キャラクターデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2018年8月3日  イベント

株式会社コトさんへ見学に行きました!

こんにちは。キャラクターデザイン学科の村上です。

 

ゲームの神様である故・横井軍平氏が設立した株式会社コトさんから、新商品に触れてみませんかとお誘いを受け、

お言葉に甘えてゲームゼミの学生を引率して会社を訪問しました。

株式会社コトHPhttp://www.koto.co.jp/

 

ゲームだけではなく「遊び」そのものの中にある学びやゲーミフィケーションを研究し、最先端技術の研究や普遍的な「面白い」の組み合わせから、教育や医療などフィールドを拡張して、人生を面白くするために日々奮闘しています。

1

故・横井軍平氏が任天堂時代に開発してきた製品がズラリ。「ゲーム&ウォッチ」や「ゲームボーイ」なら学生でも知っている人が多いですが、さすがに「ウルトラマシン」とか「ラブテスター」に触れたことがあるのは恐らく40代以上でしょうか。僕は個人的に大興奮でした。

 

せっかくなのでその他の新商品も紹介させていただきます。

2

これは、スマホやタブレットに直接スタンプを押すことができる「Digishot®(デジショット)」。

電子チケットの読み取りの他、知育玩具としても活用できる認証技術です。

「あ」と「り」のスタンプを画面に置くとそこからCGの蟻が飛び出して画面内を走り回ったりと、何気ない事柄にもインタラクティブな要素が入るとこんなに楽しくなるということを実感しました。

 

3

スマホの画像がホログラムとして浮かび上がる「AirWitch(エアウィッチ)」。

ちょっとこの写真だと分かりにくいですが、ガラス面に立体のキャラクターが浮かび上がり、しかもその空中のキャラクターに触れるとちゃんとリアクションをしてくれるのです。

 

4

糊を使わないペーパークラフトの「PIPEROID®(パイプロイド)」。

年間10万個を売り上げる大ヒット商品です。やはりアナログの手触りに勝るものはありません。

 

5

パイプロイドの制作工程を見学させていただきました。

案内役は本学情報デザイン学科卒業生で現在このパイプロイド事業部で働く板倉さん。

 

6

特別に新商品となるSTAR WARS仕様のパイプロイドをプレゼントしていただきました。

 

7

「遊び」とは何か、「面白い」とは何か、「アイデア」とは何か、「人」とは何か。

会議室でピザをいただきつつ、かつてない濃厚なディスカッションをさせていただきました。

バックトゥザ・フューチャーのドクみたいな大人が集まって「面白い」を追及し、全ての大人を子供に変えてしまう、そんな夢のある楽しい会社でした。

 

コトの皆さま、お忙しい中お時間をいただき、ありがとうございました!

 

関連記事

<5556575859>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。