映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年9月21日  ニュース

工藤梨穂監督『オーファンズ・ブルース』が「PFFアワード2018」グランプリ受賞!!

2017年度卒制作品の工藤梨穂監督『オーファンズ・ブルース』が、第40回「ぴあフィルムフェスティバル」コンペティション=「PFFアワード2018」でグランプリを受賞しました!!

 

ポストカード カナ英語10種類_180207_0001

 

昨日「国立映画アーカイブ」で行われた表彰式では、最終審査員である俳優の生田斗真さんに絶賛のお言葉をいただきました。

 

ポストカード カナ英語10種類_180207_0005

 

同作品はグランプリと共に、最新の技術や新たな表現方法にチャレンジしている作品に対して贈られる「ひかりTV賞」も受賞しました。

 

ポストカード カナ英語10種類_180207_0002

 

グランプリ受賞に伴い、明日9月22日(土)に「国立映画アーカイブ」で再上映されますのぜひご覧下さい!!

 

ポストカード カナ英語10種類_180207_0004

 

なお同作品は「なら国際映画祭2018」においても、やはり明日と明後日に上映されますのでこちらもよろしくお願いします。

 

IMG_5548

 

工藤監督の次回作を期待するとともに、スタッフ、キャストの皆さんの今後の活躍がとても楽しみです。

皆さまもどうぞご期待下さい!!

 

b6fdb03cf2f1c5ae68adb197ec007eec

 

映画学科の後輩たちもこれを励みに卒制やゼミ作品に挑んでくれると思いますので、重ねてご期待下さい!!

よろしくお願いします。

 

orphans パネル2

 

工藤組の皆さん、本当におめでとうございました!!

 

関連記事

<389390391392393>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。