文芸表現学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年7月4日  ニュース

中木屋アリサ(4年生)初個展 @誠光社 のお知らせ

This-is-YOUR-body

先日、学生優秀賞を受賞した4年生の中木屋アリサさんが、

7/16(火)から、河原町丸太町にある書店「誠光社」さんにて、

初個展『This is YOUR body』を開催します。

 

 

中木屋さんは、これまでに詩や短歌を表現手法とされてきましたが、今回の個展に向けて、初めて小説を書き上げたとのこと。

テーマも、女子が女性へと成長する力強さから、「新たな世界へ飛び立つ女性」へとジェンダーについて一歩、踏み込んだ内容となっているそうです。

 

 

 

 

IMG_2538

情報デザイン学科の山上裕輝さんとの共作『薄明の頃』。

初出展の小説『bear』以外にも、「XS BOOKFAIR」をきっかけに制作され、

TOKYO ART BOOK FAIR : Ginza Edition へも出展し完売となった、『薄明の頃』の販売もされるようです。

 

 

個展の開催期間は7月16日(火)〜31日(水)まで。

(初日は祇園祭の前祭宵山もしていますね)

 

ぜひ、彼女の「ジェンダー」への問いかけに、心を傾けにきてみてください。

ご来場、お待ちしております◎

 

 

 

 

 

 

This-is-YOUR-body

中木屋アリサ作品展

『This is YOUR body』

 

 

開催期間 ○ 2019.07.16(火) – 07.30(水)

時間 ○ 10:00〜20:00(最終日は18:00まで)

場所 ○ 誠光社

     〒602-0871京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町437

詳細 ○ https://www.seikosha-books.com/event/4718

 

 

 

ーーーー

 

「女だから」「男だから」。

 

現代社会には、過去に築き上げられた「男女のあるべき姿」が存在し続けています。

それは、私たちが気づかないうちに心の中に根を下ろし、無意識のうちに次の世代、そのまた次の世代と引き継がれていきます。昔から存在しているものが今も残っていることは、不思議なことではありません。

 

でも、少し周りに目を向けてみてください。 携帯電話はスマートフォンとなり、テレビはますます高画質に。介護や医療の現場では、ロボットや人工知能が導入されています。 ではなぜ、私たちの思考は昔のままなのでしょう。 ものが進化しているのに、私たちがもつ社会通念はとどまったままです。 もっと柔軟に考え、寛容になってもいいのではのではないでしょうか。 「知識は理解を生み、理解は寛容さを生む」 これは恩師の言葉です。 自分の理解を超えた人と出会ったとき、拒絶し、その人を否定するのではなく、 一つの個性として認め合える社会を願って。

 

今回の誠光社での初個展では、新たな世界へ飛び出す女性をテーマにテキストを制作いたしました。展示では、社会の変化に対して少しでも能動的になってもらえるような工夫を凝らしています。会場にて、ジェンダーについて関心を持っていただけたら幸いです。

 

ーーーー誠光社イベントページより引用

 

 

 

  • 中木屋アリサ

    1998年生まれ、京都在住。詩や短歌などの創作活動を続け、昨年秋に行われたXS BOOK FAIRにてデザイナーと共に歌集『薄明の頃』を制作。その後、銀座ソニーパークで開催されたTOKYO ART BOOK FAIR : Ginza Editionに出展し、完売。

    今回の展示に合わせて制作された『bear』が初の小説となる。

 

 

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年6月27日  ニュース

2019年度 学生優秀賞授賞式が行われました!

 

 

6/21(金)にギャルリ・オーブにて、2019年度の学生優秀賞授賞式が執り行われました!

 

学生優秀賞とは、3年次までの成績や研究・活動実績等で秀でた4年次生に贈られる賞で、

今年は全学科から49名の学生が選抜されました◎

 

 

IMG_0383

 

そのうち文芸表現学科からは、

 

河窪真優子(かわくぼ・まゆこ)さん

中木屋有咲(なかきや・ありさ)さん

増田風喜クロード(ますだ・ふうき・クロード)くん

 

以上、3名の学生が受賞しました! おめでとう〜!!

 

 

 

IMG_0288

IMG_0407

ゼミ担当の辻井先生と、「文章を通じて伝えること」を日々考え、学業と創作活動に真摯に向き合ってきた河窪真優子さん。

 

 

IMG_0282

IMG_0452

ゼミ担当の村松先生と、7/16(火)から、京都の書店・誠光社さんにて「一歩を踏み出す女性」をテーマにした展示が控える中木屋さん。

 

 

IMG_0287

IMG_0413

ゼミ担当の学科長・河田先生、相手の気持ちや考えに寄り剃ったインタビューと取材を心がけ、ノンフィクションライティングに取り組んできた増田風喜クロードくん。

 

 

 

授賞式では、副学長の丹羽先生から受賞者へ賞状が送られました。

 

 

IMG_0313

河窪真優子さん


IMG_0325

中木屋有咲さん


IMG_0332

増田風喜クロードくん


副学長・丹羽先生からの祝辞の様子。

丹羽先生からは、

「受賞したことを大いに喜び、大いに活用し、今後の活動への糧にして欲しい」と、受賞者の皆さんへエールが送られました。また、支えてくれた周囲の人たちへの感謝も忘れずに、とも。

 

 

授業だけでなく、学内外での活動や研究・制作に3年間、真摯に向き合ってきた3人。

今後の益々の活躍も期待しております!

本当におめでとう!

 

 

IMG_0397

 

 

なお、授賞式の会場となったギャルリオーブ入り口では、

6/30(日)まで、学生優秀賞受賞者の活動がまとめられたパネルが展示されおりますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

IMG_0373

受賞した学生のパネルを観賞する、辻井先生と村松先生。IMG_0270

 

 

「学生優秀賞パネル展示」

期間 ○ 2019.06.30 (日)まで

受賞者一覧 ○ https://uryu-tsushin.kyoto-art.ac.jp/detail/527(瓜生通信より)

 

 

 

−−−−−−−−−−

 

 

7/7(日)の体験授業型オープンキャンパスでは、

気持ちや心情、考えを表現する「エッセイ」のワークショップを行います!

 

嬉しいことがあった日も、悲しいことがあった日も、

なんにもなかったなと思う日も、言葉にしていくことで新たな発見があります。

 

みなさんは、みなさんの日常を言葉でどう切り取りますか?

 

ぜひ、7/7(日)のワークショップ「エッセイを書こう」で実験してみてください。

みなさんのご参加をお待ちしております◎

 

 

 

15 6月1日体験

京造を体験『1日体験オープンキャンパス』

日時:7/7(日) 10:00-16:30(受付は09:30〜)

体験授業:「エッセイを書こう」
開講時間:午前の部・10:20-12:00
     午後の部・13:30-15:10

授業担当:辻井南青紀 先生
詳細・お申し込み:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-09_07-07/

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年6月6日  ニュース

【卒業生の活躍】井村拓哉さんの連作短歌が、朝日新聞に掲載されました!

 

 

3月に第1回笹井宏之賞・文月悠光賞を受賞した

2016年度卒業生の井村拓哉さんの連作短歌8首「感覚器官」が、

朝日新聞の<あるきだす言葉たち>に掲載されました!

 

デジタル版の有料記事でもお読みいただけますので、ぜひご覧くださいー!

 

 

〈あるきだす言葉たち〉「感覚器官」/井村拓哉(京都造形芸術大学・文芸表現学科2016年度卒業生)

https://www.asahi.com/articles/DA3S14044711.html

 

 

  (スタッフ・大賀)   

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年5月22日  ニュース

【文芸出身】御厨亮さんが春秋座で上演される舞台に出演します!

春秋座1
クリエイティブ・ライティングコース出身の「御厨亮」さんが、
春秋座で上演される「『4』上演の可能性を巡る劇場実験」に出演されます◎
 
 
今回の公演は、2020年に上演を予定されている、
戯曲『4』の演出実験として公開される舞台です。
モノローグ形式で語られる戯曲を、
ライブカメラを用いて演出されるそうなのですが、
一体どんな舞台になるのでしょうか。
 
ぜひ、皆さんの目でお確かめください。
 
 
 
春秋座
「『4』上演の可能性を巡る劇場実験」
日時 ○ 2019.06.16(日)15:00(16:00終了予定)
会場 ○ 京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)
料金 ○ 無料(要事前予約)
解説・演出 ○ 川村毅
劇場実験参加俳優 ○ 金子仁司(kondaba)、木之瀬雅貴、坂川慶成、御厨亮
映像ディレクション・オペレート ○ 小西小多郎
詳細・お申し込みフォーム ○ http://k-pac.org/?p=7292
申し込み(電話) ○ 075-791-8240(京都芸術劇場チケットセンター・平日10-17時)
 
 
−−−−−−
 
 
また、6/28(金)-30(日)には、
神戸アートビレッジセンターKAVCホールでの舞台に出演するそうです。
こちらもぜひ、ご覧になってみてください。
 
 
神戸神戸2

THE ROB CARLTON Banquet hall『STING OPERATION』
日時 ○ 2019.06.28(金)-30(日) 全4公演
会場 ○ 神戸アートビレッジセンター
料金 ○ 無料(要事前予約)
作・演出 ○ 村角太洋
出演 ○ ・THE ROB CARLTON
    (村角ダイチ/満腹満/ボブ・マーサム)

    ・高阪勝之(男肉 du Soleil/kitt)
    ・伊勢村圭太
    ・大石英史
    ・御厨亮
詳細・お申し込み ○ https://www.kavc.or.jp/events/4373/
 
 
−−−−−−−−−−−−
 
文芸表現学科では、小説の創作以外にも、
脚本・戯曲といった多様なジャンルの創作を学ぶことができます。
 
そうした授業では、物語の構造や名作と呼ばれる作品を学ぶ機会に溢れており、
物語への知識や理解が深まっていきます。
 
その結果、今では御厨さんのように、
物語の一部である役者として活躍している文芸出身者や在校生も出てきており、
物語を「観る・読む」機会を多く得ることで、創作以外の現場でも文芸での学びが活かされています。
 
 
 
15 6月1日体験
6/9(日)に開催する授業体験型オープンキャンパスでは、
「ショート・ショートを書こう」と題して、
短い小説(=物語)を執筆してもらうワークショップを行います。
 
舞台・映画・書籍にかかわらず、「物語の創作」に興味のある方は、
ぜひご参加ください◎
 
各回、定員がありますので。お申し込みはお早めに◎
皆様のご参加、心よりお待ちしております!
 
 
 
京造を体験『1日体験オープンキャンパス』

日時:6/9(日),7/7(日) 10:00-16:30(受付は09:30〜)
開講時間:午前の部・10:20-12:00
     午後の部・13:30-15:10
詳細・お申し込み:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-09_07-07/
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 

  • LINEで送る

2019年4月26日  ニュース

BUNGEI WORKBOOK完成! オープンキャンパス来場者に進呈します。

新装版・BUNGEI WORKBOOK

新装版・BUNGEI WORKBOOK


いよいよ明日より、2019年度春のオープンキャンパスが始まります!!
 
みなさんをお迎えすべく、学生たちとブースの設営を頑張っております。
また、楽しくワークをこなしながら文芸表現学科での学びがわかる『BUNGEI WORKBOOK』も到着しました!
こちら新装版です◎
 
文芸表現学科・教員相談コーナーに来てくださった方に1人1冊プレゼントします◎
 
ぜひ、お立ち寄りください〜!!
 
 
−−−−−−−−−−−−−−
 
2019ocsp
 
『2019年度 京都造形芸術大学 春のオープンキャンパス』
日時:2019.04.27(土)-28(日) 10:00-16:00
受付:09:40から
文芸ワークショップ:「コピーライター体験 -自分のコトバで缶バッジをつくろう」
 
 
 
「今回は参加が難しい…」という方は、今後のオープンキャンパスでお待ちしております◎
2019年度OCスケジュール:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

1 2 3 20

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。