こども芸術学科

イベント

  • LINEで送る

2012年11月12日  イベント

児童虐待防止推進月間|こども×アート×イベント


最近、オレンジリボンをよく目にしませんか?



児童虐待防止推進月間

11月は、児童虐待防止推進月間です。
保育士養成校でもあるこども芸術学科の学生には、社会全体の子どもの命と育ちを支える自覚をもってほしいと願っています。

私は、子どもシェルターの運営にもかかわっていますが、この場をかりて広報。11月25日(日)京都 ひとまち交流館にて、シェルター開設1周年記念講演を行います。
毛利甚八さん(作家「家栽の人」など)をお招きし、虐待を受けた子どもたち、そして、その結果として、非行や犯罪にかかわらざるを得なかった子どもたちの背景や生き辛さなどについて語っていただきます。
子どもシェルターののさんのロゴマークデザインには、こども芸術学科の梅田美代子先生にご協力願いました。

児童虐待防止推進月間1

京都サンガF.C.の選手もオレンジリボンキャンペーンや子どもシェルターの取り組みを応援してくれています。(J1復帰まであと1歩!)

児童虐待防止推進月間2

※子どもシェルターとは、暴力や放任など、何らかの事情で家庭で生活が難しかったり、今日、まさに安心して眠る場がないというような状況の子どもたちに対して、しばらくの間、衣食住を提供する施設のことです。

子どもシェルターへのお問い合わせ、info@nonosan.org

ホームページは、以下の通りです。 http://www.nonosan.org/


(浦田雅夫/子ども家庭福祉・心理臨床)

  • LINEで送る

2012年11月11日  イベント

Art Forum JARFO「スクープスコープ」|こども×アート×イベント


先日、こども芸術学科話題の「スクープ・スコープ」展をみてきました。



久しぶりに 古川町商店街もぶらぶらとできて相変わらず昭和の香いっぱいです。

さて、「スクープスコープ」とは、こども芸術学科3回生の井上さん、佐藤さん、島田さん、田中麻里絵さん、日焼さんの自称「博士」5 名からなる「いきもの研究グループ」。

「スクープスコープ(scoop scope)」とは、彼女らがつくった「視点を変えた発見という意味の造語」です。

ちょっと違った目でながめるだけで、私たちの人間のまわりには、まだまだ色々ないきものが潜んでいます。

いよいよ本日クライマックスを迎える本発表会では、いきもの研究の成果をぜひご覧ください。

line

スクープスコープ1
スクープスコープ2

スクープスコープ3

いきものコーナー


スクープスコープ4

井上さんの作品


スクープスコープ5

日焼さんの作品


スクープスコープ6

佐藤さんの作品


スクープスコープ7

田中さんの作品


スクープスコープ8

島田さんの作品




(浦田雅夫/子ども家庭福祉・心理臨床)

  • LINEで送る

2012年11月11日  イベント

企画展「4U_PARISAMSTERDAM」|こども×アート×イベント


卒業生、地元沖縄で企画展に出品!



今年の春に卒業したこ学のBzemi 2期生、知念英梨子さん。
先日、紹介した高原さんや西脇君と同期になります。
在学中、知念さんはポップで軽快な色彩を使いながら、”endless end, come on loop!”というテーマでたくさんのドローイングを制作してきました。
そんな彼女から、展覧会のお知らせが届きました!

場所は…京都からはちょっと遠いです。
ご本人からのメッセージの一部とDMを、紹介します。

line

お久しぶりです。知念です。
お元気ですか?
京都は紅葉そろそろでしょうか。
今回メールしたのは、展覧会のお知らせがあるのですー!!

11/18〜12/9までです。グループ展です。沖縄です笑

4U_PARISAMSTERDAMという洋服ブランドと沖縄で活動しているアーティストとのコラボレーションの企画展です。
http://www.facebook.com/l/0AQGestNZAQHEWpZBOsh7xm4hATJqkCiuDsea1iWIiyYQJw/cotonoha.ti-da.net/e4127141.html

評価されれば商品化になるみたいなのですが、なにはともあれ、いいものができるようがんばっています。

COTONOHA ART SPACE+CAFE

会場のCOTONOHA ART SPACE+CAFE


4U_PARISAMSTERDAM

かっこいいDMですね、どんな展示になるのか楽しみです!



line

.ということで、知念さん、がんばってます。
お近くの方、旅行に行かれる方!はぜひお立ち寄り下さい。

卒業後も、コツコツと制作を続けて、新たな出会いが生まれるといいですね。
こ学研究室も京都、瓜生山から応援しています!


(森本玄/絵画)

  • LINEで送る

2012年11月9日  イベント

@カフェ「Genmo Art」|こども×アート×イベント


「Genmo」とは、「原毛」のことで、「原毛」を使ったアート作品のことです。



「Genmo Art」と初めて聞いたとき、われらがこ学の「Gen Morimoto」のアートか?(笑)と思い、ご本人に確認しましたら、違いました(冗談です)。

このGenmo Art が、1畳の畳の上で、展示される、これこそが、「Genmo・1畳美術館」です。
今年の夏から、京大はじめ左京界隈で展示されてきましたが、ついに、ゴールの造形大@カフェにいま、展示されています。(この日曜日までです。。。)

今日は、その展示の前で、実際に「Genmo Art」にトライしてみました。
この、展示の中心的な役割の社会福祉法人 菊鉾会 テンダーハウスの成実憲一さん、そして、
普段作品を作っておられる利用者の方からのご指導をうけました!

教室を飛び出して、学内カフェのまどに、みんなで、ペタッとはってみました。

原毛アート1
原毛アート2

原毛アート3

原毛のふわふわ感がとてもここちよいのです。


原毛アート4

かたちを作っていきます


原毛アート5

松井さん!!できた!できた!


原毛アート6

水野先生も!


原毛アート7

春花さんも!



なかなかみんなアートです。

「原毛」については こちらからどうぞ。


(浦田雅夫/子ども家庭福祉・心理臨床)

  • LINEで送る

2012年10月17日  イベント

松の実保育園「松の実フェスタ」|こども×アート×イベント


Aゼミ生が月一回遊びに伺っている大津市にある松の実保育園からのお知らせです。



来る10月27日10:00-14:00 松の実フェスタが開かれます。
11時からと12時からとは、本学の神楽サークルの人たちによる石見神楽もあります。
300円での昼食バイキング、ミニSL、など。卒業生の稲葉さんもスタッフとして勤めています。園舎は、奈良の古い大きな蔵を移築改修した素敵な建物です。
場所は、大津市高砂町です。京阪電車の滋賀里駅下車徒歩3分ほど。


(水野哲雄/コミュニケーションアート・意匠工芸)

1 23 24 25 26

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。