マンガ学科

2012年7月

  • LINEで送る

2012年7月9日  学生紹介

公開授業 その①

7月8日の公開授業、無事終了いたしました。
見学に来てくださった皆様、ありがとうございました!

マンガ学科の授業はどうでしたでしょうか?

今回来ることができなかった方のために授業内容を順番に紹介したいと思います。

◆1講時目 構成概論Ⅰ 担当:牛田先生

 

chayamanga_blog_664_0

  徹底的に起承転結!
  この授業では映画の物語を分析して、文字と絵で表現します。
  いかに4コマで物語を纏めるかが大切です。

  公開授業では、プロジェクターで学生の作品を映し出し合評を行いました。
  本人の説明、先生の批評だけでなく、ほかの学生からも
  ばんばん意見が出てきます。 
  
  マンガ家は褒められることよりも、厳しい批評をされることが多い、
  それを受け止めて成長につなげなくてはいけない、と牛田先生はおっしゃっていました。

  この授業は、徹底的に起承転結の勉強をするだけでなく
  そういう部分を鍛えるための授業でもあります!

  • LINEで送る

2012年7月9日  授業風景

公開授業 その②

◆2講時目 マンガ概論Ⅰ 担当:志賀先生

 

chayamanga_blog_665_0

  商業誌への投稿を目標に力を養う授業です。

  ネームやストーリー、マンガの総合的なノウハウを学んでいます。

  公開授業では、それぞれ学生が描いたネームの発表を行いました。

 

chayamanga_blog_665_4 chayamanga_blog_665_3 chayamanga_blog_665_1 chayamanga_blog_665_5

   ストーリーの結末を何パターンか考えて、
   発表中にマンガ学科の学生だけではなく、見学にきた方々に
   「どちらがいいと思いますか?」と聞く場面も!

   一人で考えるのではなく、いろんな人の意見も聞いてストーリーを
   つくっていったほうが、多くの人が面白い!というものができます。

   多くの人が読む商業誌へ投稿するマンガは、自分が描きたい!というだけでなく、
   多くの人が面白い!と思ってもらえることも大事なのです。

  • LINEで送る

2012年7月9日  授業風景

公開授業 その③

 

◆3,4講時目 イベント演習Ⅰ 担当:志賀先生

chayamanga_blog_666_0
 「よく遊び、よく働く」をテーマにマンガ家に、
 必要な遊び心を鍛える授業です。

 ゲストを呼んで真面目な話を聞けることもありますが、
 今回は大学の内と外で学生主催のゲームをしました。

 前半は教室で「リレーマンガ」!
 一人が描いた一コマに続く一コマをリレーで描いてゆく、というゲームです。
 一コマ一コマ描いた人が違うので、どんな展開になって
 どんな結末を迎えるのかわかりません!

 

chayamanga_blog_666_5 chayamanga_blog_666_3 chayamanga_blog_666_2

 わたしも少し読みましたが、予想外の展開が多く面白かったです。

 後半は外で「しっぽとりゲーム」をしました。
 その名の通り、しっぽを取り合うゲームです。笑

 制作でついつい引きこもりがちになってしまいますが
 たまにはこうやって、外で思いっきり遊ぶことも大切なことなんです。
 思いっきり遊んですっきりしたら、また違った新しいアイディアも
 きっと思いつくはずです!

 

chayamanga_blog_666_6 chayamanga_blog_666_7

  • LINEで送る

2012年7月9日  授業風景

公開授業 その④

◆ワークショップ演習IAIB 担当:細井先生、倉田先生

 学生が様々な取材をし、
 その取材内容をもとにレポートマンガを制作する授業です。

 公開授業ではみんな熱心に制作をしていました。

 

chayamanga_blog_667_0 chayamanga_blog_667_1 chayamanga_blog_667_2 chayamanga_blog_667_3 chayamanga_blog_667_4 chayamanga_blog_667_5

 ネームを描いている学生もいたり、原稿用紙にもう描き始めている
 学生もいたり。。。

 学生が実際に漫画を描いているところを見ることができたので
 見学に来た人は一番気になった授業なのではないでしょうか。

  • LINEで送る

2012年7月5日  学生紹介

授業の様子~編集・デザイン基礎Ⅰ~

今回ご紹介する授業は、
2回生から受講することができる
『編集・デザイン基礎Ⅰ』という授業です。

 

chayamanga_blog_662_0

毎週木曜日の1、2講目に行われています。

冊子作成・共同作業による達成感を経験することをテーマに
共同作業による冊子制作によりお互いの個性、感性の違いを学び、
それぞれの作品制作に反映させています。

この授業の後期では
学生たちが描いたマンガを冊子にして
冬コミの参加を予定しています。

現在学生たちは絶賛マンガ制作中!!

 

chayamanga_blog_662_1 chayamanga_blog_662_2 chayamanga_blog_662_3

学生同士で作品を見せ合ったり、感想をいいあったり、
それから冊子にするにあたっての構成の話合いもしたり、、、、

 

chayamanga_blog_662_4

普段一人で取り組むマンガ制作とは違い
新しい刺激や発見が多いのではないでしょうか。

1 2

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。