キャラクターデザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年12月12日  ニュース

北村龍平監督の特別講義が行われました!

11月29日(金)、「映像技法」の授業にて、映画監督である北村龍平先生の特別講義が行われました。

実写映画「ルパン三世」「あずみ」等、数々のヒット作を生み出してこられた北村監督には、
毎年キャラクターデザイン学科にお越しいただいています。
今回は司会進行に村上先生、そして映像技法の授業をご担当いただいている山岡先生と
北村監督との対談形式で講義が進められました。

 

_MG_0036

最初に北村監督のこれまでのご活躍を振り返る軌跡をプロモーションビデオを拝見。

そして「あずみ」や「ダウンレンジ」の制作の振り返りから始まり、制作者として常に大切にしておられる事を、
学生にも分かりやすい形でたくさん語っていただけました!

 

「失敗してもいい。ストーリー、キャラクターを描けと言われたら描く。」

 

「モノを作る上で、ネガティブとか覇気がないのはダメ。

ただしネガティブになるなら徹底的に。追求したら結果的に良いものができる。」

 

「僕が言うコミュニケーション能力=社交性ではない。

助けてくれる人と、がっちりモノを作れるか。人間は自分一人だけでできる事は何一つない。

僕は今まで沢山の人間に助けてもらってきたけど、なぜ助けてもらえたかというと、

周りに極めて明確に『僕はこうしたい』と伝えてきたからです。」

 

2

↑これまで積み重ねてきたご自身の経験から、熱い想いを語られる北村監督。

 

3

↑山岡先生も北村監督のお話に熱く耳を傾けられ、ポイントとなるワードをホワイトボードに書き出していきます。

 

授業後半は、監督にとっての「人間力」についてお聞きしました。

「人を巻き込む力。上辺じゃなくて本気なんだとアイデアを出し、真実性を見せること。
簡単に言うと『可愛げ』。」

 

まず「作りたい」という意思を見せ、そして「何を作りたいか」を明確に伝えることによって、

周りの人間もついてきてくれると話される監督。

学生へのメッセージとして
「皆さんも人間力を磨いてください。いつか一緒に仕事をしましょう。」
という温かいお言葉もいただけました。

 

そして授業の最後には、北村監督の新作映像の一部をいち早く発表。
映像を見た先生や学生の席からは思わず感嘆の声も漏れました。

今後のご活躍にますます期待が高まります!

 

 

4

 

「人間力」を養うことがコミュニケーションを広げ、結果的によい作品づくりに繋がる。

今回の講義は学生にとっても大きな勉強になったのではないかと思います。

北村監督、この度はご多忙の最中のご来学、本当にありがとうございました!

 

 

○●北村龍平監督 主な作品プロフィール●○

2001年、ウルトラバイオレンスアクション「VERSUS -ヴァーサス-」でデビュー。

その後

「スカイハイ 劇場版(2003年)

「あずみ(2003年)」

「ゴジラ FINAL WARS(2004年、東宝)」

「ルパン三世(2014年)」

「ダウンレンジ (2017年)」

等、数多のヒット作を手掛けている。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

  • LINEで送る

2019年11月20日  ニュース

プレ就活パーティーが行われました!

 

 

こんにちは。副手のコンです。

 

 

11/18()にキャリアイベント「内定先輩とのプレ就活パーティー」が行われました!

就職活動を終えた4年生への内定を祝いつつ、3年生は自身の就職活動に向けて先輩と交流ができるというイベントです!

 _MG_0002

 

キャラクターデザイン学科からもたくさんの3年生、4年生が参加していました!

参加した4年生は「3年生の熱意がすごくてびっくりした!」と言うほど前のめりに先輩の話を聞きにいく学生も・・・!

 

_MG_0014 _MG_0021 _MG_0017

↑先輩の話をきいている様子

_MG_0020

↑先輩のポートフォリオを熱心に見ている学生

 

 _MG_0005

 

↑キャラクターデザイン学科の4年生

 

就職活動を終えた4年生、ほんとうにおめでとうございます!

3年生は、これから始まる就職活動に向けて良い時間になったかと思います。

ぜひ頑張ってください!

  • LINEで送る

2019年9月25日  ニュース

大瓜生山祭ご来場ありがとうございました!

9/14(土)・15(日)の二日間、大瓜生山祭が行われました!

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございます!

 

今回はその最中に行われた、キャラクターデザイン学科3回生による学生作品展を写真と共に振り返ります。

 

まずはNA301教室。

アニメーションゼミ・CGゼミ・音楽プロデュースゼミ・ゲームゼミの展示が行われました。

 

dav

dav

↑アニメーションゼミのブースでは、

グループで制作中のアニメーションの予告編上映と、カットイラストの展示が行われました。本編公開が楽しみです!

 

_MG_0020.jpg_2

_MG_0007

↑こちらはCGゼミの展示の様子。

様々なCGソフトを駆使した制作の結果が表れています。

 

キャラデ学科展2019_190920_0049

_MG_0001

音楽プロデュースゼミの展示の様子。

音楽業界人へのインタビュー記事など、平成の音楽の歴史を辿る情報誌「SACHUUUS」は見応えがありました!

 

_MG_0004_MG_0012

↑ゲームゼミではデジタルゲーム・アナログゲーム、全8種類のゲームが勢揃いしました。

小さなお子さんたちにも好評で、クリアするまで諦めません。

 

 

そしてNA306教室では企画プロデュースゼミ・グラフィックゼミ・イラストゼミの展示が行われました。

 

_MG_0021 大瓜生山祭!_190920_0019

↑こちらはグラフィックゼミ

屋外広告のクリエイティブ賞「ジャパンシックスシートアワード」への応募作品と、オリジナルのピクトグラムが展示されました。

 

 

キャラデ学科展2019_190920_0011 大瓜生山祭!_190920_0011

イラストゼミの展示の様子。

ゼミでのテーマは「宇宙」。幻想的なイラストと可愛いミニキャラクター達がブースに訪れる人を出迎えました。

 

↓企画プロデュースゼミでは、

今年7月に行われたJapanExpoの京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科ブースを再現していました。

 

キャラデ学科展2019_190920_0038大瓜生山祭!_190920_0010

大瓜生山祭!_190920_0020

↑実は展示会場では、7つのゼミを巡るスタンプラリーを同時開催していました。

スタンプを集めて抽選に参加し、当たるとその場で学生が似顔絵を描いてくれるという企画です!

 

 

ただ作品を制作するだけでは終わらない学生作品展。

その後の搬入作業で苦労したり、最大限の魅力を表現するにはどうすればよいか、チームで悩んだ事もたくさんありました。

この経験は、きっと来年4回生になったときの卒業制作展への糧になることでしょう。

3回生の皆さん、各ゼミの先生方、本当にお疲れ様でした!

 

 

~番外編~

大瓜生山祭の学科対抗模擬店「フードコロシアム」にて、

キャラクターデザイン学科では「地球焼き」というメニューを販売しました!

 

_MG_0022

sdr

大瓜生山祭!_190920_0001

大瓜生山祭!_190920_0002

↑とてもリアルな地球色。インパクトある見た目ですが、味はおいしいたこ焼きです。

 

 

二日間ありがとうございました!

 

  • LINEで送る

2019年9月13日  ニュース

学生作品展が開催されます!in大瓜生山祭2019

いよいよ明日から「大瓜生山祭2019」が開催されます。

その中でキャラクターデザイン学科も、3回生による学生作品展が行われます!

学生は今日まで展示の準備に大忙しでした。

 

今年のキャラクターデザイン学科作品展のテーマは「見つける」です。

アニメーション・CG・ゲーム・グラフィック・イラストレーション・企画プロデュース・音楽プロデュース、

それぞれのゼミの中で学んだ成果を、どのような空間・テーマで表現すれば伝わるのか、

学生同士で話し合い、協力しながら展示を完成させていきました。

 

_MG_0029

dig

_MG_0020

↑チームで作品を作ってきた経験を活かし、搬入作業も役割分担

 

そして今日は学科展の前日ということで、4回生を招いての内覧会が行われました!

学科展内覧会は3回生の展示作品を4回生が見て、感想や今後の展示についてアドバイスを発信する場です。

 

_MG_0029

_MG_0009_MG_0014

作品の説明をする3回生とそれに耳を傾ける4回生。

先輩と後輩の大切なコミュニケーションの場でもあります。

 

さらには授業終了後の1回生も内覧に来てくれて、会場がより盛り上がってきました。

 

_MG_0027

_MG_0032

大瓜生山祭当日が楽しみですね!

 

[3回生の学生作品展] キャラクターデザイン学科

人間館NA301・NA306の教室でお待ちしています!

 

★☆大瓜生山祭2019の特設サイトはこちら☆★

  • LINEで送る

2019年8月1日  ニュース

卒業制作の中間合評が行われました!

7/28()・29(月)、キャラクターデザイン学科では4年生の卒業制作中間合評が行われました。

 

【アニメーション/CG/イラスト/グラフィック/プロデュース/ゲーム】

以上のゼミ一人一人によるプレゼンテーションです。

 

_MG_0067

_MG_0158

↑審査中の先生方は、冷静な視点で発表を見守ります。しばしば厳しい意見が飛び交うことも…。

 

 _MG_0212

_MG_0073

_MG_0035

↑時に個性あふれるプレゼンも登場。学生達に笑いの渦を巻き起こしました。

 

4年生達はここから更にブラッシュアップした作品を、

12月の最終合評で発表し、来年2月の卒業制作展に繋げていきます。

先生方から頂いた評価は様々ですが、嬉しい言葉も、厳しい指導も、4年間の頑張りを見てきた故の愛情によるもの。

すべての意見をしっかりと受け止め、よりよい作品に進化させてくれるといいですね!

 

1 2 3 24

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。