映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年12月23日  ニュース

2018年度卒制合評!!

2018年度卒制合評が12月22日(土)、23日(日)にAスタジオで行われました。

 

IMG_1675

 

今年の映像作品は、

『サッド・ファズ』(岡本組)

『ブルースター』(行徳組)

『リベンジ!』(河谷組)

の3作品でした。

 

IMG_2046

 

脚本は、

奥尾よもぎさん『愛飢えを』

北中敬さん『ふたこぶらくだ 』

高田悠介さん『Dad』

林香奈さん『外野は黙ってろ』

の4本でした。

 

IMG_2171

 

論文などその他の執筆系は、

新目健太郎さん『インターンシップの大きな役割』

岡崎沙彩香さん『『ニンゲン御破算』における「二つの世界」について』

黒住知花さん『山田風太郎『魔界転生』からみる伝奇小説のアダプテーションとメディアミックス化現象』

島田亜実さん『君は暖かい匂いがした』

鈴木貴之さん『スタントとは離れ技である』

森下万智さん『劇場用映画企画書』

延岡圭悟さん『卒業単位レポート』

の7本でした。

 

IMG_2117

 

講評は映画学科専任教員の他に、

椎井友紀子先生(プロデューサー)

栢野直樹先生(撮影監督)

港岳彦先生(脚本家)

中山隆匡先生(録音)

吉田憲義先生(録音)

の方々をお招きしました。

 

IMG_1822

 

先生方の講評だけではなく、学生からの意見、質問等も行われました。

 

IMG_2227

 

そして今年もBスタジオに中継し、下回生も参加しました。

 

IMG_1770

 

今年は厳しい講評が多かったと思いますが、卒展に向けてそれぞれブラッシュアップをして行って下さい!!

 

この卒制の経験を、それぞれの卒業後の仕事に活かしてくれることを願っています!!

 

IMG_2342

関連記事

<137138139140141>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。