映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年7月6日  ニュース

「PFFアワード2018」に卒制2作品が入選!!

先日「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」のコンペティション部門「PFFアワード2018」の入選作品が発表され、映画学科の2017年度卒業制作2作品が入賞しました!!

 

先ずは卒展で「学長賞」を受賞した工藤梨穂監督『オーファンズ・ブルース』です。

 

編集2.mp4_snapshot_01.54.11_[2018.07.06_17.03.22]

 

もう1本は同じく「優秀賞」を受賞した植木咲楽監督『カルチェ』です。

 

カルチェ.mp4_snapshot_01.09.25_[2018.07.06_16.48.06]

 

これら2作品は9月8日(土)から「国立映画アーカイブ」で開催される「第40回ぴあフィルムフェスティバル」で上映され、9月20日(木)に行われる表彰式にて、最終審査員らにより各賞が発表されます。

 

編集2.mp4_snapshot_00.20.43_[2018.07.06_17.01.31]

 

去年の同映画祭コンペティションではやはり映画学科卒業生の尾崎健監督『やさしいフルスイング』が入選しています。

 

また今年の「PFFアワード2018」においても、他の卒業生たちの2作品が1次通過をしていました。

 

カルチェ.mp4_snapshot_00.47.35_[2018.07.06_16.46.41]

 

これらの受賞は今年の卒制や、後に続く後輩たちの大きな励みになることと思います。

 

皆さま、今年の卒制にご期待下さい!!

関連記事

<219220221222223>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。