こども芸術学科

イベント

  • LINEで送る

2020年2月14日  イベント

【卒業展】受賞者発表

2019年度卒業展、こども芸術学科の受賞者とその作品を発表します!

 

【学長賞】【tupera tupera特別賞】

「100%ORiGAMi 〜おる絵本・きる絵本・やぶる絵本〜」

 山下菫(京都府立山城高等学校 出身)

IMG_9994

IMG_0085

【優秀賞】

「Tela Puno-きく音、みる音-」

 高橋実華子(追手門学院高等学校 出身)

IMG_03469

IMG_03589

【奨励賞】

「きかないで!フシギくん」

 奥村彩奈(帝塚山学院高等学校 出身)

IMG_04022

IMG_03789

【同窓会賞】

「子どものこころを育む自然環境とは  -自然と遊ぶ、こども芸術の一断面-」

 石原佳奈実(前橋育英高等学校 出身)

IMG_9822

IMG_97076 

【tupera tupera特別賞】

「Continue to be Continue to be Continue Continue to be Contin(Continue to be を繰り返す)」

 山下紗弥香(福岡女学院高校等学校 出身)

IMG_0188715814

 

実際に実物をご覧いただきたいと思いますので、是非、今週末お越しください!

 

//////お知らせ・京都造形芸術大学で行われるイベント/////////////////////

 

○京都造形芸術大学卒業展公式ウェブサイトはコチラ

 

○2月15日(土)・2月16日(日)「オープンキャンパスも同時開催!→卒展オープンキャンパス

 

こども芸術学科公式インスタグラムはコチラ

こども芸術学科公式ツイッターはこちら

  • LINEで送る

2020年2月11日  イベント

【卒業展】特別講演会 NPO法人アーキペラゴ代表理事 三井文博さん

本日は、NPO法人アーキペラゴの代表理事、三井文博さんにお越しいただき、こども芸術学科の学生に対して、特別講演会を行っていただきました。

IMG_9976

IMG_9917

NPO法人アーキペラゴの活動の一部として、芸術士(絵画・彫刻・パフォーマンス・デザイン・工芸など、様々な分野で表現活動する作家)を、保育所やこども園、幼稚園へ派遣し、毎週1回、子どもたちと表現活動を行う、という活動があります。卒業生のミズカさんも、芸術士として活動しています。

IMG_9884

まずは、ほかで見ることができない現代アート作家の作品や、美術館などが話題になっている直島、若い家族の移住をきっかけに、様々な人が集い、ゆっくりと豊かになっている男木島など、アーチやコミュニティの力で盛り上がっている瀬戸内のことについてお話しいただきました。

IMG_9901

そして、芸術士の取り組みが始まった経緯について、レッジョエミリアのアトリエスタの取り組みや、レッジョエミリアの幼稚園の様子、ボローニアにあるレミだセンターの活動を交え、こどもたちの感性や創造力を広げ、のばしていくヒントをお話しいただきました。

 

お話しいただいた中で、特に印象的だったのは、芸術士は、子どもたちに寄り添い、表現活動に「結果」を求めず、子どもの個性を尊重し、自らが考えて伝える力をサポートする存在である。というお話でした。

IMG_9911

IMG_9951

こども芸術学科が目指すところと、かなりリンクしたお話がたくさんあり、学生たちも真剣に聞き入っていました。

 

三井さん、本日は本当にありがとうございました!

 

こども芸術学科公式インスタはコチラ

こども芸術学科公式ツイッターはこちら

 

●●あんふぁんずーの活動はこちら●●●

「あんふぁんずー」とは

芸術と保育、教育の両方の学びを活かして、こどもの感性を育んでいこうと、こども芸術学科2・3回生10名で、児童文化財やレクリエーションを通して活動を行っている学科内サークルです。

Instagram https://instagram.com/anfan_zoo

Twitter https://twitter.com/anfan_zoo

 

公演依頼、お問い合わせはこちらへ anfan.zoo1045@gmail.com

 

  • LINEで送る

2020年1月10日  イベント

【特別講義】落語家 桂花團治師匠 笑い×こども芸術学科

昨年末、落語家の桂花團治師匠をお招きし、特別講義を行っていただきました!

 

●●桂花團治 師匠 とは●●●●

昭和 57 年二代目桂春蝶に入門し蝶六、 平成 27 4 26 日に三代目桂花団治を襲名。

吃音や赤面症に悩み、 暗黒の少年時代を送るも、 「笑わせる」 楽しさを知ったことからいじめを克服。 古典落語に心血を注ぐ一方、 自身の悩みや経験を元にした講演が教育機関 ・ 企業 ・ 自治体の評判を呼び、 自他ともに認める 「大阪で一番多く教壇に立つ落語家」。

IMG_6914

なぜ今回、桂花團治師匠の特別講義が実現したかというと、実は、こども芸術学科の教員である住岡先生が、花團治師匠に弟子入りしており、落語をご指導いただいていた、という御縁があったからなんです!

ということで、この本文においても「師匠」と呼ばせていただきます。

 

まずは、花團治師匠ご自身の事について、幼少期から落語との出会い、弟子入りについてまでのお話を伺いました。

上記で紹介したように、幼少期からひどい吃音に悩まされ、人前で話すのが苦手で、引っ込み思案だった花團治師匠。グループになって何かを発表する、という授業があったとき、仲間に入れてもらえず、同じく1人になっていた男の子と組んで、当時はやっていた漫才を2人で発表しようと、一生懸命練習したそうです。本番当日、何とか2人で漫才を始めると、クラスのみんなが「おもしろい」と言って笑ってくれたそうです。

師匠は「今まで「人に笑われる」ことはあっても「人を笑わせる」ことは初めてで、その経験がずっと心に残っている」とおっしゃっていました。

IMG_6923

また「みんなの「輪」から外されてしまったことで、ずっと別の視点から同級生の事を観察していた。そのことが、物事を違った視点から見る、考えるということにも繋がった」「この学科も、こどもと芸術、そして教育や保育について総合的に考えていくためには「違う視点から物事を見る」ということが必要でしょ?」と、おっしゃられていたことが、とても印象的でした。

その後も、「二字上がり」の発音のお話や、大勢に向けてに話をする際、あえて「あなた」という言葉を取り入れ、対象を絞って語りかけ、「大勢とわたし」から「あなたとわたし」のコミュニケーションに切り替える、対話のコツについてもお話してくださいました。

 

さぁ、いよいよ「落語」が始まります。お師匠が特別講義をされるということで、なんと、住岡先生が前座を務めることとなりました!

 

住岡先生は普段、教育を中心とした講義をされています。しかし、落語が始まると一転、コミカルな動きやセリフで様々な登場人物を演じておられ、その普段とのギャップに、学生からは絶えず笑いが起こっていました。

 

そして、いよいよ花團治師匠の落語が始まりました。

2人の登場人物によって、話が進んでゆくのですが、師匠の所作、声色の切り替えによって、2人演目のの会話が本当に自然に流れていき、あっという間に話に引き込まれました。

IMG_6947

時代背景が江戸時代ということもあり、学生達にとっては、出てくる単語の意味が分からなかったり、聞きなれない言葉遣いもあったようでしたが、いつの時代にもいる、ちょっと変わった人、ドジな人に焦点を当てた話に、学生からもドッと笑いが起こっていました。

IMG_7053

本物の落語を見ることができて、学生たちは終始大興奮でした!最後に、狂言の表現を真似て、大きな声で、全員で「はっはっは!」と言ってみました。言っているうちに笑顔になるのがいいですね。桂花團治 師匠、本当にありがとうございました。

 

●●お知らせ●●●

参加者募集中!高校生対象のワークショップ「こども芸術クラブ」の大学第3回が開催されます。

【開催日】2020年1月25日(土)13:00~15:00 「ひたすら磨く!こっぱ つるピカ キーホルダーづくり」

【開催場所】京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス S棟(至誠館6階)S61教室

Webからのお申込み、詳細はこちら→こども芸術クラブWeb

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年11月29日  イベント

tuperatupera (ツペラツペラ)亀山先生特別講義!! 

現在「ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展」を美術館「えき」KYOTOにて開催中の、こども芸術学科 客員教授 tuperatuperaの亀山先生にお越しいただき、1回生に向けて特別講義を行っていただきました!

展覧会情報はコチラ!→「ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展」

IMG_6711 

ここで、tuperatuperaさんをほんのちょっとご紹介。

=====================================

tupera tupera (ツペラ ツペラ)

亀山達矢と中川敦子によるユニット。2002年より活動を開始する。絵本やイラストレーションをはじめ、工作、ワークショップ、舞台美術、アニメーション、雑貨など、様々な分野で幅広く活動している。絵本など、著書多数。海外でも様々な国で翻訳出版されている。NHK Eテレの工作番組「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションも担当。大規模な巡回展「ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展」京都会場では、新作の制作過程を公開されています。

まず、tuperatuperaさんとは何ぞや?というところで、今まで関わってこられた仕事を紹介していただきました。ここでは、そのごく一部をご紹介します。

「キューブスゴロク」パッケージがサイコロ!遊ぶ側が自由にコースを組むことができるスゴロクです。(カード状になったマスを、自分達で組み替えて遊べる上、何も書かれていないマスには、自分で考えた内容を描くことができます。)

1

子どもも大人も楽しめる舞台「ピン・ポン」の舞台美術を担当されました。舞台は、音楽、美術、演劇、たくさんの要素が詰まった総合芸術であり、改めて舞台のすごさを知ったとの事。

IMG_65512 

続いては、絵本の読み聞かせ!tuperatuperaさんの活動のなかでも1つの主軸となっている絵本。

どんな絵本を作っているのか知ってもらうため、亀山先生自ら学生に絵本を読み聞かせてくださいました!その一部をご紹介します。

「やさいさん」みんなで一緒に「すっぽーん!!」と言いたくなる絵本!

IMG_6614

「しろくまのパンツ」世界で初めての、パンツをはいた絵本。たくさんの言語に翻訳され、世界各国で販売されています。

IMG_6749

IMG_6582

「パンダ銭湯」これがパンダの生態かも?

IMG_6781

最後は、先生お手製の紙吹雪っっ!!

IMG_6822

さらに、新作の絵本についてのお話や、絵本の制作過程について、また印刷や紙の質、切り出しへのこだわりなど、制作者ご本人にしか語れない制作秘話をたくさん教えていただきました!亀山先生、本当にありがとうございました!

  • LINEで送る

2019年11月18日  イベント

【こども芸術クラブ】「大きな「水溜り」を描こう!」

11月16日(土)に、第2回こども芸術クラブ「大きな「水溜り」を描こう!」が開催されました。 親子連れの方、高校生、学生の皆さんにご参加いただきました。ありがとうございました!

 

今回用意したのは大きな紙! それを、みんなでくしゃくしゃにして・・・・

IMG_5830

IMG_58791

IMG_5885

くしゃくしゃにした紙の下に、プチプチシートやバケツを入れて、デコボコをたくさん作りました。

そこに、どんどん色を塗っていきます。

IMG_6041

IMG_5960

IMG_6038

どんどん、どんどん・・・

IMG_6244

IMG_6223

IMG_6373

やった~!!筆や、霧吹き、紙コップに入れた絵の具・・・

いろいろな塗り方でどんどんお山がカラフルになっていきます。 水溜りもたくさんできました!!IMG_6158

IMG_6447

最後は、みんなでパシャリ

ダイナミックに色を塗る中で、道具を変えたり、塗り方を変えたり、様々な展開、遊びが生まれました。

ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました!

 

●●お知らせ●●●

参加者募集中!高校生対象のワークショップ「こども芸術クラブ」の大学第3回が開催されます。

【開催日】2020年1月25日(土)13:00~15:00 「ひたすら磨く!こっぱ つるピカ キーホルダーづくり」

【開催場所】京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス S棟(至誠館6階)S61教室

Webからのお申込み、詳細はこちら→こども芸術クラブWeb

●●あんふぁんずーの活動はこちら●●●

「あんふぁんずー」とは

芸術と保育、教育の両方の学びを活かして、こどもの感性を育んでいこうと、こども芸術学科2・3回生10名で、児童文化財やレクリエーションを通して活動を行っている学科内サークルです。

Instagram https://instagram.com/anfan_zoo

Twitter https://twitter.com/anfan_zoo

 

公演依頼、お問い合わせはこちらへ anfan.zoo1045@gmail.com

1 2 3 26

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。