映画学科

イベント

  • LINEで送る

2018年7月12日  イベント

佐藤零郎監督来校‼︎

7月14日(土)より、最新作『月夜釜合戦』が出町座にて公開される、佐藤零郎監督が映画学科に来られました!

 

sato01_1

〈佐藤零郎監督〉

 

「映画と社会変革」をテーマにドキュメンタリーを学んでこられた佐藤監督ですが、『月夜釜合戦』では初めての劇映画に挑戦されました。

 

sato04

〈トークの聞き手は、映画学科教授の北小路隆志先生でした〉

 

『月夜釜合戦』は、大阪・釜ヶ崎を舞台に繰り広げられる人情喜劇です。

前作のドキュメンタリー『長居青春酔夢歌』同様、「撮影する対象を愛そう」とする力強い監督の意思が感じられます。

 

sato05

 

今ではほどんどなくなった16mmフィルムで撮影され、映写機を持ち込み自分たちで上映も行っておられます。

社会に、人間に、生活に「関わっていこう」とする監督の姿勢に、学生たちも真摯なまなざしで聞き入りました。

 

sato03

 

秋には東京での上映も決定している『月夜釜合戦』、ぜひご覧になってください!

 

・・・・・・・・・

 

『月夜釜合戦』公式サイト

 Twitter:@tukikamadoro

 

・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

<34567>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。