舞台芸術学科

2014年11月

  • LINEで送る

2014年11月26日  学生紹介

卒制ブログ11/25より「△最高の観客△」

o0800060013140011488

器 今回のブログは
ダンサー坂下美波がお送りします!
.
今日は舞台芸術の卒業制作について考えてみたいと思います
.
先週 流刑芝居による卒業制作
「エフェメラわが愛」が無事幕を閉じました!
.
また一つ 卒業制作が終わり 舞台五期生がそれぞれの時間を歩みつつあるように思います
.
お互い学生である私達は
舞台を〈演者と観客〉の立場を行き来しながらの視点で見てきました。
卒業制作を終えた人もいれば、これから本番を迎える人もいます。
 本番という境界線の中で私達は動いている
.
ここがある意味、他の学科とは違う
舞台芸術のみそでもあるのかなと感じています

o0800060013140010398

器 ダンス作品『Cardinal Line』も
本番まで後二週間となりました!
.
これまでの7ヶ月間
三歩進んで二歩下がるというように、
沢山の壁にぶち当たり、自分がどこにいるのか分からなくなるような事も多々ありました。
.
ですが、演出家と六人のダンサー
それぞれがこれまでの稽古を始め、今までに見せていなかった新しい道を見つけてます!
それは、学生事ではありますが四年間を共にしてきた身体だからこその悩みでもありました。
.
.
ですが最近は、今までの時間すべて無駄でなかったと、実感するようになりました。
 .
 塵も積もれば山となる 
.
後は本番までどれだけ大きな山になるか
可能性を探し続けてもがきます!!
.
.
   赤い炎ではなく青色炎を!!!
     by 演出家有華 名言集より

o0800112213140009604

器 《Cardinal Line》
  12/11.12 19:00~
  12/13 14:00~
.
 studio21にてお待ちしております★
.         
当たり前にある身体を当たり前じゃない舞台で!

 

ソースはこちら

公演情報はこちら

卒業制作CMはこちら

  • LINEで送る

2014年11月25日  学生紹介

卒制ブログ11/24より「流刑芝居 第十二弾!」

終幕から一夜開けて
昨日の公演をもって私ども流刑芝居の卒業制作公演「エフェメラ・わが愛その後のコックサッカーブルース恐怖の政治劇二幕」は終幕いたしました。
長かったようで短かったようで、でもよくよく考えてみると前半の記憶があんまりなかったり、昨日の飲み会の記憶もあんまりなかったり、思いだそうとすると辛かった記憶が走馬灯のように蘇って、それがなんだか心地よかったりする嵐のような半年間でございました。
両日とも200名近い数のお客様に御来場いただき、こんな嬉しいことはないと流刑芝居一同感無量でございます。本当にありがとうございました!!感謝感激雨霰!わっー!!

1416832200789

さて、ここからは少し落ち着いて、私なりに舞台について書かせていただこうかと思います。
舞台って一体何のためにあるのでしょう。
この情報社会で娯楽のありふれている現代に舞台という文化はどのようにして存在しているのでしょう。
作品をただ上演したいのであれば映画をとればいいし、物語をえがきたいのであれば小説をかけばいい。
こんなに回りくどく、コストパフォーマンスの悪いものをなんで我々はやってるんだろう。
この疑問は、私と座長である石井歩とがこの流刑芝居を立ち上げたときに最初にもった疑問であり

、今も尚追い求めている問題であります。
それについて明確な答があるわけではありませんが、なんとなく言葉にするならば、

舞台とは社会を写し出す鏡だからなのではないかと思うのです。

社会の一部分を切り取りそれを写し出すことができるからこそ、舞台には価値があり、

現代まで続いてきたのではないかと思うのです。
そこには思想は勿論、文化、政治、宗教等を内封し、

その中で生きている登場人物はその時代を本当に生きるていると言えるのではないでしょうか。

それ故に、舞台とは膨大な歴史書であり、学問なのだと思います。

そんな一面を少しでも本公演で出せていたら嬉しく思います。

1416832217193

長々と失礼いたしました。
最後になりましたが御来場いただきました皆様、この企画に関わって下さった皆様、

本当にありがとうございました。
皆様のお陰で公演まで漕ぎ着けられたと思っております。
特に後輩の面々には色々迷惑を掛けました。

特に私は演出助手のみずほには感謝してもしきれないくらいだと思っています。本当にありがとう。

 

1416832250997

1416832268241

1416832362109

1416832377914

1416832390596

 

色々ありましたが本当に楽しい半年間でした。こんな感じ締めくくりに入っとりますが、

流刑芝居はこれで解散するわけではありません。

むしろ、私は次回作の執筆を今日開始したりしております。
そして五期生の卒業公演もまだまだ折り返し地点。
来月には佐藤有華率いる器の公演が控えております。
楽しみだな~
ではでは。

1416832411808

1416832429290

IMG_7650977050469

流刑芝居  演出 山本善之

 

 

ソースはこちら

卒業制作CMはこちら

  • LINEで送る

2014年11月21日  学生紹介

卒業制作公演『エフェメラわが愛』明日から本番です!!

流刑芝居、役者の榊原です!
今日はゲネでした!

明日 22日(土)からの本番に

不安と楽しみとが入り混じってなんだかよくわからない精神状況です(´>ω<`)

明日からの本番に向けて今までやってきました。
書き始めたらもう書ききれないくらいいろいろありました。

今思うと、長いようで短くて、あっという間だった気がします。

そんな私達が出る卒業公演が明日からです。

4年間の集大成を見せられるように。
座組一同、頑張っていこうと思います!

1416567701864
写真はゲネ終わりのみんな!

いい顔してます!

明日からも頑張ります!

 

公演情報はこちら

卒業制作CMはこちら

  • LINEで送る

2014年11月19日  学生紹介

卒制ブログ11/17より「Revo鴨川ランニング」

こんにちは。Revo代表の田村です。
先週更新していなくて申し訳ないです(-_-)

先週の水曜日は入試のため学校は立ち入り禁止でした。学校で稽古が出来ないため、レボ一同は体力作りに鴨川でランニングをしました。

実は毎回この時期になると定期的にランニングを行います!距離は約5キロほど。出町柳駅の近くから四条大橋付近までの往復コースです。

しかし!今回はとても異例でした(゚Д゚)
なんと近くの草原で4つばのクローバーを見つけた人から走り出すというルールです!(今思えば何故そうなったか分かりません)

加藤なつみが一番最初に幸せを見つけて走りました!
続いて近藤ちひろも見つけて走りました!

男性陣頑張れ!!!!

image

なかなか苦戦して、私、田村こういちろうも、何とか四つ葉を見つけ走りました!!
そこまではテンポ良かったですが、残りのメンバーは(石井あゆむ、室田けいすけ、長峯たくや、黒田けんた)そのあと一時間経過しても見つけられなかったそうです~_~;
見つけた三人は既に往復コースを終えて帰って来ていました。残りのメンバーが走り出すまでに、加藤、田村、近藤は更に四つ葉を二本目ゲット。(笑)

ようやく室田が見つけて、走りました!感極まって泣き出しそうでした笑
そのあと石井あゆむが驚きの六つ葉のクローバーを見つけました!!!
メンバー全員驚愕!!
幸せを取りすぎですね笑
最後に一年生男子、黒田と長峯は幸せをおすそ分けしてもらって走りました。しかしそのあと黒田が悔しくて必死に探して、何とか自分で見つけました!大喜び(´∀`)

最後に全員で記念撮影

image-1image-2
全員幸せを見つけました。
鴨川ランニング~4つ葉のクローバー編。最後までお読み頂きありがとうございます。次回は普通に走ります。笑

えー
肝心な作品の方は、色々アイディア出したり、見つめ直してみたりと、
上手くいかないことも多々ありますが、順調に進んでおります。
どんな作品になるか検討もつかないですが、今は【自然と人工、それをつなぐ身体の可能性】について探っています。もっと詳しく書きたいですが、それは想像を壊すことになるので、Revoの舞台空間で感じ取って頂きたいです。どうぞ来年1月の舞台、見に来て下さい。お楽しみに。

さぁ明日から卒制演劇ユニット
流刑芝居の小屋入りダァーーー!!!
うちのメンバーの石井あゆむ、室田けいすけが出演します!楽しみですね(´∀`) そちらも是非お越しください。

田村興一郎

 

ソースはこちら

卒業制作CMはこちら

  • LINEで送る

2014年11月17日  学生紹介

卒制ブログ11/16より「流刑芝居 第十一弾!」

今回は、細見がお送りします!

電車通いなのですが、最近クリスマスツリーを大変よく目にします。
もうすぐクリスマスか…と少し寂しく思います。

よい殿方を見つけて、クリスマスくらいは温かい夜空を見上げたいものです。
そして、流刑芝居は本番まで一週間を切りました。来週の今頃は本番も終わって、きっと打ち上げ終わりでみんなぐったりしてるんだろうなぁと思います。
いいお酒が飲みたいです。
そりゃあもう、是非とも。

今日は稽古場での最後の通しだったのですが、まだまだ改善しなきゃいけないところが多く残っていました。
でも、半年前のような稚拙なダメだしはもうありません。
役者さん全員が、全員の役の見所を作り、探し、お客様に魅せられるよう努力しております。
ここまで褒めると、少し気持ち悪いですね。

あ、そうだ。私たち流刑芝居はみんな、とにかくよくお菓子を食べます。
稽古場ではいつもみたらし団子に、チョコレート、クッキーを誰かがもってます。
物語はとっても難しくってお客様の中にも疲れちゃう人がいらっしゃるかも……
しかし、休憩がありますから、休憩中には春秋座前のカフェでチョコレートなどを食べて、しっかり腰や背中を伸ばして2幕をご覧になってくださいね。

o0720038513131349500

ソースはこちら

公演情報はこちら

卒業制作CMはこちら

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。