映画学科

2016年8月

  • LINEで送る

2016年8月31日  授業風景

1回生「プロフェッショナル研究基礎」授業終了

1回生全員履修の授業「プロフェッショナル研究基礎」(村山尚嗣先生、北林渚先生担当)が8月25日から30日の6日間行なわれました。

 

IMG_7329 のコピー

 

これは1回生の前期に行なわれた「映画基礎Ⅸ」での撮影風景の写真を「フォトショップ」でデザインし「アーカイブ」にアップすると言う授業内容で、近い将来の個々のポートフォリオ作成を目的としています。

 

IMG_8434 のコピー

 

授業の最終日には高原校舎のAスタジオや瓜生山の各所で写真撮影をし、それらをデザイン、合成加工をしたりしました。

 

最初は始めて使うソフトに戸惑いがちでしたが、色調整、切り取り、合成などが出来るようになるとみんな集中してパソコンに向かっていました。

 

kiso9

 

数年後にはそれぞれがゼミや自主制作作品での写真素材を用いてポートフォリオを作成すると思います。

それらを見るのが今から楽しみです。

  • LINEで送る

2016年8月29日  ニュース

伊藤高志先生の『三人の女』が「あいちトリエンナーレ2016」で上映されます

去年まで映画学科教授としてご指導いただき、今年度「九州産業大学」芸術表現学科に移られました伊藤高志先生の実験映画『三人の女』が明日から「あいちトリエンナーレ2016」において上映されます。

 

01

 

この作品は去年映画学科において製作されたもので、今年の1月に「春秋座」で公開され、3面スクリーンのインスタレーションとしても話題を呼びました。

 

出演しているのは俳優コース4回生の石倉直実田中志朋宝来麻耶の3人です。

 

日時、場所等の詳細は「あいちトリエンナーレ2016」のHPをご覧下さい。

 

takashi_ito_showing_324 のコピー

 

機会のある方はぜひご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2016年8月23日  ニュース

土居志央梨さんが井上泰治監督『すもも』に出演

映画学科俳優コースの卒業生の土居志央梨さん(5期生・FATHER’S CORPORATION所属)が井上泰治監督『すもも』にヒロイン役で出演しています。

 

IMG_7216

 

この作品『すもも』は以前映画学科で時代劇ゼミを担当されていた井上泰治監督の新作で、東映京都太秦撮影所を拠点に現在も撮影中です。

 

井上泰治監督作品『すもも』の詳細はHPをご覧下さい。

 

IMG_7198 のコピー

 

撮影を担当されているのは現在も映画学科で撮影・照明領域を担当されている倉田修二先生です。同じく豊浦律子先生も参加されています。

 

そしてこの作品には映画学科製作コースの現3回生5人がインターンとして参加していて、炎天下での撮影に走り回っています。

 

加えて製作コースの卒業生の後藤理乃さん(5期生)がカメラのフォーカスマンを務めています。

 

IMG_7221

 

未だ撮影は残っていますが、どうぞ劇場公開を楽しみにお待ち下さい。

 

  • LINEで送る

2016年8月21日  ニュース

北林渚さんのPR動画が公開されました

卒業生の北林渚さん(3期生)が監督したPR動画「第39回八尾河内音頭まつり」(八尾市観光協会)が関西圏の映画館でのシネアド・プレアドで公開されています。

(シネアド=場内が暗くなり、上映直前に流れるCM、プレアド=入場の時間帯、幕間に流れるCM)

 

04

 

北林渚さんは監督作品『カメレオンキャンデー』が大阪府八尾市で開催された「やお80映画祭2016」の「やお映画部門」でグランプリを受賞しています。

 

今回の作品では映画学科俳優コースの川口果恋さん(7期生)が出演しています。

 

03

 

この動画はYoutubeのサイトでご覧いただけます。

 

尚、京都造形芸術大学副学長の本間正人先生のコメントがありますので引用させていただきます。

 

ー映画学科の卒業生、北林渚監督が「やお河内音頭まつり!」(9/11、日曜日)が制作したPR動画が、今、映画館のシネアド・プレアドで流されてます。今年の3月に開催された「やお80映画祭」で、「やお映画部門グランプリ」をとった北林さん。今回は30秒で、誰もが踊り出したくなる雰囲気を醸し出しています!芸大と行政がコラボすると、様々な可能性が広がることを痛感する今日この頃です。ー

 

 

 

  • LINEで送る

2016年8月20日  ニュース

本日より鈴木卓爾監督『ジョギング渡り鳥』が「京都みなみ会館」で上映

本日より「京都みなみ会館」において映画学科准教授であり俳優でもある鈴木卓爾監督の『ジョギング渡り鳥』が公開されます。

 

02

 

初日の今夜は20時55分より上映されますが、その後鈴木卓爾監督と出演者の舞台挨拶の後、京都造形芸術大学映画学科の作品がオールナイトで上映されます。

 

渡り鳥卓爾と京都ゼミの落とし穴ナイト!」と題されたこの催しは、プロデュースユニット「HOLE」の4度目の企画です。

 

詳しい内容等はこちらをご覧下さい。

 

03

 

「京都みなみ会館」での上映は9月2日まで続きます。

その間、8月26日(金)は映画学科長の青山真治監督と、27日(金)は映画批評家であり映画学科准教授の北小路隆志さんと鈴木卓爾監督とのトークショーがあります。

 

詳細は「京都みなみ会館」HP

及び「HOLE」Twitterをご覧下さい。

 

皆さま、是非とも劇場にお越し下さい。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。