日本芸能史 前期全講座 休講のお知らせ

4月 03日, 2020年
カテゴリー : 過去の情報(~2016.3) 

新型コロナウイルス感染症の拡散防止のため、2020年度公開連続講座「日本芸能史」前期・全講座を休講といたします。
楽しみにしてくださった皆様には心よりお詫び申し上げます。
すでに前期申込み済みの方には、改めて郵送にて払い戻し方法のお手続きについてご連絡いたします。
何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
なお、2020年度後期は予定通り開催予定です。
今年度前期に予定していた内容は、2021年度前期の開催を目指し現在調整しております。

地点『罪と罰』ご来場の皆様へ

3月 19日, 2020年
カテゴリー : お知らせ, 過去の情報(~2016.3) 

地点『罪と罰』京都公演(3月20日〜22日 会場:京都芸術劇場春秋座)は予定通り開催いたします。ただし、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、下記の通り、いくつか通常の公演とは異なる点がございますので、事前にお知らせするとともに、ご来場のお客様にはご理解とご協力をお願いいたします。

合わせて3月12日付「地点主催『罪と罰』公演について」もご確認ください。


◎万一に備え、連絡票にお名前・ご住所・ご連絡先電話番号・メールアドレス等のご記入をお願いしています。劇場入口の手前に用紙をご用意いたしますので、記入の上、回収箱に入れてください。
お手数をおかけしますが、ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。また、通常より入場までに時間がかかりますので、お早めのご来場をおすすめいたします。

◎チケットはスタッフ立会いのもと、お客様ご自身でもぎっていただき、専用の回収箱に入れていただくかたちとなります。

◎パンフレット、チラシ束の手渡しは行いません。入口の長机に設置しますので、ご自身でお取りください。

◎当日はマスク・ハンカチをご持参ください。

◎会場には各所にアルコール消毒液を設置いたします。また、共用部分の消毒を行います。

◎本公演は全席指定席の上演ですが、空いているお席へ移動していただいて構いません(S席とA席の区別があります。エリア内での移動をお願いします)。移動可能なお席には印を付しております。また、当日の配席状況の概要がわかるように致します。可能な限り間隔をおいてお座りいただくようお願いいたします。

◎会場は京都造形芸術大学の敷地内にございます。大学は現在、入構規制が行われており、開場時は入口を瓜生館に限らせていただきます。下記の案内図もご参照ください。終演後は、なるべく分散してお帰りいただけるよう配慮いたします。

皆様のご来場をお待ちしております。

2020年3月19日
京都芸術劇場/京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター

3/20(金)-22(日)『罪と罰』京都公演 公演実施・払い戻し対応について

3月 13日, 2020年
カテゴリー : お知らせ, 過去の情報(~2016.3) 

来たる3月20日〜22日に予定しております地点主催『罪と罰』京都公演は予定どおり開催する方向で準備を進めておりますが、コロナウィルス感染症の状況も考慮し、ご希望の方には主催者より払い戻しに対応いたします。
下記、主催者「地点」の告知内容をご確認ください。


3月12日付けのニュースでもお伝えしました通り、3月20日〜22日の公演は実施いたしますが、コロナウィルス感染症の状況も考慮し、ご希望の方には払い戻しに対応いたします。
チケットをご購入いただいプレイガイドによって方法が異なりますので、下記をご確認ください。なお、払い戻し期間を過ぎたチケットは無効となりますので、ご注意ください。

① 地点、京都芸術劇場チケットセンターでご購入のお客さま

こちらの払い戻し申し込み用フォームに、必要事項をご記入ください。
【払い戻し受付期間】
2020年3月13日(金)~25日(水)
https://forms.gle/F7gT2FE1kVDdbCnp7
※払い戻しは3月26日(木)以降、3月31日(火)までに行います。
※京都芸術劇場チケットセンターでご購入いただきましたお客様へ
提供頂いたお客様の情報は京都芸術劇場チケットセンターとの購入確認照会に使用いたします。他の目的では使用しません。

② ローソンチケット、演劇最強論-ingでご購入のお客様

チケットの引取り方法によって、払い戻しの手続きが異なります。お客様の引取り方法をご確認の上、該当の払い戻し方法をご確認ください。
【払い戻し期間】
2020年3月17日(火)10:00~25日(水)23:59まで
https://faq.l-tike.com/faq/0136/
※ローソンチケットウェブサイトでの本公演払い戻しに関する告知は3月17日に掲載されます。

③ チケットぴあでご購入のお客様

チケットの引取り方法によって、払い戻しの手続きが異なります。お客様の引取り方法をご確認の上、該当の払い戻し方法をご確認ください。
【払い戻し期間】
2020年3月15日(日)〜25日(水)まで
※営業時間は店舗により異なります。
※チケットぴあウェブサイトでの本公演払い戻しに関する告知は3月15日に掲載されます。
http://t.pia.jp/guide/refund.jsp


地点

チケットセンター臨時休業のお知らせ

1月 29日, 2020年
カテゴリー : 過去の情報(~2016.3) 

【チケットセンター臨時休業のお知らせ】

まことに勝手ながら、1月29日、30日は大学入試に伴い、チケットセンターの窓口業務をお休みさせていただきます。
お電話でのお問合せもお受け出来かねますのでご了承ください なおインターネットでのお申込みは通常通り受け付けております。

京都芸術劇場チケットセンター臨時休業のお知らせ

11月 06日, 2019年
カテゴリー : 過去の情報(~2016.3) 

大学入試に伴いまして、下記の日程は終日窓口営業をお休みさせていただきます。
お電話でのお問合せもお受けできかねますので、ご了承ください。
2019年11月13日(水)・14日(木)
尚、インターネットでのお申込は通常通り受け付けております。
お客様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

インターネットでのお申込みはこちら

 

 

 

消費税率アップに伴う手数料改定のお知らせ

9月 27日, 2019年
カテゴリー : 過去の情報(~2016.3) 

平素より京都芸術劇場をご利用いただき、誠にありがとうございます。
消費税率の変更に伴い、チケットご購入時における各種手数料の改定につきましてご案内いたします。

2019年10月1日以降、セブンイレブンでのチケットお引き取り時に発生する各種手数料を下記の通り変更させていただきます。

【支払手数料】
増税前⇒162円/予約(税込)
増税後⇒165円/予約(税込)

【発券手数料】
増税前⇒108円/ 枚(税込)
増税後⇒110円/ 枚(税込)

また、上記改定の為のシステムメンテナンスにより、下記の時間帯はオンラインチケットストアをご利用いただけません。

2019年9月30日(月)18:00~2019年10月1日(火)0:00

ご不便をお掛けいたしますが、何卒御理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

ゴールデンウイークにおける、チケットセンター営業日のお知らせ

4月 24日, 2019年
カテゴリー : 過去の情報(~2016.3) 

GWの期間中、チケットセンター窓口は4/29、30を臨時営業日いたします。
5/1~6の期間は全て休業日となり、この間はお電話でのお問い合わせもお受け出来かねます。
なおオンラインチケットストアは年中無休・24時間受付けておりますので、どうぞご利用下さい。

オンラインチケットストアはこちらから

京都芸術劇場チケットセンター

「Gettii」携帯(ガラケー)サイト終了のお知らせ(終了日時5/15)

4月 15日, 2019年
カテゴリー : 過去の情報(~2016.3) 

この度、京都芸術劇場チケットセンターでは
フィーチャーフォン(ガラケー)サイトによるチケット販売を
終了させていただくことになりました。

<終了日時:2019年5月15日(水)午前 1:00>

フィーチャーフォン(ガラケー)サイトが終了しても、
会員情報や購入履歴は削除されず、PCサイトより引き続きご覧いただけます。

フィーチャーフォン(ガラケー)ご愛用のお客様には大変ご不便を
お掛けいたしますが、今後はスマートフォン・タブレット・パソコンの
いずれかより、PCサイトをご利用くださいようお願い申し上げます。

京都芸術劇場チケットセンター

8/7 チケットセンターお盆休業のお知らせ

8月 07日, 2018年
カテゴリー : 過去の情報(~2016.3) 

お盆期間中、チケットセンターはお休みを頂戴いたします。

まことに勝手ながら、2018年8月12日(日)~19日(日)の期間中はチケットセンターの営業をお休みさせていただきます。
何卒ご了承下さいませ。なおオンラインチケットストアは24時間受付けておりますので、どうぞご利用下さい。

オンラインチケットストアはこちら

6/1 不思議の国のアリス ダンサープロフィールをご紹介

6月 01日, 2018年
カテゴリー : 過去の情報(~2016.3) 

キッズプログラム2018『不思議の国のアリス』

 □

 

【出演者プロフィール】

 森山開次(ダンサー・振付家)

moriyama

ダンサー・振付家。1973年神奈川県生まれ。21歳よりダンスを始める。2001年エディンバラフェスティバルにて「今年最も才能あるダンサーの一人」と評された後、自ら演出振付出演するダンス作品の発表を開始。07年ヴェネチアビエンナーレ招聘。12年発表『曼荼羅の宇宙』にて芸術選奨文部科学大臣新人賞ほか三賞受賞。代表作に『KATANA』『LIVE BONE』『サーカス』、テレビ『からだであそぼ』など。09年「世界手洗いダンス」(日本ユニセフ協会)振付を機に、乳幼児にむけた手洗い普及活動に取り組むほか、能楽師とのコラボレーション、ベルリン・フィル×AI搭載ピアノとの競演、福祉施設での映像製作プロジェクト、映画・広告出演などジャンルを横断した活動は多岐にわたる。KAAT神奈川芸術劇場では白井晃演出「Lost Memory Theatre」「夢の劇」振付・出演に続き、本公演が初演出作品。19年オペラ初演出を予定、ダンサー・演出家の両面で今後の活躍が注目される。http://kaijimoriyama.com
【受賞歴】
2012年「曼荼羅の宇宙」(新国立劇場)の功績により、3賞受賞
2013年 社団法人現代舞踊協会「江口隆哉賞」
2013年 平成24年度(第63回)芸術選奨文部科学大臣新人賞(舞踊部門)
2013年 松山バレエ団 第23回顕彰「芸術奨励賞」

 

 

辻本知彦(つじもとともひこ/ダンサー・振付家)
tujimoto
1977年生まれ。Noism04初期メンバー。2007年シルク・ドゥ・ソレイユに日本人男性ダンサーとして初めて起用される。2011-2014年シルク・ドゥ・ソレイユ『Michael Jackson Theimmortal WorldTour』485公演27カ国に出演。【出演/振付】ローラン・プティ振付『ピンク・フロイド・バレエ』、プレミアム・ダンス・ガラ白河直子とデュオ作品『透き通った夢』、森山未來との共同作品『素晴らしい偶然をあつめて』【振付】東宝ミュージカル『RENT』、冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』、第67回NHK紅白歌合戦郷ひろみ『言えないよ』土屋太鳳、第68回NHK紅白歌合戦 平井堅『ノンフィクション』ダンサー大前光市【ダンス指導/振付】Sia『Alive』日本版MusicVideo土屋太鳳、MONDOGROSSO『春はトワに目覚める』Vocal UA、Dancer菅原小春、米津玄師『LOSER』MusicVideo他多数。振付師としても活躍中。満島ひかり、吉岡里帆、須田亜香里(SKE48)、YUKI、高良健吾、中島裕翔、など多数。

 

島地 保武 (しまじ やすたけ/ダンサー・振付家)
simaji
1978年生まれ。2004~06年Noism、2006~15年ザ・フォー サイス・カンパニー(フランクフルト)に所属しメインパートを踊る。 2013年に酒井はなとのユニットAltneuを結成。2014年に 「NHKバレエの饗宴」に Altneuで出演。資生堂第七次椿会メ ンバーになりパフォーマンスに加えインスタレーション作品を展示。近 年の作品には2015年Noism2『かさねのいろめ』、2016年愛知 県芸術劇場制作での環ROYと共作共演の『ありか』、2017年ア レッシオ・シルベストリンと共作共演『短い影』、谷桃子バレエ団の 『Sequenza』、2018年Noism2『私を泣かせてください』鳥取県 文化振興財団制作『夢の破片』がある。アーツ前橋「アートの秘 密」展にインスタレーション作品『正午』と『震える影を床に落とす』 を出品。

下司 尚実 (しもつかさ なおみ/振付家・演出家・ダンサー。自由形ユニット「泥棒対策ライト」主宰)
simotukasa
個性を活かしたぬくもりのある時間創りを得意とする。 振付・演出助手・出演での参加作品に、小野寺修二『空白に落 ちた男』、NODA・MAP『エッグ』、『逆鱗』、野田秀樹演出オペラ 『フィガロの結婚』、近藤良平『山羊ボー走』、康本雅子『絶交わ る子、ポンッ』ほか多数。 彩の国さいたま芸術劇場日本昔ばなしダンス『いっすんぼうし』では 演出を手がけた。ダンス、芝居などジャンルを問わず幅広く活動し ている。

引間 文佳 (ひきま あやか/ダンサー)
hikima
幼少より新体操を始める。09年日本代表に選出。第25回ユニ バーシアード選手権準優勝。日本を始め国内外の大会にて成 績を収める。森山開次演出『サーカス』に出演。白井晃、近藤 良平、フィリップ・ドゥクフレ、インバル・ピント &アブシャロム・ポラック 等国内外で活躍する様々な演出・振付家の作品に出演。また、 ひびのこづえ(衣装)、川瀬浩介(音楽)とのライブダンスパフォーマ ンス『Humanoid LADY』を奥能登国際芸術祭2017で発表、 現在各地にて展開中。近年では芝居にも積極的に取り組んで いる。国文学研究資料館のないじぇる芸術共創ラボに参加。主 な出演作品:『サーカス』(森山開次演出)、『夢の劇』(白井晃 演出)、『わたしは真悟』(フィリップ・ドゥクフレ演出)、『羅生門』(イ ンバル・ピント&アブシャロム・ポラック演出)他。

 

 

まりあ (女優)
maria
2000年生まれ。アメリカ人の父と日本人の母を持つ。2016年 高校入学を機に上京、本格的に活動をはじめる。 本作のアリス役にはオーディションで抜擢された。本作品が初舞 台。

次ページへ »