映画学科

イベント

  • LINEで送る

2018年9月15日  イベント

【大瓜生山祭】で学生作品展「セカイ館」開催!!

本日より開催されます本学の学園祭「大瓜生山祭」で、映画学科は学生作品展「セカイ館」を「映像ホール」にて開催します!!

 

06

 

「セカイ館」では、現3回生たちが去年の短編ゼミで制作した8本の作品を上映しますのでぜひお越しください。

 

場所は「人間館」地下の「映像ホール」です。

 

スケジュールは以下をご覧下さい。

 

08

 

【Aプログラム】

大橋直樹監督『信天翁』

大橋直樹監督『picnic』

 

【Bプログラム】

大塚菜々穂監督『うみ』

村瀬大智監督『忘れてくけど』

 

【Cプログラム】

矢部凛監督『夏の終わりに想うこと』

北岡芳樹監督『夏の終わりに想うこと』

 

【Dプログラム】

徳永芙音・田井由美子監督『VIVA KYOTO』

中田侑杏監督『京』

 

来期卒制を制作する現3回生たちの、どれも瑞々しい作品ですのでぜひご覧下さい。

よろしくお願いします!!

 

09

 

「大瓜生山祭」、「秋のオープンキャンパス」など全体のスケジュール等はコチラをご覧下さい。

 

 

 

関連記事

<34567>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。