映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年3月27日  ニュース

三野龍一さん初監督作品『老人ファーム』が4月13日より劇場公開!!

三野龍一さん(1期生)の初監督作品『老人ファーム』が、4月13日(土)より東京「ユーロスペース」で公開されます!!

 

D2lKgJdU4AAIkge

 

『老人ファーム』

 

監督=三野龍一 / 脚本=三野和比古 / 撮影=金山翔太郎 / 音楽=ペイズリィ8

 

出演=半田周平、麻生瑛子、村上隆文、合田基樹、山田明奈、堤満美、亀岡園子、白幡真逸、エルダーキャッツ

 

640

 

【期間】 4月13日(土)~26日(金)

 

【場所】 東京「ユーロスペース」

 

詳細は『老人ファーム』及び「ユーロスペース」をご覧下さい。

 

641

 

母親の病気をきっかけに、田舎にある実家に帰ってきた主人公・和彦。彼は職を変え老人ホームで介護士として働き始める。

職場では老人の介護をして、家では母親の愚痴を聞く。何もかも真面目にやっているはずなのに、なぜか心が満たされない。

そんなある日、老人ホームに入居しているアイコと出会う。気の強いアイコに影響を受け、和彦は仕事で老人に尽くすことで、生きている実感を掴もうとしていく。

しかし突然、アイコが施設からいなくなってしまう。何故アイコは姿を消したのか…。
アイコとの心の繋がりを信じていた和彦は、理解ができないままアイコを探し始める。そこで見つけたアイコの姿とは…。

 

監督、脚本をともに長編初作品となる三野兄弟が手がけ、兄の三野龍一が監督を、弟の三野和比古が脚本をそれぞれ担当した。

「カナザワ映画祭」で観客賞受賞、「さぬき映画祭」で招待作品に選出された。

 

 

映画学科卒業生の三野龍一さん(1期生)の初監督作品『老人ファーム』をぜひご覧下さい!!

関連記事

<8788899091>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。