映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年6月21日  ニュース

新世紀映画『彌勒 MIROKU』下鴨神社にて奉納上映

 

先日、京都・下鴨神社にて北白川派第4弾作品『彌勒 MIROKU』の「奉納上映」が行われました。

 

彌勒下鴨0164

 

世界遺産の下鴨神社で”神様に向けて映画を上映する”という、おそらく初の試み。

上映に先立ち行われた記者会見で、林海象監督は今回の上映会について

 

彌勒下鴨0170

 

 

「神様は、神楽はご覧になっている。つまり音楽と舞踊に関しては、長い歴史のなかで精通されている。
しかし生まれてまだ120年しか経ってない映画に関しては、ご覧になったことはないのではないか?
だったら、神様に向けて映画を上映し、神様に映画を観ていただき、映画を楽しんで頂きたい。
私たちの身勝手な願いは唯それだけです。」

 

と語りました。

 

DSCF0204

DSCF0192

 

記者会見には林監督に加え、主演の永瀬正敏さん、同じく主演で主役の少年時代をつとめた

当学科卒業生の土村芳(かほ)さん、少年時代の友人達を演じた当学科俳優コースの中里宏美さん、
土居志央梨さん、水本佳奈子さん、そして在学生・卒業生らによる本作の配給・宣伝チーム
『ミロク革命社』のリーダー・片岡大樹さんも列席。

 

DSCF0227

 

 

上映に先駆けて、神社の本殿内にて「奉告祭」も執り行われました。

 

本殿へ上がる前に手を清めています

本殿へ上がる前に手を清めています

 

DSCF0259

DSCF0266

 

 

…陽が落ちるのを待ち、いよいよ上映です。

 

CA3G0058

CA3G0063

 

神様のご利益のおかげでしょうか、大きな事故もなく「奉納上映」は無事終了しました。

皆さんお疲れさまでした!

 

京都を皮切りに、間もなく一般公開も始まります。

新世紀映画『彌勒 MIROKU』を是非 ”体験” してください!!

 

●『彌勒 MIROKU』HPはこちら

 

DSCF0280

DSCF0270

DSCF0288

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年6月17日  ニュース

祝!『カミハテ商店』アルマティ国際映画祭 最優秀作品賞受賞!!

北白川派第3弾作品『カミハテ商店』が第11回アルマティ国際映画祭(カザフスタン)にて、長編劇映画デビュー部門のコンペティションに選出され、主演の高橋惠子さん、山本起也監督が映画祭に参加しました。

 

アルマティ

 

 

アルマティ国際映画祭は若手クリエーターの活動を支援し、機会を提供することを目的にした映画祭。

今回ドイツ、スペイン、イタリア、中国など32ヵ国、合計980本の中から選ばれた55本の作品が賞を競いました。

コンペティション部門では、デビュー部門、若手部門、学生部門、アニメーション部門があり、

『カミハテ商店』はデビュー部門の6作品の中、見事、長編劇映画部門 最優秀作品賞を受賞しました。

 

授賞式の山本起也監督

授賞式の山本起也監督

 

 

左から:山本興子[山本監督の奥様]、山本起也監督、Javed Jafri[インターナショナルコンぺ審査員:インドの俳優/監督/歌手]、野口知徳[プロデューサー]

左から:山本興子[山本監督の奥様]、山本起也監督、Javed Jafri[インターナショナルコンぺ審査員:インドの俳優/監督/歌手]、野口知徳[プロデューサー]

山本監督、キャスト・スタッフの皆さん おめでとうございました!

 

『カミハテ商店』オフィシャル・サイト

 

 

  • LINEで送る

2013年6月16日  ニュース

西尾孔志監督『ソウル・フラワー・トレイン』ドイツにてプレミア上映!

当学科非常勤講師である西尾孔志先生の監督最新作『ソウル・フラワー・トレイン』が
ドイツ・フランクフルトの映画祭《ニッポン・コネクション》にてプレミア上映されました。
チケット完売の満席の上、上映後も拍手が起こるという大盛況でドイツの観客に迎えられました。

 

ドイツ写真

 

 

映画『ソウル・フラワー・トレイン』は 8月31日(土)より東京・新宿K’sシネマを皮切りに全国公開の予定です。

(関西での上映情報は決まり次第お知らせします)

 

『ソウル・フラワー・トレイン』

監督:西尾孔志

原作:ロビン西

主題歌:少年ナイフ「Osaka Rock Cirty」

 

出演:平田満  真凛  咲世子

大和田健介 駿河太郎 大谷澪 楠見薫 和田めぐみ 入矢麻衣 楠見薫 和田めぐみ 入矢麻衣

浅野彰一 中村真利亜 清水かおり 山根千佳 細川博司 安藤匡史 信國輝彦 小沢和之

 

脚本:上原三由樹 西尾孔志 プロデューサー:前田和紀 巴山将来

撮影:高木風太 照明:中川のどか 美術:塩川節子 録音:松野泉

編集:上原拓治 助監督:馬杉雅喜 制作:伊賀裕一 メイク:奥村裕子

 

公式ホームページはこちら

 

SFT表

 

 

  • LINEで送る

2013年6月5日  ニュース

速報!!『カミハテ商店』受賞!!

昨日カザフスタンからの連絡で「北白川派」作品=山本起也監督『カミハテ商店』が「第11回アルマティ国際映画祭」で「デビュー部門」の長編劇映画最優秀作品賞を獲得しました。

 

0605-3

 

「インターナショナルコンペティション部門」にノミネートされ、現地映画祭に招待されている山本監督からの報告です。

 

0605-1

 

詳細は監督が帰国してから改めて報告させていただきます。

作品内容は『カミハテ商店』オフィシャル・サイトをご覧下さい。

 

0605-2

 

山本監督以下、キャスト、スタッフの皆様おめでとうございました。

 

 

  • LINEで送る

2013年5月13日  ニュース

『殺陣師列伝』に杉浦勇一(俳優コース4回生)出演

今日は、時代劇最大の魅力とも言える「殺陣(たて)」についての番組をご紹介します。

 

『殺陣師列伝 ~知られざる殺陣(チャンバラ)の世界~』

番組の放送スケジュールなど詳細はこちら

 

この番組に、映画学科から「映画演技V」で殺陣の授業を担当されている清家三彦先生と、

「映画演技VII」現代アクションを担当されている中村健人先生、

そして俳優コース4回生の杉浦勇一くんの3名が参加されました。

 

0513-3

 

以下はドラマ『殺陣師列伝』の第一話に出演した杉浦くんからのコメントです。

○撮影エピソード

今回は殺陣ということで刀同士のぶつかり合いだったので、

現場の撮影では刀がぶつかると銀メッキが剥がれてしまうため、

僕がNGを出す度に道具の人が修理するのでとても申し訳ない気持ちになりました。

でも道具の人が『なんぼんダメにしてもいい!これが仕事やから』と言ってくれて、

僕もよりいっそう気合いが入り全力でやりました。

 

○撮影に参加しての感想

現場での撮影は厳しくもとても楽しいものでした。

授業や稽古で殺陣を学びましましたが、現場ではついていくのにやっとで、

1、2回殺陣テストをしたらすぐ本番なので、

とても大変でしたが今ある僕の技術全てをぶつけて一生懸命やりました。

 

○メッセージ

簡単そうに見えて、実際やってみると大変難しいことって多いです。

現場は本番なので練習は出来ないです。本番でチャンスを掴んで下さい。

常に日頃からどんな現場でも対応できるように本番を想定して自分からいろいろ経験をして下さい。

そして本番後は手ぶらで帰らず、自分から次のチャンスを作って下さい。

僕が4年間で学んだ映画とは繋がりです。人との繋がりが映画であり、映画が新たな繋がりを作ります。

お互い頑張りましょう!

 

 

現場の第一線で活躍する先生から学べるのが、映画学科の魅力であり強みです。

今後の学生たちの活躍にもご注目ください。応援よろしくお願いします。

1 134 135 136 137 138

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。