キャラクターデザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年3月29日  ニュース

アインちゃん

 

皆さんこんにちは!キャラクターデザイン学科 副手の齊藤です。

 

学生主体で運営しているブログより、

 

皆さんにぜひ読んでもらいたい記事をご紹介します。

 

(記事担当:3回生梅木さん)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こんにちは梅木です。

 

ついに3月に突入してしまいました。

 

受験生の皆さんも第二ボタンをもらったりもらわれたり、

そんなキャッキャウフフな卒業式を迎えたのでは?

そんな私はクラス文集のアンケートで

 

クラスの王子様、恋人にしたい人、結婚したい人の

3冠を達成したことがあります(自慢)

 

女に生まれたことをこんなに悔やんだことはありません。

 

 

 

さて、3月には忘れられない出来事がありますね、

 

 

3月11日に起こった東日本大震災です。

 

 

当時私は高校卒業後の春休み真っ最中で

福岡の自宅で個人の方のネットラジオを聴いていました。

 

その方が震源近くの住まいだったらしく

地震発生時の実況は今でも覚えています。

 

あれから2年たった今なお約11万人の方が避難生活を余儀なくされています。

生活を立てなおすと同時にまたいつ起こるかわからない震災の被害を

少しでも縮小させるために日ごろから防災意識を持つことも大切ですね。

 

 

そして、このブログでもたびたび紹介していますが

 

副学科長である村上聡先生監督で防災アニメが制作されました。

 

この作品にはキャラデの学生も多く携わっています。

 

その防災アニメ、「雲の上のアインちゃん」からイベントのお知らせです

 

東日本大震災から二年が経つ次の3月11日に向けて、

 

 

各地での防災対策を促すため「雲の上のアインちゃん」の上映イベント等を企画しています。

 

公式サイトでも制作時に撮影したインタビュー映像を公開し、

 

より多くの人に作品を観ていただきたいと思います。

 

 

アインちゃん役:窪田涼子さん
http://www.youtube.com/watch?v=AaBXkCPsVZg

 

ランド役:柿本沙希さん(京都造形芸術大学舞台芸術学科卒業生)
http://www.youtube.com/watch?v=w8-FOrTtJBc

 

監督:村上聡
http://www.youtube.com/watch?v=EWjEDsM94gI

 

 

防災について私も調べたことがあるのですが

災害経験者の方が言うにはトイレの水の確保というのが

被災した際に結構重要になるようです。

 

 

地震が起こった際は水が出るうちにみなさんお風呂に貯めましょう。

 

知っていて損することはないです、みなさんもアインちゃんで

防災について学んでみてはいかがでしょうか。

 

clip_image002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(↑DVDも出ています!こちらもよろしくお願いします)

  • LINEで送る

2013年3月29日  ニュース

KUAD Production始動!

 

画像 023

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん初めまして。キャラクターデザイン学科の村上聡です。

 

これからこのKUAD Productionで学科内の色んな小ネタから

 

受験に役立つ貴重な情報まで幅広くお伝えしたいと思います。

 

 

この他に、キャラクターデザイン学科には学生広報スタッフが運営する学科公式サイトがあります。

 

今後はこの学科公式サイトの中に「きゃらでチャンネル」という、やりたい放題の謎の企画もスタートする事になっており、

 

今後の展開に乞うご期待です。ぜひチェックを!

 

 

http://www.chara-kuad.com/

 

 

 

 

1 22 23 24

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。