舞台芸術学科

学生紹介

  • LINEで送る

2014年11月17日  学生紹介

卒制ブログ11/16より「流刑芝居 第十一弾!」

今回は、細見がお送りします!

電車通いなのですが、最近クリスマスツリーを大変よく目にします。
もうすぐクリスマスか…と少し寂しく思います。

よい殿方を見つけて、クリスマスくらいは温かい夜空を見上げたいものです。
そして、流刑芝居は本番まで一週間を切りました。来週の今頃は本番も終わって、きっと打ち上げ終わりでみんなぐったりしてるんだろうなぁと思います。
いいお酒が飲みたいです。
そりゃあもう、是非とも。

今日は稽古場での最後の通しだったのですが、まだまだ改善しなきゃいけないところが多く残っていました。
でも、半年前のような稚拙なダメだしはもうありません。
役者さん全員が、全員の役の見所を作り、探し、お客様に魅せられるよう努力しております。
ここまで褒めると、少し気持ち悪いですね。

あ、そうだ。私たち流刑芝居はみんな、とにかくよくお菓子を食べます。
稽古場ではいつもみたらし団子に、チョコレート、クッキーを誰かがもってます。
物語はとっても難しくってお客様の中にも疲れちゃう人がいらっしゃるかも……
しかし、休憩がありますから、休憩中には春秋座前のカフェでチョコレートなどを食べて、しっかり腰や背中を伸ばして2幕をご覧になってくださいね。

o0720038513131349500

ソースはこちら

公演情報はこちら

卒業制作CMはこちら

関連記事

<206207208209210>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。