キャラクターデザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2020年9月14日  ニュース

「ゲーム制作特殊演習」の前期授業が終了しました。

2

 

キャラクターデザイン学科ゲーム領域担当の村上です。

 

「あんさんぶるスターズ!」や「メルクストーリア」で有名な京都のゲーム開発会社Happy Elements(株)さんとの合同授業である「ゲーム制作特殊演習」の前期授業が終了しました。

 

最終課題は、架空のゲームプロットを元に、そこに登場する主人公とヒロインのキャラクターデザインをするというものでした。

プロットとしては「現代の京都を舞台に、小野篁の子孫と小野小町の子孫が夜な夜な町へ繰り出して妖怪退治をする」というスマホ向けゲームを想定したものになります。

 

出来上がった作品について、Happy Elementsさんのアートディレクターから一人ひとりに対して講評をしていただいたので、いくつか紹介したいと思います。

 

 

 

まず一つ目は、ゲームゼミ所属の2年生で中国の留学生である顧芸夢(コ・ゲイム)さんの作品。ゲームゼミで名前もゲイムって何だかスゴくないですか?ま、別にいいですけど。

 

1

 

キャラクターをしっかり立たせようと、背景イメージやエフェクトを加えることでキャラクターの内面表現と絵の迫力を出そうと工夫しており、配色や構図もとても美しく仕上がっています。

 

ただ、主人公にしては衣装が無地なので、もう少し柄を入れるなどして「ゲームの看板」として際立つようにした方が良いということ、そしてキャラクターが背景に引っ張られすぎている点が指摘されました。また、今後はグラフィックデザイン面を強化した方が良いというアドバイスもいただきました。

 

同じ題材でも描き手が変わるとまったく異なるキャラクターが生まれるので、バリエーションの異なる3人の作品を紹介します。

 

 

 

こちらはプロデュースゼミ所属の2年生、中垣穂佳さんの作品。

 

2

 

補色を用いた配色のバランスがとても良く、ソーシャルゲームの主人公キャラクターとしてしっかりと立っています。主人公の方は現代劇と和風ファンタジーの要素がぶつかり合ってしまい、調和に欠けている点が少々残念。ただ、ヒロインのアホ毛然り、主人公の装飾品然り、シルエットが際立っている点はとても良いです。

 

ゲームキャラクターをデザインするときは、真っ黒に塗りつぶしてもそのシルエットだけでしっかりとキャラクターが判別できるくらい特徴をつける必要があるのです。

 

 

 

そして3人目はイラストレーションゼミ所属の2年生田中美玲さんの作品。

 

3

 

頭身や重心のバランス、シルエット、配色のいずれもとても綺麗にまとまっていますが、主人公については民族調の衣装デザインと現代風の要素がぶつかってしまっているので、もう少し調和を考えた方が良いとの指摘がありました。ヒロインは、カメラを首からぶら下げるのは普通すぎて面白くないので、独特なデザインのポシェットのような形で身に付けるなど、もうひと工夫あっても良いのではないかという指摘をいただきました。

 

 

というわけで、前期は架空のプロットをもとにコンセプトアートとキャラクターデザインの二つの課題を行ないました。

 

後期からは、ゲーム画面を想定したUIデザインの制作と、コンセプトアート、キャラクターデザイン、ゲーム画面といった一連の成果物をより魅力的に見せるための設定資料用冊子を作成していきます。

 

より一層課題の難易度も上がり、同時に求められるクォリティも上がってきています。この冬はとてもアツくなりそうな気配です(笑)

 

 

Happy Elements公式サイト

https://www.happyelements.co.jp/

 

6

資料請求

  • LINEで送る

2020年9月9日  ニュース

「デッサン撮影術」

 

みなさんこんにちは!キャラクターデザイン学科、専任講師の山岡聡です!

 

IMG_0399

本日も夏期集中授業として就職活動を視野に入れた三年生のポートフォリオ研究の授業が行われました。

 

ポートフォリオとは、就職活動の際に企業に提出する、これまでの集大成としてまとめた自己紹介ツールのこと。

 

そんなポートフォリオに、行きたい企業に行けるかどうかがかかっている!

 

これまでの授業では、アニメーション、イラスト、ゲーム、3DCG、音楽・プロデュース領域と各領域先生方から各業界就職活動のレクチャー。さらに就職マッチングの専門家もお招きし、各業界の現在の状況について、その傾向と対策などについても質疑応答していただきました!

 

目指す場所へ、みんなそれぞれ真剣です。

 

ちなみに、映像作品をどう載せるかはYouTubeなどで限定公開設定でアップしアドレスのQRをビジュアルイメージとともに掲載します。リンクにはちゃんと飛べるか自分でも確認しておきましょう。

 

さて、そのポートフォリオ研究の一環として、これまでの授業で描いたデッサンをどう美しく掲載するかという「デッサン撮影術」の指導も行われました。

 

IMG_0404

デッサンは、クリエイターとして基礎力がどの程度あるのかを明確に示すためポートフォリオに掲載します。これまでの

授業で腕を磨いたデッサンをどうきれいに掲載するのか。

 

IMG_0405

 

スマホで適当に撮ったものを載せちゃダメ!!

 

IMG_0406

 

描いた細かな線までしっかりと伝わる撮影方法、Photoshopでの画像補正の仕方など細かな点までレクチャーが行われました。

 

スクリーンショット 2020-09-08 11.43.15

 

画像補正というと携帯でも、写真や映像のいろいろな画像補正アプリを触ったことがみなさんあるかもしれません。

小顔に見えるとか目が大きく見えるとか。

しかし本来の画像補正はごまかすためのものではなく、「目で見たものをそのまましっかり伝えるため」なんです。

カメラのレンズを通して見たものを、どうありのまま見てもらうよう表現するのか、そのための技術なのです。

ありのままの姿、見せるのよ!

 

IMG_0401

 

想いをこめて描いた線が、目指す場所へ繋がるよう、みんなそれぞれポートフォリオ完成に向けて頑張っている

そんなキャラクターデザイン学科でした。

 

  • LINEで送る

2020年7月28日  ニュース

【8月2日(日)開催】第2回体験授業型オープンキャンパス、迫る!

5

 

みなさんこんにちは!

キャラクターデザイン学科研究室です。

 

 

8月2日(日)に、京都芸術大学キャラクターデザイン学科の体験授業が開催されます。

 

前回7月5日(日)に実施した体験授業はオンラインのみの対応でしたが、今回は実際に大学の教室を
使った対面形式とオンライン形式の二本立て!

 

しかも授業の内容としても、「キャラクターをつくろう」と「ゲームキャラクターをつくろう」の、
こちらも豪華二本立て!

 

よりキャラクターデザイン学科のことを深く知ってもらい、さらには受験対策としても役立つ情報が
満載!
まだ残席もありますのでぜひご参加ください!

 

▶詳細・申込はコチラ

▶▶▶前回7月5日のオンライン1日体験授業の様子はコチラ

 

↓過去の体験授業の様子

3

2

4 IMG_6225

_MG_0049

 

  • LINEで送る

2020年7月27日  ニュース

1日体験入学がZoomで開催されました!

みなさんこんにちは!

キャラクターデザイン学科副手のディアスです。

 

7月5日(日)に京都芸術大学1日体験入学が開催され、キャラクターデザイン学科へも多くの方にご参加いただきました。参加されたみなさん、ありがとうございました!

 

さて、本記事ではその様子をご紹介しつつ、最後に当日参加されたみなさんからいただいたQ&Aをまとめております。当日参加されたみなさんも、本学科に興味がある方も、要チェックです!

 

 

***********************

 

キャラクターデザイン学科は、

「1.キャラクターを作ろう」「2.ゲームキャラクターを作ろう」の2つのコース開催しました。

 

それでは、早速1コースずつ紹介していきましょう。

 

6

10

↑「1.キャラクターを作ろう」担当の太木裕子先生(グラフィック領域)

 

 

8

生活する上で必ず目にするキャラクター。

「まるっこくて可愛い」「シュッとしててかっこいい」「落ち着いた色合いでおしゃれ」

では、なぜそう感じるのか?なぜあのキャラクターはあそこにいるのか?

 

「キャラクターを作ろう」コースでは、太木先生からのレクチャーにより、ただデザインをするだけでなく、見えない中身の部分も掘り下げた本格的な「キャラクターのつくり方」を学んでいきました。

 

 

9

オンラインだからといって、ただ聴講するだけのイベントになったわけではもちろんありません!

参加された方にはしっかり手元でイラストを描いていただき、画面の向こうで課題に参加していただきました。

 

いくつかワークを繰り返し、描いたイラストをカメラに向けて見せていただくという力業で合評を行いましたが、カメラ越しでも十分すぎるほど、みなさんの一生懸命課題に取り組む姿勢とイラストへの熱量が感じられました!

 

対面で見ることができないのが悔やまれましたが、文字通り十人十色みなさんそれぞれのカラーがあり、見ていてこちらも非常に興味深かったです。

 

11

↑Zoomのギャラリービュー(参加者の画面が小窓になって並ぶ表示)で見た様子

 

本大学では前期授業を全てオンラインで行っているので、今どういった体制でオンライン授業が行われているのか、という部分も体感していただけたのではないでしょうか?

 

 

これからも、自分でモチーフを探したり、テーマを決めたりして、是非繰り返し課題に取り組んでみてください!体験授業を通じてイラストの本質に触れたみなさんなら、今回の学びを反芻させることで、より力をつけることができるはずです。

 

 

 

3

 

12

↑「2.ゲームキャラクターを作ろう」担当の村上聡先生(ゲーム領域)

 

 

5

「ゲーム」と聞くと、ゲーム機やスマホのアプリなどを連想される方が多いかもしれません。

しかし、誰もが知るじゃんけんや、アナログゲームのオセロや将棋もゲームのひとつですよね。

 

いきなりゲームキャラクターを考えるのではなく、「そもそもゲームとは?」という本質的な部分を知るところから、「ゲーム」についてじっくり学んでいきます。

 

1

「ゲームキャラクターを作ろう」コースでは、与えられたゲームの設定を元に、そこに登場するキャラクターを作っていただきました。

 

「つかむ」ではなく「しがみつく」という些細な言葉のニュアンスが、参加されたみなさんの発想、展開を分岐させるキーとなったように感じました。

 

こちらもお見せすることはできませんが、見ていたこちらも思わず「ほぉ~」と声が漏れてしまうような発想や、出題された数十分後に出てきたものとは思えないほど作りこまれたシステムがたくさん飛び出し、目を離せない合評タイムとなりました!

 

4

↑Zoomのギャラリービューで見た様子

 

見たままを描くのではなく、システムとストーリー、そしてゲームキャラクターの関係性を考えながら制作することによって、今まで知らなかった視点からゲームを見つめ、その本質に触れることができたのではないでしょうか?

 

今回誕生したゲームキャラクターは、体験授業内の課題だけに留まらせず、ひとつのゲームとして成り立つまでどんどん掘り下げていくのも、更なる大きな学びへと繋がっていくのではないかと思います。是非、挑戦してみてください!

 

 

*******************************

 

さて、ここからは序盤に触れた、当日参加されたみなさんからいただいた質問と、その回答をまとめて掲載しております。当日質問された方はもちろん、参加できなかった方にも大変参考になる内容となっております。キャラクターデザイン学科を目指す方は、要チェックですよ~~!!

 

■入試関連の質問■

Q : 総合型選抜の受験勉強ってなにをすれば良いのでしょうか…?ひたすらキャラデザをしまくっているのですが、なにかあれば教えて頂きたいです…!

Q : 次回のAO入試は同じ感じですか。

Q : 入試は何を基準に学生選別をしていますか

Q : AO入試?受けようと思っているんですが、妄想トレーニング以外にした方が良いことってありますでしょうか?

 

A:まずはデッサンやクロッキーの経験を通して「観察する」ことを習慣づけて下さい。

表現力(描画力+発想力)、コミュニケーション力、プレゼンテーション力を総合的にみて評価をしていきます。

「プレゼンテーション力」と聞くと「話術」を指すように感じてしまうかも知れませんが、難しく考えずに、自分の頭にあるイメージを目の前の人たちに「プレゼントする」と捉えてみて下さい。

ちなみにAO入試という呼び方は昨年度で終わり、今後は「体験授業型選抜」という名称となります。

 

Q : りんごから多くのイメージが連想出来る事に驚き、わかりやすい物とわかりにくい物のイメージを使い分ける事の大切さや、いかに相手に分かりやすく伝えるかが学べました。今回の体験授業で学んだ事を活かして日々の創作活動を頑張って行こうと思います。ありがとうございました。

 

A:そう!そうなんです!与えられたものをそのまま丁寧に描くのではなくて、これに関連するイメージを連鎖させて新しいものを生み出していくものです。

上記のプレゼンテーションの話と同じなのですが、相手に伝えるためにはどうすれば良いのかを考えると、描くべきものも明確になるし、プレゼンテーション自体も自信をもって楽しく行うことが出来るようになりますよ。

 

 

■キャラクターデザイン学科関連の質問■

Q : キャラクターデザイン学科では、体験授業のようなキャラクターの作り方の授業だけなのでしょうか?

 

A:今回は「キャラクターをつくろう」と「ゲームキャラクターをつくろう」の二本立てで行ないました。メディアは違うのですが、最終的にはキャラクターを作る過程で色んなものを考察して新しい価値を見出すという点は共通しています。

 

Q : 描き方ではなく作り方をメインとする授業なのでしょうか?

 

A:今回の体験授業も体験授業型選抜も共通して「考え方を学ぶ授業」となっています。

学科に入学すると、ここに「描き方」「魅せ方」「伝え方」が加わって、皆さんの作品が社会へと飛び出していきます。

 

Q : 就職率を知りたいです。

 

A:就職率は例年90%を超えています。そのうち、専門職への就職は85%以上です。卒業生の大半がそれぞれの領域でプロの現場へと巣立っています。

 

 

■その他の質問■

Q : もし、絵を描くことが嫌になってしまった場合はどう対処すればいいですか?

 

A:誰しも必ず一度はそういう時がきます。その時は一旦手を止めて全然関係ないことをしてみましょう。「必要かどうか」と考えるとスランプに陥りやすいので、「面白いかどうか」を基準に考えてみると、根本的に自分はその道に進むべきなのかどうかが見えてくると思います。

 

Q : キャラクターを考えるための訓練などがあれば教えて欲しいです!

Q : 想像力…というか発想力を鍛えるにはどうすればいいんですかね…?

 

A:色んな人と話をしたり、実際に色んな所へ行ってたくさん遊んで下さい。経験と観察によって情報が蓄積されて、その情報を組み合わせたり取捨選択する力を「発想力」とか「センス」と呼びますが、これがちゃんとできると説得力のある基盤をもったキャラクターが生まれます。

 

Q : 短い時間でおおよその設定は出来ても絵に描き出して表現するのは難しいかったですが他の方のアイディアを見るとそんなアイディアもあるのかと新しい考え方を知れてとても楽しかったです。質問なのですがアイディアが被らないようにするためにはやはり色々な事に触れてみるのが大切なのでしょうか?

 

A:上の回答と重複しますが、経験と知識が一番大事になってきます。

ただ、そもそも他人とアイデアが被っても良いんじゃないですかね。同じアイデアに見えても、よく話を聞いてみると微妙に着眼点が違っていたりして、そこで「なるほど、そうきたか!」という発見が新たな刺激になることもあります。

 

Q : 体や顔の構成に多少違和感が感じる時があるのですが、練習する場合はやっぱりデッサンになりますか?

 

A:空間認識力が身につくのでデッサンが一番良いですが、入試までの時間を考えると、1分間クロッキーを毎日数枚描くというのも良い訓練になりますよ。いずれにしても写真の模写ではなく必ず実物を見て描くように心がけて下さいね。

 

Q : キャラクターを描いている時色々な出来事で思いついたりすることってありますか?(遊んでる時とか)

 

A:ありますよ。特にゲーム会社の場合、企画会議は会議室で行うよりも会食や旅先で行わったときの方が精度の高いアイデアが出ることもあります。

 

Q : 先生方はなぜ絵を描く、絵を描く仕事をしたいと思ったのか聞きたいです!

 

A:好きだから。人を驚かせたいから。それが面白いから。

 

Q : 先生方の好きすぎるゲームやキャラは誰ですか?

 

A:急に個人的な質問が来ましたね。好きなキャラクターはディズニーのダンボです。

ゲームのキャラクターは「記号」なので、好きとか嫌いとかを考えたことはありません。

 

 

以上、Q&Aまとめでした!

 

 

*******************************

 

 

今回は初のオンライン開催となったためか、国内に留まらず、国外から参加された方も例年に増して見られたように感じました。参加されたみなさん、ありがとうございました!

 

そしてそして、今回参加できなかった方はまだ次のチャンスがあります!!

 

 

スクリーンショット 2020-07-17 13.40.47

キャラクターデザイン学科 体験授業型オープンキャンパス

 

開催日時:8月2日(日)

★今回はオンラインと対面、同時開講となります★

 

「①キャラクターを作ろう」
午前 10:30~12:00(10:00 開場)
午後 13:30~15:00(13:00 開場)

※午前と午後の内容と開催時間の長さは同じです。

 

「②ゲームキャラクターを作ろう」
午前 10:30~12:00(10:00 開場)
午後 13:30~15:00(13:00 開場)

※午前と午後の内容と開催時間の長さは同じです。

 

詳細はコチラから!

 

是非、奮ってご応募ください!

 

 

 

  • LINEで送る

2020年7月3日  ニュース

【7/5(日) オンライン開催】体験授業型オープンキャンパス、迫る!

みなさんこんにちは、キャラクターデザイン学科研究室です。

 

来る7月5日(日)、いよいよ2020年第一回目の

「キャラクターデザイン学科体験授業型オープンキャンパス」が開催されます!

 

0705,0802OC_画像

詳細は、下記大学ホームページをご確認ください。
★次回の8月2日(日)の情報も記載されています。
https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc07-05_08-02/

 

毎年恒例のこのイベントですが、今回はオンライン(Zoom)での開催となります。
Zoomのアプリとネット環境があれば、いつでもどこでも気軽に参加することが可能です!

距離に悩まされて参加できなかった方や、Zoomなら参加してみようかな?と

そのお手軽さにひかれた方も、この機会に是非ご参加ください♪
駆け込みももちろん大歓迎です!

 

「キャラクターデザイン学科 体験授業型オープンキャンパス」開催概要

 

開催日時:7月5日(日)

 

「①キャラクターを作ろう」
午前 10:30~12:00(10:00 開場)
午後 13:30~15:00(13:00 開場)

 

・「キャラクターとは何か?」という概念から「キャラクターの設定や世界を考え、

 キャラクターをうみだす」ところまを体験することができます。

 ただデザインをするだけでなく、見えない中身の部分も掘り下げ、

 本格的な「キャラクターのつくり方」を学びましょう。

※午前と午後の内容と開催時間の長さは同じです。

 

「②ゲームキャラクターを作ろう」
午前 10:30~12:00(10:00 開場)
午後 13:30~15:00(13:00 開場)

 

・与えられたゲームの設定を元に、そこに登場するキャラクターを作ります。

 見たままを描くのではなく、システムとストーリー、そして

 ゲームキャラクターの関係性を考えながら制作してみましょう。
※午前と午後の内容と開催時間の長さは同じです。

 

先生方に直接指導していただいたり、キャラクターデザイン学科の

授業を体感したりできる大チャンスです!

 

オープンキャンパス当日には、在学生も数名参加されます。
先生方からはもちろん、先輩からもリアルな学生生活について聞けちゃうかもしれませんね。

画面越しにはなってしまいますが、みなさんとZoomでお会いできる日を楽しみにしております。

 

 

キャラクターデザイン学科 研究室

1 2 3 26

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。