キャラクターデザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2020年3月4日  ニュース

医療安全のゲームをつくりました

 

京都造形芸術大学と大阪市立大学医学部付属病院との連携研究「医療安全とメディアアートの融合」も今年で3年目。

今回は「医療関係者のコミュニケーションを促進して医療事故を防ぐためのツール制作」と題したアナログゲームの制作を行いました。

 

「コミュニケーションは大事ですよ~」と言ったり警告を与えるよりも、

医療関係者の研修会等で使用できるコミュニケーションゲームを作って、楽しみながらいつのまにかチームビルディングができていく、そんな平和な解決法があっても面白いですね。

 

世の一般ピーポーがハッピーバレンタインとか何とかで浮ついている2月14日(金)、研究成果の発表会が開催され、「ゲーム制作応用」の受講生がプレゼンテーションを行ないました。

発表会に参加したのは医療安全管理部の研究者・医師・看護師約20名で、我々の制作した4つのゲームを試遊していただき、病院内で運用する上でのアドバイスをいただきました。

 

1

↑発表会のプレゼン風景

 

 

一つ目の作品は『モストリアージ』。

2

今回プレゼンで参加したのはゲームゼミ2年生の小林鈴果さん(左奥)と吉田未来さん(左手前)。

二人ともゲームゼミの活動ブログ「ゼミ通ヒーローズ」でも紹介されました。

小林鈴果 https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=109121

吉田未来 https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=107768

 

これは、架空の生物が病気になり、その解決法を皆で考えるゲームです。

トリアージとは医療の用語で、救急患者に対応する際にその緊急度合いから診察の順番を決めることを差します。

架空の生物がモチーフとなっているため、医師の専門性を取り払い、参加者の役職や立場に関係なく皆がフラットな思考で問題解決について話し合えるゲームとなっています。想像力、対話力、プレゼン力が養えるゲームです。

 

 

二つ目は『老害集会』。

3

4

担当したのはゲームゼミ2年生の辻村奈菜子さん(奥)と岩本穂ノ実さん(右)。

岩本穂ノ実 https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=106014

 

なんだかすごいタイトルですね。これは他者を認めず自分の意見を貫く行為を「老害」と定義し、誰しも老害であることを認めるゲームです。かるたの形式を用い、読み手が特定の老害を演じてそれを当てるゲームとなっています。

日頃、事あるごとに「それ老害ですやん!」と突っ込み合えれば、物事を自分中心に考えて感情的になったり人に嫌なことを言ったりせず良い職場環境が作れるのではないかという発想が元になっています。

 

 

三つ目は『いーなっつ!』。

5

 

6

担当したのはゲームゼミ2年生の菊竹茉由さん(手前右)と奥田菜陽さん(右奥)。

菊竹茉由 https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=106360

奥田菜陽 https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=106684

 

ランダムで出題される「出身地」「好きな食べ物」など、個人情報についてみんなで共有し、最終的に誰が何を言ったのかを当てるゲームです。チームメンバーの個性を理解し、自己顕示欲を満たす仕組みになっています。

激しく記憶力が試されるため、傾聴力が高まり、頭の活性化と併せてコミュニケーションを盛り上げる役割を果たします。初対面同士の自己紹介用ツールとしても有効です。

 

 

そして最後は『サイレンス・エージェント』。

7 8

担当したのはゲームゼミ2年生の鈴木うららさん(中央左の白い人)とイラストゼミ2年生の金山亜里咲さん(中央の黒い人)。

 

これは、無茶な設定を繋ぎ合わせて一つのストーリーを作り出すゲームです。

単独及び協働による発想力強化をテーマにした作品です。一回目のプレイでは互いに無言でカードを出し合い、人の考えを読みながらリレー形式でストーリーを作っていきますが、二回目のプレイでは互いに相談をしながら全員でストーリーを作っていきます。あり得ない状況をあり得る形にするための発想力とコミュニケーション力が求められるゲームになっています。

 

 

このプロジェクトでは、単にゲームを作って終わりではなく、ここから病院内での運用を検討し、その成果についても検証して後の学会等で発表されていく予定です。

 

 

 

  • LINEで送る

2020年2月10日  ニュース

京都造形芸術大学卒業展はじまりました!

こんにちは。副手の渡辺です。

 

「京都造形芸術大学卒業展 大学院修了展」が本日28()より開催となりました!

 

2月3()からの5日間に渡る怒涛の搬入の様子と、涙と笑いに包まれたキャラデ授賞式の様子をお伝えいたします!

 

搬入初日は朝から全員集合し、先生方も含めみんなで机とイスを外に運び出し、

パーテーションや展示台などを運び込みます。

パーテーションの塗りなおし、大型モニターなど展示備品を運び込みなどしていると、あっという間に時間が過ぎて行きます。

 

111111111 222222222222222 333333333333333 444444444444 55555555555513年生の学生もたくさんお手伝いに来てくれました!

 

搬入最終日の2/7()にはキャラデ授賞式が行われました。

6666666666666

3年生の加山嵩さん(兵庫県立宝塚東高等学校出身)による、オープニングムービーの上映から始まりした。

 

搬入期間中毎日撮影にきてくれていたので、雪の中の搬入なども思い返されて、こちらも感情が高まってしまいました。

さすがキャラクターデザイン学科!エンターテインメント!と大いに盛り上がったところで、ついに各受賞者の発表です。

 

77777777777777

【奨励賞】

ゲームゼミ コンプラサートヴィット ナッチャー・中西 由弥

「ぺなまじ」

8888888888888

【奨励賞】

イラストゼミ 野岸 大祐

「オリジン」

999999999999

【奨励賞】

グラフィックゼミ 海野 千尋

「TRaNS!」

101010

【奨励賞】

グラフィックゼミ 加藤 海

「平成のJK語」

Print

 

【奨励賞】

グラフィックゼミ 林 桃佳

「ILLVITA」

12

【奨励賞】

グラフィックゼミ 古谷 桃香

「縁環のリーベ」

13

【奨励賞】

ゲームゼミ 矢部 紘花

「白昼夢」

14

 

【奨励賞】

アニメーションゼミ 廣瀬 瑠璃子

「ひとでなし」

15

 

【奨励賞】

アニメーションゼミ 川口 華

「ふゆう」

16

 

【奨励賞・キャラデ特別賞】

アニメーションゼミ 上畑 真悠

「メテオ」

17

【奨励賞・キャラデ特別賞】

ゲームゼミ 王 吟賀

「桃夭」

18

【優秀賞】

ゲームゼミ 門瀬 菫・山中 楓

「contents!」

19

【優秀賞・同窓会賞】

ゲームゼミ 五十嵐 智哉

「LobtetLant Reminiscence」

20

【学長賞】

グラフィックゼミ 本田 真子

「Allure」

25

 

受賞した学生から一言コメントをもらいました。

22

 

先生方からの賞も発表され、賞品も授与されました。

22

23

24

 

先生と学生との絆に感動しました。

受賞されたみなさま、おめでとうございます!

また、本当にお疲れ様でした。

 

力作揃いの卒業展へ、みなさまお誘い合わせの上ぜひお越しください!

「京都造形芸術大学卒業展 大学院修了展」の詳細はこちら

 

サイトに掲載されているPRムービーですが、実はキャラクターデザイン学科のアニメーションゼミの学生が手がけています!そちらも合わせてご覧ください!

 

 

  • LINEで送る

2019年12月12日  ニュース

北村龍平監督の特別講義が行われました!

11月29日(金)、「映像技法」の授業にて、映画監督である北村龍平先生の特別講義が行われました。

実写映画「ルパン三世」「あずみ」等、数々のヒット作を生み出してこられた北村監督には、
毎年キャラクターデザイン学科にお越しいただいています。
今回は司会進行に村上先生、そして映像技法の授業をご担当いただいている山岡先生と
北村監督との対談形式で講義が進められました。

 

_MG_0036

最初に北村監督のこれまでのご活躍を振り返る軌跡をプロモーションビデオを拝見。

そして「あずみ」や「ダウンレンジ」の制作の振り返りから始まり、制作者として常に大切にしておられる事を、
学生にも分かりやすい形でたくさん語っていただけました!

 

「失敗してもいい。ストーリー、キャラクターを描けと言われたら描く。」

 

「モノを作る上で、ネガティブとか覇気がないのはダメ。

ただしネガティブになるなら徹底的に。追求したら結果的に良いものができる。」

 

「僕が言うコミュニケーション能力=社交性ではない。

助けてくれる人と、がっちりモノを作れるか。人間は自分一人だけでできる事は何一つない。

僕は今まで沢山の人間に助けてもらってきたけど、なぜ助けてもらえたかというと、

周りに極めて明確に『僕はこうしたい』と伝えてきたからです。」

 

2

↑これまで積み重ねてきたご自身の経験から、熱い想いを語られる北村監督。

 

3

↑山岡先生も北村監督のお話に熱く耳を傾けられ、ポイントとなるワードをホワイトボードに書き出していきます。

 

授業後半は、監督にとっての「人間力」についてお聞きしました。

「人を巻き込む力。上辺じゃなくて本気なんだとアイデアを出し、真実性を見せること。
簡単に言うと『可愛げ』。」

 

まず「作りたい」という意思を見せ、そして「何を作りたいか」を明確に伝えることによって、

周りの人間もついてきてくれると話される監督。

学生へのメッセージとして
「皆さんも人間力を磨いてください。いつか一緒に仕事をしましょう。」
という温かいお言葉もいただけました。

 

そして授業の最後には、北村監督の新作映像の一部をいち早く発表。
映像を見た先生や学生の席からは思わず感嘆の声も漏れました。

今後のご活躍にますます期待が高まります!

 

 

4

 

「人間力」を養うことがコミュニケーションを広げ、結果的によい作品づくりに繋がる。

今回の講義は学生にとっても大きな勉強になったのではないかと思います。

北村監督、この度はご多忙の最中のご来学、本当にありがとうございました!

 

 

○●北村龍平監督 主な作品プロフィール●○

2001年、ウルトラバイオレンスアクション「VERSUS -ヴァーサス-」でデビュー。

その後

「スカイハイ 劇場版(2003年)

「あずみ(2003年)」

「ゴジラ FINAL WARS(2004年、東宝)」

「ルパン三世(2014年)」

「ダウンレンジ (2017年)」

等、数多のヒット作を手掛けている。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

  • LINEで送る

2019年11月20日  ニュース

プレ就活パーティーが行われました!

 

 

こんにちは。副手のコンです。

 

 

11/18()にキャリアイベント「内定先輩とのプレ就活パーティー」が行われました!

就職活動を終えた4年生への内定を祝いつつ、3年生は自身の就職活動に向けて先輩と交流ができるというイベントです!

 _MG_0002

 

キャラクターデザイン学科からもたくさんの3年生、4年生が参加していました!

参加した4年生は「3年生の熱意がすごくてびっくりした!」と言うほど前のめりに先輩の話を聞きにいく学生も・・・!

 

_MG_0014 _MG_0021 _MG_0017

↑先輩の話をきいている様子

_MG_0020

↑先輩のポートフォリオを熱心に見ている学生

 

 _MG_0005

 

↑キャラクターデザイン学科の4年生

 

就職活動を終えた4年生、ほんとうにおめでとうございます!

3年生は、これから始まる就職活動に向けて良い時間になったかと思います。

ぜひ頑張ってください!

  • LINEで送る

2019年9月25日  ニュース

大瓜生山祭ご来場ありがとうございました!

9/14(土)・15(日)の二日間、大瓜生山祭が行われました!

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございます!

 

今回はその最中に行われた、キャラクターデザイン学科3回生による学生作品展を写真と共に振り返ります。

 

まずはNA301教室。

アニメーションゼミ・CGゼミ・音楽プロデュースゼミ・ゲームゼミの展示が行われました。

 

dav

dav

↑アニメーションゼミのブースでは、

グループで制作中のアニメーションの予告編上映と、カットイラストの展示が行われました。本編公開が楽しみです!

 

_MG_0020.jpg_2

_MG_0007

↑こちらはCGゼミの展示の様子。

様々なCGソフトを駆使した制作の結果が表れています。

 

キャラデ学科展2019_190920_0049

_MG_0001

音楽プロデュースゼミの展示の様子。

音楽業界人へのインタビュー記事など、平成の音楽の歴史を辿る情報誌「SACHUUUS」は見応えがありました!

 

_MG_0004_MG_0012

↑ゲームゼミではデジタルゲーム・アナログゲーム、全8種類のゲームが勢揃いしました。

小さなお子さんたちにも好評で、クリアするまで諦めません。

 

 

そしてNA306教室では企画プロデュースゼミ・グラフィックゼミ・イラストゼミの展示が行われました。

 

_MG_0021 大瓜生山祭!_190920_0019

↑こちらはグラフィックゼミ

屋外広告のクリエイティブ賞「ジャパンシックスシートアワード」への応募作品と、オリジナルのピクトグラムが展示されました。

 

 

キャラデ学科展2019_190920_0011 大瓜生山祭!_190920_0011

イラストゼミの展示の様子。

ゼミでのテーマは「宇宙」。幻想的なイラストと可愛いミニキャラクター達がブースに訪れる人を出迎えました。

 

↓企画プロデュースゼミでは、

今年7月に行われたJapanExpoの京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科ブースを再現していました。

 

キャラデ学科展2019_190920_0038大瓜生山祭!_190920_0010

大瓜生山祭!_190920_0020

↑実は展示会場では、7つのゼミを巡るスタンプラリーを同時開催していました。

スタンプを集めて抽選に参加し、当たるとその場で学生が似顔絵を描いてくれるという企画です!

 

 

ただ作品を制作するだけでは終わらない学生作品展。

その後の搬入作業で苦労したり、最大限の魅力を表現するにはどうすればよいか、チームで悩んだ事もたくさんありました。

この経験は、きっと来年4回生になったときの卒業制作展への糧になることでしょう。

3回生の皆さん、各ゼミの先生方、本当にお疲れ様でした!

 

 

~番外編~

大瓜生山祭の学科対抗模擬店「フードコロシアム」にて、

キャラクターデザイン学科では「地球焼き」というメニューを販売しました!

 

_MG_0022

sdr

大瓜生山祭!_190920_0001

大瓜生山祭!_190920_0002

↑とてもリアルな地球色。インパクトある見た目ですが、味はおいしいたこ焼きです。

 

 

二日間ありがとうございました!

 

1 2 3 4 25

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。