文芸表現学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年5月31日  ニュース

『さきょうと』が京都新聞に掲載されました!

 
村松・仲村ゼミで制作したフリペーパー『さきょうと』が、
京都新聞に掲載されました!

今週6/2(土)に開催する刊行イベントについて触れていただき、『さきょうと』の魅力も詳しく載せていただいています。

6/2(土)に開催する刊行イベントについて触れていただき、『さきょうと』の魅力も詳しく載せていただいています。


刊行イベントはいよいよ明後日6/2(土)です!
ゼミ生たちは皆さんに楽しんでいただけるようにと、
一生懸命に準備をしていますので、どうぞご期待ください!
 
皆様のお越しを心より、お待ち申し上げます。
 
 
P.S.
今日もJ:COMの番組デイリーニュース京都で、
『さきょうと』刊行イベントの告知映像が流れますので、そちらもご覧ください。
 
J:com「デイリーニュース京都」
5/28(月)~6/1(金)の
生放送 ● 18:30~18:47
再放送 ● ①21:30~21:47/②23:00~23:17
デイリーニュース京都BLOG ● https://ameblo.jp/miyabijyon1996/entry-12379511948.html
 
 
 
ポスターS
【イベント概要】
『さきょうと』刊行イベント
日時 ● 6月2日(土) 10:00−16:00
会場 ● THE SITE 4 階(京都市左京区田中東春菜町30‐3)
地図 ● Google MAP
入場 ● 無料
配布 ●『さきょうと』(会場限定特典付き)
 
トークショー ● 14:00−15:00
スピーカー:加藤円・工藤瑞妃(京都造形芸術大学 文芸表現学科 4 年)
      李海嬪(韓国芸術総合学校 4 年)
ゲスト:間奈美子(空中線書局・「ポエジウム」主宰・文芸表現学科非常勤講師)
司会:村松美賀子(京都造形芸術大学准教授)
 
物販・展示 ● 10:00-16:00
物販:恵文社セレクトの書籍
展示:『さきょうと』アナザーストーリー
 
お問い合わせ先 ●
mail:zemimuramatsu@gmail.com
Tel:075-791-8039(京都造形芸術大学 文芸表現学科)
Twitter:@m_n_ze3(村松ゼミ)
 
『左京大博覧会』詳細 ● http://www.city.kyoto.lg.jp/sakyo/page/0000122294.html
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

  • LINEで送る

2018年5月11日  ニュース

NHKサラメシに取材されました!

 
NHKの人気番組「サラメシ」をご存知ですか?
 
「ランチをのぞけば 人生が見えてくる 働く大人の昼ご飯」をコンセプトとした番組で、
サラリーマンのお昼ごはんから、さまざま働く人たちのお昼ごはんが紹介されています。
http://www4.nhk.or.jp/salameshi/
 
その「サラメシ」の方々が、文芸表現学科に来られました!
取材対象となったのは、今年から文芸表現学科でインタヴューの授業を教える大迫知信さんです。
 

授業の打ち合わせの様子

授業の打ち合わせの様子


180510_03
180510_04
 
大迫さんは、いちど大学を卒業したあと、ある企業に就職して働いていたのですが、
文筆を仕事にしたいと思いたち、2011年に文芸表現学科に入学してきました。
卒業後は、フリーのライターとして活躍し、さまざまな雑誌や単行本を執筆しています。
 
仕事を辞めて、京都造形芸術大学に入学した頃から、大阪でおばあさんと一緒に暮しているという話を聞いていました。
研究室でもときどき、そのおばあさんが握ってくれた〈おにぎり〉を食べていて、
いつ見ても、メニューがかわらず〈おにぎり〉であったことを印象的に覚えています。
今回、サラメシで取材されることになったのも、その〈おにぎり〉なんだそうです。かれこれ、おばあのおにぎりを5,000個は食べているというのだから凄いと思います。
 
出典:おばあめし(https://obaameshi.com/onigiri/)

出典:おばあめし(https://obaameshi.com/onigiri/)


授業も撮影していただきました

授業も撮影していただきました


サラメシの放映日が決まったら、またtwitter(#kuadbungei)などでお知らせします。
これまで顔出しNGだった大迫さんのおばあさんも登場されるそうです!
 
ディレクターの方が「ここ最近でいちばん濃いキャラクターでした!」とおっしゃっていたので、放映が楽しみです。
大迫さんは、「おばあめし」というブログを更新しているのですが、おばあさんと孫の2人暮らしとは思えぬボリュームもさることながら、「揚げずにからあげ」を使って揚げたからあげが登場するなど、とっても面白くてオススメです。ぜひあわせてご覧ください。
 
おばあめし https://obaameshi.com/
 
 
(スタッフ・竹内)
 
 
 
 
 

  • LINEで送る

2018年4月27日  ニュース

蔦屋書店とコラボします!

 
日曜日は、今年はじめてのオープンキャンパスです!
文芸表現学科ブースでは、教員相談コーナーのほか、
上終歌会による短歌ワークショップを随時開催します!
 
tanka
 
また、京都岡崎 蔦屋書店に協力いただき、
4月に刊行された藤田祥平くん(2013年度卒)の『電遊奇譚』と、
『手を伸ばせ、そしてコマンドを入力しろ』も販売することになりました!
 
books
そのほか、三浦あやかさん(2014年度卒)も編集している『SAVVY』最新号とバックナンバー、
西岡拓哉くん共著の『禁書封印譚 ブラインド・ミトスRPG』も販売しますので、
みなさまぜひお立ち寄りください!
 
 
春のオープンキャンパス
2018年4月29日(日)
10:00〜16:00
京都造形芸術大学キャンパスにて
 
 
お待ちしています!
 
spring
 
 
(スタッフ・竹内)
 
 
 
 
 

  • LINEで送る

2018年4月18日  ニュース

【出版情報】『僕がロボットをつくる理由』発売中!

 
卒業生の活躍がつづいていますが、
3月20日に刊行された、石黒浩著『僕がロボットをつくる理由』に、
ライターの大迫知信くんが〈編集協力〉として関わらせていただきました。
 
robot_01
 
石黒浩さんといえば、ロボット研究の第一人者ですし、
ご自身そっくりのロボットや、マツコデラックスのロボットをつくっている方としてご存知の方も多いと思います。
大迫くんがどのように関わったかは、本著を読んでもらえばすぐに分かるのではないかなと思います。
 
robot_02
roboto_03
 
出版元の世界思想社は、京都にある出版社です。
赤本などで有名ですが、創業70周年をむかえ、「教養みらい選書」シリーズを発行されました。
そのシリーズ1号が、この『僕がロボットをつくる理由』です。
若い人のためのシリーズのようですので、ぜひ高校生・大学生の皆さんおススメします!
 
教養みらい選書001
『僕がロボットをつくる理由』
石黒浩著
世界思想社
1300円(税別)
 
 
(スタッフ・竹内)
 
 
 
 
 

  • LINEで送る

2018年4月16日  ニュース

『禁書封印譚 ブラインド・ミトスRPG』も発売中!

 
ひきつづき、卒業生の活躍をお知らせします!
GroupSNEに所属する西岡拓哉くんの、『禁書封印譚 ブラインド・ミトスRPG』(共著)も絶賛発売中です。
 

ブラインド・ミトスRPG

ブラインド・ミトスRPG


『禁書封印譚 ブラインド・ミトスRPG』
著者:北沢慶・西岡拓哉/グループSNE
原案:安田均
イラスト:小宮国春
1,728円
2017年12月20日発売
発行:株式会社KADOKAWA
 
また、西岡くんは雑誌『GAME MASTERY MAGAZINE』の編集者としても活躍中です。
最新号も送ってもらったので、興味のある人は学科研究室でご覧ください。
『ブラインド・ミトスRPG』の紹介記事が掲載されています!
 
gm
最近は、ゲーム・シナリオライターになりたいという学生も多くなっています。
さまざまな〈書く〉仕事で、卒業生が活躍してくれて、嬉しいかぎりです!
 
 
 
 
 
(スタッフ・竹内)

1 2 3 16

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。