映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年2月23日  ニュース

「北白川派」卓爾組『嵐電』クランクイン!!

映画学科のプロジェクトである「北白川派」=鈴木卓爾監督『嵐電』が2月20日(火)に市内右京区でクランクインしました!!

 

IMG_1267

 

同時にメインキャストなどの情報も解禁されましたのでお知らせします。

 

06

 

主人公の作家平岡衛星役を井浦新さん、その妻斗麻子役を劇団「地点」の安部聡子さん20代のヒロイン小倉嘉子役を、「映画学科」俳優コース卒業生の大西礼芳さん、その相手吉田譜雨役を期待の新人俳優金井浩人さんが務めるほか、オーディションで選ばれた映画学科俳優コースの学生13名も出演します。

 

IMG_1190

 

このプロジェクトはプロのスタッフ・キャストと、学生たちとの協働によって全国一般公開作品を制作することを目的としています。

 

「東映京都撮影所」内にスタッフルームを構え、これから2週間あまり右京区を中心に撮影が続いていきます。

 

学生たちにとっては初めての経験の連続で、いろいろなことが起こると思いますが、彼らの将来に必ず役に立つ発見が数多くあると思います。

 

なにより無事故でクランクアップを迎えられることを願っています。

 

IMG_1115

 

今後も撮影の情報をお知らせしていきたいと思いますので、ぜひ楽しみにしていて下さい。

 

よろしくお願いします。

 

 

関連記事

<285286287288289>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。