大学院

– 在学生のワークショップ –

こんにちは

今日は大学院 芸術研究科デザイン領域修士2年の 河野ひかる さんよる素敵なワークショップのお誘いです。

 

 

ろくろ舎様WS1

 

企画名 mingei+○「うるしのうつわでたべること」

 

・内容 

日本の伝統産業や工芸を次世代に伝えるために、民藝の思想を用いてミレニアル世代以降に向けたワークショップやイベントの企画を行なっています。民藝とは、民藝品そのもののことを指すのではなく、時代の流れに逆らって自分の価値観でモノを見つめた「思想」だと捉えています。誰かの「いいね」に価値基準を預けず、自分でいいと思ったものをいいと言えること、子どもの頃に伝統産業や工芸品に触れることによって、将来大人になった時に購入の選択肢の一つとなることを目的に活動をしています。

 

このワークショップでは、漆器の産地福井県鯖江市から木地職人の方をお呼びし、器ができるまでのお話を聞き、職人さんが作った器でお味噌汁を召し上がっていただきます。

 

漆の器特有の口当たりの良さをぜひ体験してみませんか?

 

 

お申し込みはmingei.to@gmail.com

お名前、メールアドレス、参加人数をご記入の上メールをお送りください。

 

 

・日時 7月7日(土) 10:00-12:00

 

・場所 アトリエ円卓 

(京都市バス 千本中立売下車3分)

浄福寺通中立売上る東西俵屋町159-4

twitter  

facebook  

 

・参加費 ひとり3500円

 

 

 

目や舌から、色々な刺激をうける体験になるのではないでしょうか?

ぜひご参加ください。

<147148149150151>