キャラクターデザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年7月15日  ニュース

JAPANEXPO体験記~帰って来ました!~

こんにちは!キャラクターデザイン学科3回生の井上 雅崇(西の京高等学校出身)です!

最後のブログは今回の研修旅行のチームリーダーでもありました自分が務めさせて頂きます。

 

さて、今回自分達がわざわざフランス研修に来た理由はずばりパリで毎年行われているJAPAN EXPOです!

今年はフランスと京都の友好都市160周年という記念の年でもあり、ますますの盛り上がりを見せていたように思います。

JAPAN EXPOへの参加は我がキャラクターデザイン学科としては4年目の参加でした。

 

会場全員

会場入り口での集合写真。

 

今回、学科としての出展テーマを「キャラデクリエイターズ・マルシェ」とし、

我々キャラクターデザイン学科のクリエイターを海外に発信する事を目的にJAPAN EXPOに出展しました。

「制服」をテーマとしたオリジナルキャラクターの人気投票なども行い、4日間で1000人以上の方に協力頂く事が出来ました!

 

 

投票3

キャラクター投票の様子

 

結果として、数多くの現地の方々にクリエイターズの作品を触れてもらえる機会になったと考えています。

名刺などの配布物やポストカードや缶バッチなどの販売物も当初予定していたよりも多くの人に手にとってもらえたと考えています。

そしてなんといっても我がキャラクターデザイン学科の名物と言っても過言ではない似顔絵!

昨年までは人が多すぎてお断りさせてもらう事も少なくなかったのですが、今回は価格設定を1から見直し、クォリティに見合った価格に設定しました。

 

結果としてはこちらも大盛況!前年度まで以上の売り上げを達成することが出来ました!日本で作ってフランスに持ち込んだ、

キャラデグラムも記念撮影スポットとして、たくさんの反響を頂きました!

 

キャラデグラム2 キャラデグラム1

キャラデグラムで記念撮影!

 

 

土曜日に行ったステージパフォーマンスも沢山の方々に参加してもらう事が出来ました!

パフォーマンスとして新たに、書画カメラを使って似顔絵を描いている工程の撮影を行う事によって、より興味を持って頂けたと思います。

ステージ後の動員数は2倍以上になったと感じました!

 

ステージ

ステージパフォーマンスの様子。

 

 JAPAN EXPO以外にもパリの市内研修にも足を運びましたが、いつもテレビで見ていた光景が目の前に広がっているのを見るととても感動しました

(詳しい内容は後輩達が綴ってくれているのでそちらをご覧くださいませ)

 

 73日から始まったこのフランスへの研修旅行ですが、気付いたらあっという間に1週間が過ぎ去っていました。

自分はというものの、今回が初の海外研修だったので、右も左も分からず、どこでもかしこでも辺りをきょろきょろ見渡してしまいました()

 

 この研修で沢山の事を学んで、沢山の事を体験出来たと思います。

このチームのリーダーを任されたプレッシャーも大きかったですがそれ以上に得るものも大きかったです!

 今回このようなプロジェクトに参加する機会を頂いた先生方や、それを支えてくれた家族や旧友達には、感謝してもしきれません。

本当にありがとうございました!

 以上、3回生井上がお送りしました!merci!!

  • LINEで送る

2018年7月14日  ニュース

JAPANEXPO体験記~3日目~

こんにちは!

キャラクターデザイン学科2回生の村上(大阪女学院高等学校出身)と西村(大阪市立工芸高等学校出身)です。

 

JAPAN EXPOのためフランスに滞在して3日目、私たちはJAPAN EXPO初日に会場へ。

メンバーの半分はこの日は研修旅行で美術館や古着屋さんに行きました。

初日だからか会場には適度に人がいて、大いに賑わっていました。

何より驚いたのがコスプレの自由度!キャラクターが違う作品の衣装を着るいわゆるクロスオーバーなコスプレや、フリーハグなども多く見られました!

たくさんの人がキャラクターの名前を呼ぶと手を振ってくれて、見てるだけでこちらもとても楽しかったです。

 

20180706展示

キャラクターデザイン学科ブースの様子

 

キャラクターデザイン学科のメイン会場で行っているのは、その場でうちわや色紙に描く似顔絵。

フランスでは街中でも会場でもごく普通に似顔絵を描いていますが、

キャラクターデザイン学科がするのはキャラクターデザインっぽい似顔絵、ということで平日ながらもたくさんの人が訪れてくださいました。

 

20180706似顔絵

似顔絵に来てくれたお客様と村上

 

4日目は昨日会場に行った人達で研修旅行に行きました。

私たちの班はノートルダム大聖堂やサントシャペル、ルーヴル美術館のモナリザなど有名どころはもちろん、

セヌリエ(フランスの画材屋さん)やマルシェなどのちょっと普段では行かないようなところも訪れました。

有名なところが素晴らしいのは言わずもがなですが、マルシェではハンドメイドの作品がたくさん販売されていて、

言葉が通じないにも関わらずとても優しい方ばかりでした!

 

JAPAN EXPOに限らず商品を売るという時に参考になりそうなものが沢山あり、思わぬ収穫となりました。

特に日本大好きなおじいさんの作る牛皮のブックカバーはひとつひとつの模様が手打ちらしく、

真心のこもった商品とそれを売る技術というのはとても素晴らしかったなと思います。

(日本人だからと写真もOKしていただけました!)

 

画材屋さん マルシェ手帳

画材屋さんの様子

 

何故かこの日は夕食がイタリアンでした!

(とっても美味しかったです!特にトリュフの生パスタ最高でした!!)

 

明日からはとうとう休日になり、JAPAN EXPO会場は非常に混雑が予想されています。全く未知の領域なのでどうなるか期待と不安でいっぱいです。

それでもキャラクターデザイン学科や京都、日本の良さを伝えるために精一杯頑張りたいと思います!

 

西村は話す前に寝てしまったので村上が失礼しました!

  • LINEで送る

2018年7月3日  ニュース

卒業生が【CGWORLD Entry vol.019】の表紙を飾りました

 

こんにちは。副手のコンです!

 

今年の3月に卒業したばかりの8期生今川真史くんが

なんと!雑誌「CG WORLD Entry Vol.019」の表紙を飾りました!

2018CGWORLD

雑誌の中ではインタビュー記事も掲載されています!

在学中からストイックにCGと向き合ってきた今川くんが

活躍している姿はとても頼もしいですね!

今後の活動にも目が離せません!

 

そしてそして!

学生限定の3DCG作品投稿コーナー【CG GALLERY】では

4年生の長谷川拓海くん(藤枝明誠高等学校出身)の作品「夢兜」も掲載されています!

2018CGWORLD2

4年生長谷川拓海くんの紹介ページ

 

長谷川くんは昆虫をこよなく愛し、いつもストイックに制作に取り組んでいます。

卒業制作ではどんな作品を見せてくれるのか今から楽しみですね!

 

 

78()1日体験入学では、

絶好調な在学生・卒業生のいるキャラクターデザイン学科で

CGを活用してキャラクターをつくろう」が行われます!

まだまだ募集中なのでぜひ参加してみてください!

1日体験入学お申し込みはこちらから!

  • LINEで送る

2018年6月25日  ニュース

2018年度 優秀学生賞の授賞式が行われました!

こんにちは!キャラクターデザイン学科副手のモリイワです。

6月22日(金)、本学内のギャルリ・オーブにて2018年度優秀学生賞授賞式が行われました。

_MG_1442_a

優秀学生賞とは

3年生までの創作・研究活動や課外活動において優秀な成績を残した4年生に授与される賞です。

 

今回、キャラクターデザイン学科からは

・近藤 岳くん(京都市立洛陽工業高等学校 出身)

・城島 昂暉くん(京都府立北稜高等学校 出身)

・久田 萌さん(八幡商業高等学校 出身)

・吉田 光希さん(クラーク記念国際高等学校 出身)

4名が選ばれました!

_MG_1465_a

↑左から、城島くん・吉田さん・久田さん・近藤くん

 

_MG_1444_a _MG_1446_a _MG_1448 _MG_1451

_MG_1440_a

71日までギャルリ・オーブ入口通路にて受賞学生のパネル展も行われます。こちらもぜひご覧ください!

 

_MG_1476_a _MG_1467_a

この受賞を新たな自信にし、卒業制作や自分の目標に向かって勢いよく進んでもらえればと思います。

本当におめでとうございます!

  • LINEで送る

2018年5月29日  ニュース

Vol.02 体験授業型オープンキャンパス 「ゲームキャラクターをつくろう」の巻

体験授業型オープンキャンパスの授業紹介、第一回目は「ゲームキャラクターをつくろう」です。

みなさんこんにちは。ゲーム領域を担当する村上です。

受講生の中には将来ゲーム業界で働きたいと希望する人がたくさんいます。しかし、この領域はかわいいキャラクターやカッコいいキャラクターが描ければ良いという世界ではありません。遊びの仕組みをデザインし、その遊びが面白くなるようなビジュアルを構築する必要があるのです。

Vol02_01

体験授業では、カードゲームを想定して、そのルールに従ってキャラクターをデザインし

ます。

絵が上手いか下手かではなく、グループでの話し合いを通してアイデアを出し、独自の世界観の広げ方を学ぶことがこの授業の目的となります。ここではゲームをモチーフとしていますが、実際にはキャラクター作りの基本的な考え方を学ぶ授業となるので、AO入試を受ける上での参考としてぜひ役立ててみて下さい。

 

 

さて、体験授業ではなく普段この学科で行なっているゲーム授業では、ルールを考えてオリジナルのゲームを企画するところから、知育玩具の制作、デジタルゲームの制作、更には遊びの要素で社会を解決するゲーミフィケーションの研究など幅広ジャンルで「遊び」そのものを学んでいきます。

また、ブログに連載しているように「あんさんぶるスターズ」を制作したゲーム開発会社Happy Elements様との連携授業も行なっており、ますます「人を楽しませるデザイン」「人をドキドキさせるデザイン」についての研究に熱が入ってきています。

Vol02_02

Vol02_03

ゲームのゼミで学び、将来はゲーム業界でのプランナーを目指す中井涼さん(金沢辰巳丘高等学校出身)に、普段ゲームの授業を受けて感じたことをコメントしていただきました。

 

———————————————-

こんにちは。ゲームゼミ2回生の中井涼です。

私たちは普段の授業でいろんな分野について学んでいます。キャラクターデザイン学科に入ったらキャラクターしか書けない、ゲームやアニメーションしか作れないと思っている方もいるかもしれませんがキャラクターデザイン学科は自分の将来やりたいことを色んな視点から見てどういうアプローチの仕方があるのかなど一つのことに限らずに色んなことに関して学べる学科です。私は将来、多くの人を繋げる活動をしたいと思っています。具体的にはイベントを開催したり、映像で伝えたりという感じです。

私はゲームゼミですが将来やりたいことは全然違います。しかし、今受けている授業は自分の将来に役立つ内容ばかりです。それは先生が学生たちにいろんな可能性を与えてくれる授業をしてくれるからだと私は思っています。私はこういった授業が大好きです。

一つのことを探求することや自分とは違う発想、考えを知ることそういった経験ができる授業がたくさんあります。それが将来の私たちに繋がっていきます。

 Vol02_04

———————————————-

 

中井さんは4月のオープンキャンパスのスタッフもしてくれていたので、話をした人もいるかと思います。また体験授業でもアシスタントとして参加してくれるので、ぜひ本人に色々と質問を投げかけてみてください。

今回の体験授業を通して、何か面白いと感じることや、将来のビジョンを見つけてもらうことが出来れば幸いです。ぜひ体験しに来てください!

 

1 2 3 20

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。