こども芸術学科

イベント

  • LINEで送る

2018年7月11日  イベント

【7/21(土)】ファミリーアートパーティー 親子向けワークショップ開催します!

 

こんにちは。今週から急に暑さが戻ってきましたね。

 

こども芸術学科では昨年からファミリーアートパーティーという親子向けワークショップを行っています。

今年は7月21日(オープンキャンパス初日)に開催します!

同日開催という事で、オープンキャンパスにご来場くださった皆さんにワークショップを見学してもらおう!という企画も進行中ですのでお楽しみに!まだ少し空きがありますので、興味があるファミリーの皆さん、ご応募お待ちしています!

<お申し込み・お問い合わせはこちら>

kogaku@kuad.kyoto-art.ac.jp

 

▲▲ファミリーアートパーティーとは▲▲▲

家ではなかなかできないこと、保育園や幼稚園や小学校でやったことがないことをアートを通して体験する場を作り、地域の家族とキャンパスをむすぶ、こども芸術学科主催のワークショップです。1~3回生が中心となり、企画運営を行っています。

 

ファミリーアートパーティーメンバー、3回生の松井さんにバトンタッチ!

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

皆さんこんにちは。3回生の松井です。

 

今年もやりますファミリーアートパ ーティー2018

ファミリーアートパーティーでは、 「アートを通じて、ここでしか出来 ないドキドキワクワクなワークショ ップを企画しています。

ファミパ2

ここから、子ども達にアテンション!

今回のテーマは「ぐるぐる」だよ~!

初めはぐるぐる体操で肩慣らしだんだん楽しくなってきたら、 次は回転する画用紙にお絵描きをするよ!

ぐるぐる回転する紙にはどんな絵が描けるのかな? それから描いたものを使ってゲームもするよ。

最後はお家に持って帰れる工作をするよ!

なんでもぐるぐる回って見える虫眼鏡✨ 素敵に作って持って帰ろう。

ファミパ1

皆さんお誘いあわせの上、造形あそびをしに、いらして下さいね。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

松井さん、ありがとうございました!楽しそうな雰囲気が伝わってきます。なんでもぐるぐる回って見える虫眼鏡が気になります。ここで、ワークショップの詳細をお知らせします。

 

日程:7月21()  9:3012:00   (9:00〜 受付開始)

 

場所:京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス至誠館S41教室

 

対象年齢:3才以上のこどもを含むファミリー

 

定員:10ファミリー

 

参加費:1500(ファミリー3人目からは追加500円でご参加いただけます)

 

服装:汚れてもいい服装。洗濯のりを使います。タオルや着替えをご用意ください。

 

受付・会場:9:00から 京都造形芸術大学至誠館4 S41教室にて

 

<お申し込み・お問い合わせ>

kogaku@kuad.kyoto-art.ac.jp

参加者全員のお名前、フリガナ、生年月日、代表者のご住所、当日連絡のつく電話番号を7/20(金)1700までにメールでお送り下さい。なお参加費は当日受付にて頂きます。

 

あわせて楽しもう!

▲▲真夏のオープンキャンパス!7/21(土)7/22(日)▲▲▲

各学科がブースを出して特色を活かしたワークショップを行います。入試対策にぜひ!相談ブースあります!

夏期コミュニケーション入学のエントリー期間は8月1日(火)のみ。※必着です。

会場で「エントリー予約」が可能です。

真夏のオープンキャンパスについてもっと詳しく知りたい方はコチラ

  • LINEで送る

2018年6月15日  イベント

【展覧会のお知らせ】「お裾分け展」 6/14(木)~6/20(水)

4回生Bゼミの学生たちによる展覧会情報をお知らせいたします。

彼らが3回生の後期に取り組んだ2つの課題の成果物を展示しています。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

お裾分け展_ポスター_A1

【展覧会コンセプト】

私たちこども芸術学科(Bゼミ)では「相手の気持ちを想像しながらはなしを聞く力」が、こどもとの関わりの中でその気持ちに寄り添う想像力へつながると考え、3回生後期に2つの課題に取り組みました。それは「憧れ・尊敬する人に話を聞く」「地域の小さな歴史からこどもとの関わりを考える」というものです。人に直接会って話を聞くことで、それまで想像していなかった人や地域の奥行きを感じることができました。この経験を知ってもらうことで、私たちが感じた繋がりを次につなげようという思いであなたにお裾分けをしたいと思います。

 

【出展者】

こども芸術学科 Bゼミ学生 8名

(戎里央・辻修也・阪井美帆・太田りこ・柴尾弥記・西崎美希・山添柚衣・米竹七羽)

 

【会期】

2018年6月14日(木)~6月20日(水)

9:00~19:00(最終日17:00まで)会期中無休

 

【展示場所】

@京都造形芸術大学 人間館1F BREATH KUAD 春秋座側スペース

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいね!

  • LINEで送る

2018年5月18日  イベント

tupera tupera 絵本の世界展 へ行ってきました!

みなさんこんにちは こども芸術学科です。

先日、1~4回生から希望者を募り「tupera tupera 絵本の世界展」へ行ってきました!

tupera tupera とは?と思っている方はコチラをチェック★してみてくださいね。

 

tupera tupera は亀山達也先生と中川敦子先生によるユニットです。そして、お二人はこども芸術学科の客員教授でもあります!今回、結成16年目を迎えたお二人のはじめての大規模巡回展が三重県立美術館で行わているという事で、是非見に行きたい!という学生を募り、今回のツアーが実現しました。

 

学科長の近江先生がバスを手配してくださったバスに乗り込み、いざ出発!

IMG_2469 1

約2時間の移動を経て、三重県立美術館に到着しました~。学生たちはこの看板を見てわくわくが止まらない様子でした。

5

三重県立美術館の学芸員さんから、美術館の歴史、コレクション収集の基本方針、常設展示や、今回の展覧会についてのレクチャーをしていただきました。講堂の檀上には、tupera tupera の絵本が時系列で飾ってあり、5月4日に行ったワークショップ「三重のなりきりお面を作ろう!」でtupera tupera が作ったお面も!これ、なんだかわかりますか?

IMG_2480

そして・・・!tupera tupera の亀山先生ご本人から展覧会についてのお話をしていただきました!作品の制作秘話から、展示で見てほしいポイント、展示されている原画にまつわるエピソードなど、ここでしか聞くことのできないお話ばかり!その直後に展覧会場で現物を見られるとは・・・贅沢すぎて感無量!と思っていると「会場内に隠れうんこがいるから、探してみてね」と亀山先生。隠れうんこ?なんですと?!

ちなみにこのお面は「松坂牛」と「海女さん」を組み合わせたものだそうです。

IMG_2530

他には「真珠」と「伊勢海老」 「はまぐり」と「津ぎょうざ」と「夫婦岩」を組み合わせた物も!!

IMG_2531 1

レクチャーの後はいよいよ展覧会場へ。展示を見る前に用を足そうかな・・・・ん?ん?!

IMG_2561

いたー!!こんなところにぃいい!!レディですね~。

IMG_2562

こちらはジェントルメン!ひげがおしゃれです。

IMG_2563

展覧会場入り口のガラス面には様々なキャラクターが!背景のグリーンの入り方によって印象が変わります。

IMG_2569

かおノート  サンがいました!かなりの大きさです。

IMG_2572

「しろくまのパンツ」でおなじみのしろくまさんです!大きな白いパンツをはいてますね。

IMG_2560

展覧会場をまわり、最後に現れるのがこちら!!「パンダ銭湯」に出てくるパンダ湯です!!

IMG_2578

番台やお風呂も再現されていて、大賑わいのフォトスポットでした。こんなリンス使ってみたい・・・

IMG_2587  IMG_2592  IMG_2599 

参加者全員で記念写真★

IMG_2555 1

今回の展覧会では、布雑貨のブランドとしてスタートしたtupera tupera の雑貨、初期から今に至るまでの絵本の原画、工作、ワークショップでできた作品やイラストレーションや通常は目にすることができないラフやアイデアスケッチ、それからそれから・・・!!平面、立体、映像・・・とにかく幅広い作品が300点以上展示されています!

さらに驚くべきは、美術館にいるこども、こども、こども!三重県立美術館の学芸員さんが、こんなにこどもが美術館に来ている光景を初めて目撃しました!とおっしゃっているほどに多くの親子連れでにぎわっていました。

館内が常にこども達の声で溢れていて、大人と違う目線で展示を見ていたり、作品を目にした時に出てくる言葉が面白かったり、作品に夢中になって展示台のガラスに鼻をひっつけていたり。作品鑑賞と合わせて、こども達を観察するのも面白かったです。

 

卒業制作に入っている4回生達は、作品の展示方法、展覧会場のレイアウトやキャプションなど、様々なヒントを得ることができた貴重な経験になったと思いますので、是非制作に活かしてほしいです。

 

老いも若きも幼きも惹きつけてやまない「tupera tupera 絵本の世界展」6/10までです!

===「tupera tupera 絵本の世界展」====================

会場 三重県立美術館

会期 2018年3月17日(土)- 6月10日(日)
休館日 毎週月曜日(ただし、4月30日[月・祝]、5月1日[火]は開館)
開館時間 9:30 – 17:00(ただし、入館は16:30まで)
観覧料 一般 900 (700) 円 学生 700 (500) 円 高校生以下無料

======================================

 

【一日体験入学オープンキャンパス6月10日(日)・7月8日(日)】のお知らせ・・・・・

6月10日(日)と7月8日(日)に「一日体験入学オープンキャンパス」が実施されます!1日の授業体験をしていただくこのオープンキャンパスは、「夏期コミュニケーション入学(体験授業型AO入試)」の模擬体験にもなりますので参加をオススメします!詳しく知りたい方はコチラ

 

  • LINEで送る

2018年5月17日  イベント

永田萠先生 特別講義 「ようこそ絵本の世界へ」

本日は永田萠先生に特別講義をしていただきました!永田萠先生はイラストレーター、絵本作家、こども未来館館長、などなど様々な肩書きをお持ちで、約40年間イラストレーターとして第一線で活躍されている先生です!

IMG_2617

***永田萠先生のご紹介*****************
兵庫県加西市のお生まれで、出版社などでグラフィックデザインの仕事に携わられた後、1975年にイラストレーターとして独立されました。豊かで美しい色彩から生み出される独特の「花と妖精」の世界は、国内外を問わず広く親しまれています。
画集やエッセイなど、これまでに約150冊余を出版されています。一方、広告媒体や企業商品等のコマーシャルアートの他に、公共機関に設置される陶板画や舞台ホールの緞帳など、幅広く作品を展開されています。
************************************************
今回、イラストレーターとは何か 絵本作家とは何かについて、ご自身の経験から、わかりやすく熱心に学生ご指導していただきました。
先生は、数年間グラフィックデザイナーをされた後、26歳の時に絵を描きたいと思い、イラストレーターの道へ。やなせたかし先生に師事し、カラーインクを使った表現の多彩さを見たやなせ先生から「カラーインクの魔術師」と評されたそうです。
IMG_2646   IMG_2640  IMG_2647
長年カラーインクを使って表現されてきた永田先生でしたが、展覧会で原画を展示するにあたり、カラーインクが退色してしまい、長期の保存、展示が難しいという問題が発生しました。そこで、先生は退色しにくいリキッドのアクリルカラーを使った表現を模索し、十数年前から表現手法をアクリル絵の具に切り替えられそうです。
「大切なことは描きたいものが自分の中にはっきりとある事。足りない技術は自分で補っていけばいい。長年使ってきたカラーインク(表現技法・技術)にすがるのではなく、自分が大切な事、必要とする事に技術を合わせていく。近年ようやくリキッドのアクリルカラーで思い通りに描けるようになってきた」とおっしゃられていたのが、とても印象的でした。
【震災後に描かれた作品】
IMG_2645
IMG_2661
学生からは「たくさんの積み重ねを経て自信をつける事の大切さを知った」「永田先生のイラストの美しい世界に引き込まれた」「将来のロールモデルとして、とても参考になるお話を聞くことができて嬉しかった」という声が。
永田先生、貴重なお時間のなかで、学生達にとって実りある特別講義をしていただき、本当にありがとうございました。
                                         (大塚:スタッフ)
=============================================

【一日体験入学オープンキャンパス6月10日(日)・7月8日(日)】のお知らせ・・・・・

6月10日(日)と7月8日(日)に「一日体験入学オープンキャンパス」が実施されます!1日の授業体験をしていただくこのオープンキャンパスは、「夏期コミュニケーション入学(体験授業型AO入試)」の模擬体験にもなりますので参加をオススメします!詳しく知りたい方はコチラ

  • LINEで送る

2018年5月11日  イベント

【春のオープンキャンパスレポート(その2)】

みなさんこんにちは。ゴールデンウィークが明けて最初の週、寒暖差が激しくなっていますが、体調を崩されていませんか?

 

今回は、4月にアップしたオープンキャンパスレポート第2弾!

ワークショップの内容を振り返っていきます!

IMG_2287 1

【こどものための「石鹸づくり」を体験】************************

世界保健機関(WHO)は、感染症によるこどもの死亡率が高い南アフリカのケープタウンを救うため、ホープソーププロジェクトを立ち上げました。

ホープソープとは、おもちゃを透明な石鹸で包んだものです。

こどもはそれを取り出すために、石鹸を泡立て、ゴシゴシ戸いろいろなものを洗うようになりました。

次第に手洗いの大切さが共有され、感染症から彼らの命を救ったのです。

 

あなたが、小さかった頃の自分に贈りたいのはどんな石鹸ですか。

好きだったものや、あこがれていたものを思い浮かべながら、思わず手を洗いたくなるような石鹸を作りましょう!

こども芸術学科では、ホープソープの取り組みを通して、こどもたちへのアートやデザインを使用した関わりの可能性を考えます。

*******************************************

 

ワークショップでは参加者の方と、こどもの頃好きだったものの話や、興味がある分野の話、進路についての話、などなど色々な事をお話ししながら、石鹸作りを行いました。

IMG_2230  IMG_2099 1   IMG_2167

IMG_2159  IMG_2141   IMG_2234

思い思いに色を塗り、絵を描いてもらった積み木に透明石鹸をながしこめば、オリジナル石鹸が完成!

IMG_2256

学生たちがデザインしたオリジナルパッケージに入ると、さらにカラフルに!

実はこの黄色い台紙、シールになっているんです。

IMG_2307 1

沢山の方に参加していただき、様々なデザインの素敵な石鹸ができました。とても泡立ちがいいので、参加された方はお家で使ってみてくださいね!

参加されていない方は、7月21日・22日のオープンキャンパスで是非体験してみてください!

 

                                         (大塚:スタッフ)                                       

 

【一日体験入学オープンキャンパス6月10日(日)・7月8日(日)】のお知らせ・・・・・

6月10日(日)と7月8日(日)に「一日体験入学オープンキャンパス」が実施されます!1日の授業体験をしていただくこのオープンキャンパスは、「夏期コミュニケーション入学(体験授業型AO入試)」の模擬体験にもなりますので参加をオススメします!詳しく知りたい方はコチラ

1 2 3 20

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。