映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年2月1日  ニュース

鈴木卓爾監督『嵐電』情報公開!!

鈴木卓爾監督『嵐電』の情報が公開されました!!

 

本作は映画学科の学生とプロとの協働プロジェクト「北白川派」の第6弾です。

 

05                             

                  (c)Migrant Birds / OMURO / Kyoto University of Art and Design

 

京都市街を走る路面電車、京福電鉄嵐山線(通称らんでん)を舞台に、交錯する三つの恋愛を幻想的に描いた映画『嵐電』の劇場公開が決定!!

同時に第一弾予告編が完成しました!

 

2019年初夏、テアトル新宿、京都シネマほか全国順次公開

井浦新主演『嵐電』(らんでん)

 

 

映画『嵐電』公式サイトも公開されました。

 

続々と情報が流れることと思いますのでご期待下さい!!

 

top

 

鎌倉からやってきたノンフィクション作家の平岡衛星(井浦新)は、嵐電の走る線路のそばに部屋を借り、嵐電にまつわる不思議な話を集める取材を開始する。そこには、衛星と彼の妻・斗麻子(安部聡子)が、かつて嵐電の街で経験した出来事を呼び覚ます目的があった。修学旅行で青森からやって来た女子学生・北門南天(窪瀬環)は、嵐電の駅で、電車をスーパー8で撮影する地元の少年・子午線(石田健太)と出会い夢中になる。

太秦撮影所の近くのカフェで働く小倉嘉子(大西礼芳)は、撮影所にランチを届けた折、東京から来たそれほど有名ではない俳優・吉田譜雨(金井浩人)に京都弁の指導をすることになり、台詞の読み合わせを行うが…。

 

監督は映画『ゲゲゲの女房』『ゾンからのメッセージ』などを手掛け、俳優としても活躍する鈴木卓爾。京都造形芸術大学映画学科准教授でもある。少し不思議な人間外世界を意識した世界観の中に、ささやかな人々のドラマを描き、フィクションの地平を拡張し続ける作風に定評がある。主演には第一線で活躍を続ける井浦新(『ワンダフルライフ』 『止められるか、俺たちを』、夏公開予定『こはく』)を迎え、心を揺さぶる恋愛映画が完成した。

 

2019年/日本/114分/監督:鈴木卓爾/音楽:あがた森魚/出演:井浦新、大西礼芳、安部聡子、金井浩人

製作:ミグラントバーズ、オムロ、京都造形芸術大学/制作協力:北白川派

特別協力:京福電気鉄道株式会社、東映京都撮影所、右京じかん/後援:京都市

配給・宣伝:ミグラントバーズ/配給・宣伝協力:マジックアワー

関連記事

<112113114115116>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。