こども芸術学科

12月2日(土)「糸あやつり人形劇団みのむし」に行ってきました。

こんにちは。

こども芸術学科です。

今日は3回生のこども芸術演習という授業で3回生と学外演習に行ってきました。

今日は観劇と「糸あやつり人形劇団みのむし」飯室さんによる特別講義です。

アトリエに着いて一歩入るとそこはとても不思議な世界が広がっています。

観劇が始まるまで、こども芸術学科の学生たちはたくさんの人形を見ながら、お話を想像したり、魅力的な人形の表情に想いが募り、期待も高まり楽しく過ごすことができましたね。

 

上演は、マリオネットミニパフォーマンス『ピノキオ君のごあいさつ』マリオネット人形劇『カエルの王子さま』・腹話術『キリンのリンちゃん』

飯室さんが糸あやつり人形を演じられると人形に生命と魂が吹き込まれ、人形と学生との対話が生まれ物語に引き込まれました。そして、上映後にはバッグヤードにも入らせて頂きましたね。

 

講義では、日本の芸能の文化として人形劇、また世界の人形劇についても写真を見ながらお話して頂きました。

人形の作り方も教わり、最後には一人ずつ人形を持たせてもらい演じ方なども教えて頂きました。

音楽に合わせて動かしてみると、人形が踊りだしますね。

今日はたくさんの出会いに溢れたあっという間の時間一日でしたね。

こども芸術学科の学びは教室の中だけでなく、様々な場所に行って素敵な人、魅力的な人、色々な場所に行って出会い、感じて学びます。

芸術を通して、モノづくりや人へのアプローチを学びます。

唯一無二のこども芸術を一緒に探求してみませんか。

 

~~~お知らせ~~~

12月16日は体験授業があります。

申し込みはこちら

<56789>