」映画の準備始動をHPニュースで先日お知らせしましたが、鈴木卓爾先生が監督を担当する「卓爾組」の映画のロケハン作業が、京都市右京区の街で始まりました。

 

 

ロケハンとは、ロケーションハンティングの略称で、その名の通り、脚本の各場面に合ったロケーション撮影が出来そうな、具体的な場所を探し出して行く作業です。

些細な街の表情ひとつひとつを見逃さず、じっくりとひとつひとつを見て歩きます。

ロケ地を決定して行くには、様々な候補地からどこが各場面に最も最適な場所なのかをじっくりと検討する作業が必要です。

そして、撮影をさせていただく街と地域の皆様へ、ご理解とご協力をお願いしていく過程を積み重ねる事が最も大切になっていくのです。

 

IMGP8571 (1)

IMG_3052

 

下写真の手前の方は、今回「卓爾組」のチーフ助監督を担当していただく、浅利宏さんです。

これまで演出部として多くの日本映画を手がけてこられ、福岡芳穂先生が監督した2015年公開の北白川派映画『正しく生きる』でも、チーフ助監督で参加していただき、映画学科の学生スタッフの皆を導いていただきました。今回もどうぞよろしくお願いします!

 

DOsFa5UVQAAWl9S

 

これから来年の撮影に向けて、ロケハンの日々が続きます!

 

IMGP8833

 

 

 

 

関連記事

<328329330331332>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。